タンロンさんの映画レビュー・感想・評価

タンロン

タンロン

映画(409)
ドラマ(1)
アニメ(0)

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

1.5

90分ちょいの映画なのに随分長く感じた。
全体的に淡々とし過ぎているし半分の時間で終わる話をわざわざ余計な話を付け足して無理矢理90分ちょいにしたって印象。

ハイキック・ガール!(2009年製作の映画)

1.5

スローモーションとリプレイが無ければ上映時間1時間切ってるだろコレ。
格闘シーンをわざわざスローにするせいで蹴りを受ける側が蹴られるのじっと待ってるのがバレバレなのでとにかく萎える。
監督が無能過ぎ。

HUSTLE ハッスル(2022年製作の映画)

2.5

皆さん言ってるようにバスケ版ロッキーって感じ。
アダム・サンドラーの当たりの方の映画。

ダブル・ジョパディー(1999年製作の映画)

3.0

メイン所のキャラクター達が皆素晴らしい。
主人公を追うBOSSおじさんが有能過ぎない所もいいかな。
ドラマで1シーズン使って製作してくれたらストーリーに色々肉付け出来て更に面白くなりそう。

いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~(2020年製作の映画)

1.5

う~ん、タイトルの割にバカさ加減が足りないなー。
主人公はバカというよりただこじらせちゃってるだけな印象。
あと演技がかなりわざとらしくコメディ映画としてはスベリ気味。

理想の男になる方法(2018年製作の映画)

2.0

タイムスリップものとしては王道なつくりで無難に面白いけどまぁ普通止まりかな。
時間潰しにはいい映画。

イップ・マン 黎明(2022年製作の映画)

1.5

イップ・マン+ダイハードをやりたかったようにしか観えないが低予算のせいか全体的にしょぼ過ぎる。
詠春拳というか格闘シーン全般も迫力皆無。
イップ・マン関係の映画では今のところ間違いなくワースト1。

ホーム・アゲイン(2017年製作の映画)

1.0

これは酷いとしか言いようがない。
とにかく出てくる大人キャラが警戒心とか貞操観念が欠如してるバカばかり。
今ネトフリでリース・ウィザースプーン出演の映画を観るのであればこのク〇映画より『恋人はゴースト
>>続きを読む

恋人はゴースト(2005年製作の映画)

3.5

自分は男だけどこういうのは大好物。
CGがショボいとかどうでもいいくらいに内容が面白い。
コメディ要素とドラマ要素の割合が絶妙な匙加減でとても観やすい。

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

2.0

なんか映画全体的に古臭いというか無難なつくりだなという感じ。
主人公2人の掛け合いもなんか微妙。
暇潰しにはピッタリくらいな映画。

僕らをつなぐもの(2022年製作の映画)

3.0

これが邦画だったら重くて陰湿で最悪自〇者まで出るような内容だがコチラはコメディとドラマが上手く融合しててとても面白い。
それぞれキャラが個性的なのもいい。

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

1.5

終始身勝手な主人公家族にムカつきながら最後まで鑑賞。
自分達が助けを求められた時は「仕方がないんだ」「無理なんだ」と言って助けないくせに自分達が助けを求める時はごり押しで相手に助けを強要するク〇家族。
>>続きを読む

鳩の撃退法(2021年製作の映画)

2.0

正直タイトルの意味はよく分からないがそれなりに面白った。
メインの藤原竜也や土屋太鳳よりも脇役陣がとてもいい。

ワインは期待と現実の味(2020年製作の映画)

1.5

とにかく主人公が口先だけな印象が強く感じが悪い。
ただ周りの人達に恵まれ過ぎてるおかげでなんとなく良さ気なストーリー展開になってるだけ。

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

3.5


前作は岡田くん以外の脇役の方達が微妙(特に敵役)だったが今回は敵役が輝いてて良かった。
個人的には軽く前作超え。

レイジング・ファイア(2021年製作の映画)

3.5

アクション映画に必要なトッピング全部乗せって感じ。
還暦近いドニー・イェンが若手よりもアクションがキレキレなのがマジでスゴイ!

