手塚さんの映画レビュー・感想・評価

手塚

手塚

バンカー・パレス・ホテル(1989年製作の映画)

3.5

白と黒の寒々しいディストピア感が、コロナで閉じこもってる冬に見ると一層しみる

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

3.5

立体駐車場からのシーンが美しくて、映画の入りから惹き込まれた
とても良いドキュメンタリー

サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス(1974年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

信じる者、選ばれし者は幸せを得られる。
というような美しくて前向きな移住になっている。
けれど実際は苦しいから、疎外感を感じているから、その理由はわかっているけれど変えられないから。だから彼らは出てい
>>続きを読む

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel Ⅲ.spring song(2020年製作の映画)

3.0

三部作全て戦闘シーンの作画とエフェクトが最強
色使いと光の描写、一瞬の反転が格好いいんだ

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.5

煉獄さんの人間としての眩さよ
どうにもならない悲しさと悔しさを、炭治郎がほんの少しだけ代わりに叫んでくれた

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

半地下から一歩降りればすぐに地下
上への階段はものすごく長い

8 1/2(1963年製作の映画)

3.0

カメラワーク、構図、白色と黒色のバランス、光が本当にすごい。

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

2.5

心の片隅に芽生えた不安が的中していく様子を、じっくり見なくてはいけない

ストックホルムでワルツを(2013年製作の映画)

2.5

2回目のNYからがとても良かった、けどそこまでが遠くて大変
ラストも過程を考えると手放しで喜べない

>|