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

2.5

個人的にはもっとコメディ方向に振り切ってくれた方が良かったかな。
下ネタがめっちゃ多いのにコメディになり切れてないしドラマにしては下ネタ多過ぎでどっちつかずの中途半端な感じ。

オールド(2021年製作の映画)

2.5

ツッコミどころは多数あるもののそれを気にしなければそれなりに面白い。
ただわざわざ映画館で観るレベルではないかもしれない。

レミニセンス(2021年製作の映画)

1.5

冒頭からキャラクターに全く魅力を感じる事ができず、そのせいでその先のストーリー展開にも興味ひかれる事無くホントにただ再生してただけで終わってしまった。

スパイラル:ソウ オールリセット(2021年製作の映画)

2.5

前作のソウレガシーと比べると話が分かりやすくて断然こっちの方が良かった。
あと前作みたいにゲームは複数でやるよりは今作のように1人づつ強制的にさせられる方がいい。

パーフェクト・ペアリング(2022年製作の映画)

1.5

いくらなんでも全体的に薄っぺら過ぎる。
制作の人らはラブコメ映画ナメてるように感じた。
とりあえずきれいな風景だけは良かった。

女子高生に殺されたい(2022年製作の映画)

2.0

観終わった直後の感想は『これ完全に釣りタイトルじゃねーか!』という感じ。
女子高生というワードに引っ張られちゃダメ。
ただ柔道やってる女の子が可愛かったな。

トスカーナ(2022年製作の映画)

1.0

美しい風景と音楽でなんとなく良さげな雰囲気だけは出してるがホントに雰囲気だけの映画。
まぁN映画ではハズレな部類かな。

2ガンズ(2013年製作の映画)

2.5

あまり細かい事を気にせずに主人公2人のやり取りを観て楽しむ映画。
悪役も微妙にいい味出してた。

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

1.5

主人公の恭一が自分に好意を持って近づいてくる相手に片っ端から手を出すクソ野郎でコイツがひたすら周りに不幸を振りまいてるだけの映画。

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

3.0

最後までおバカなノリでやり通すしあまり強烈過ぎない適度なグロさなのも好印象。
こういう映画大好きだなー。

モンタナの目撃者(2021年製作の映画)

2.0

なんか全体的にかなり薄味。
メインの悪役である殺し屋2人を冒頭で凄腕の殺し屋に見せといてそれ以降どんどん間抜けになっていくのは面白かった。
火災はおまけ程度かな。

彼女が好きなものは(2021年製作の映画)

2.5

どうしてゲイとかを扱うとこういう暗く重い陰湿な内容になっちゃうのかマジで疑問。
100歩譲って自分は人と違うとか周りに合わせて生きてるとか悩むのはまだわかるが自〇したいまで追い込まれるとか何時の時代の
>>続きを読む

スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話(2019年製作の映画)

2.5

主人公2人のやってる事は本当にスゴイ事だし大変だと思う。
ただ感心はしたけど感動はそんなにというのが本音。

THE POOL ザ・プール(2018年製作の映画)

1.0

ただのバカ映画で終わればまだマシだったのにラストの展開があまりにも胸糞過ぎる。
黙って他の映画を観ましょう。

ノンストップ(2019年製作の映画)

2.0

出演者が皆頑張って一生懸命ドタバタコメディ演技をしてる感があってイマイチ乗れなかった。
個人的にハイジャックとコメディの食い合わせがあまり良くかったかな。

デッドロック4〜絶対王者ボイカ〜(2016年製作の映画)

3.0

とにかくスコット・アドキンスの身体能力とそれを生かした試合シーンがスゴイ。
こういう映画は大体そうだけどストーリーはあって無いようなもの。
でもそれで正解だと思う。

桜のような僕の恋人(2022年製作の映画)

3.0

ストーリー展開は嫌いではないけど出演者全般の演技がかなり微妙。
そんな中で綾乃役の桜井ユキさんだけが演技が飛び抜けて良かったのでスコア+1.0。
晴人役の中島健人くんは意外に良かったって感じ。

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

2.5

現在ネトフリに1とコレしか無いので1から一気に飛んでコレを視聴。
なんかゲームが東京フレンドパークとかお笑いウルトラクイズみたいになっちゃった印象。

ソウ(2004年製作の映画)

3.0

これが伝説の始まりかという印象。
多少突っ込み所もあるが最後のネタ晴らしで流れるBGMで終わり良ければ総て良しって感じになる不思議。

>|