komeさんの映画レビュー・感想・評価

kome

kome

映画(251)
ドラマ(8)

スチームボーイ STEAMBOY(2003年製作の映画)

3.4

でっかい機械!すごい技術!迫力のある映像!!描き込み!!臨場感ある音!!!

内容…発明家達の欲望と、巻き込まれるロンドンの人々

ストーリーはあんまり感じなかったけど迫力があった。ロンドンの町がめち
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.0

世界がまだ自分中心でまわってて、なぜだか上手くいかない。ちょっとの不幸も世界の終わりになっちゃう。すごく共感できてネイディーンがお兄ちゃんに泣いて謝るシーンで普通に泣いてしまった。

相手の気持ちとか
>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

3.9

シュール、というかアホって感じの面白さが楽しかった!笑いが起こる場面も多くていい気持ちになった。

絵柄を変えたりして色んな表現がされてたのも見所だし、画面の色がいつも爽やかで健康的なのが今思い出すと
>>続きを読む

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.2

私も彼女と知り合いだったかのような胸騒ぎだけ残った
ギラギラピカピカ、バカ騒ぎ、パーティーナイト、チワワちゃんの色んな表情、映像楽しかった

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

この会合の後、みんな好き好きに連絡先を交換し合うんです。2、3組カップルが出来ます。そう、私たちはテラスハウスを見てたんですね。

最後、何かあるだろうと思ってたけど、「日本ではそんなアメリカみたいな
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.7

ただのお涙頂戴てきな映画じゃないと思って見た

終始こっちもヘラヘラできない緊張感があって、途中では狂気を感じさせる場面もある。その辺から、あれこの映画雲行き怪しい…?って感じる。

「娘は事故の時点
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

5.0

どんな映画なのか、想像もつかなかったけどこんな素敵な世界観だと思わなかった…

自分の殻から出て、世界と関わりをもとうと小さい奇跡を計画して起こしてくアメリ、かわいい…かわいい……しあわせ…かわいい…

来る(2018年製作の映画)

3.6

日本ホラーの不気味さがすごくいい
やっぱり不気味だと思うのは「悪魔の取り憑いたなにか」じゃないんだなと感じた

日本人だから、装いとか装飾、振る舞い方を見るだけで「この儀式はかなり厳戒態勢」だってわか
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.3

安定のよさ〜
最初からウィルスミスに違和感ないのがいい

アリス(1988年製作の映画)

2.9

途中まで鑑賞

チェコスロバキア、スイス、イタリア
なるほどって感じの美しい悲壮感と繊細な不気味さ

斬新で手作り感満載なつくりだった
でも不思議な世界観だけで見続けるのは退屈で(内容は普通に不思議の
>>続きを読む

MAMA(2013年製作の映画)

3.0

ママの見た目、どっかでみたことあるな〜と思ったら伊藤潤二の漫画「ファッションモデル」に出てくる女に激似!

内容は、音に驚くところが何回かあってその他はそこまで怖くない

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

イベント盛り沢山のエンターテインメントストーリー!

イベントありすぎて途中でちょっとだけ疲れたから、見る時は見るぞ!!という心意気でいった方がいい

映像がすごい、酔いそうなくらいの追いかけっこが個
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ハラハラハラハラする

構成がすごい良かった!最後バンクが悪の道行っちゃったのはちょっと残念だけどね!

キャロル(2015年製作の映画)

5.0

はぁ……いい……
ロマンティックな気分に浸りたい時におすすめの映画。でも地区Bの出るわりと情熱的なシーンがあるから家族で見るのは避けた方がいい。

ここからはネタバレ有りの感想

言語化できない美しさ
>>続きを読む

エレファント(2003年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最初ジャケットみて、主犯になる男の子を描いた映画かな?と思ったけど全然違った。むしろ犯行に関してしっかり説明はしない。そこにいた生徒たちの数時間が生々しさを感じる。でも事件を悲観するような描写もない。>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.2

パンチ力と勢いと、キレキレな映画

見てる側がトーニャの生き方(?)に圧倒される。なんだか魅力的

でもそれを取り巻く人々はクソ…

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002年製作の映画)

3.8

嵐を呼ぶ時代のしんちゃん映画は懐かしみあっていいな!作画の感じから好き!

しんちゃん映画にしてはやっぱり最後の終わり方に驚き。ボヤかさずに死を感じるところがちょっとジーンとする

みさえとひろしの無
>>続きを読む

バイオハザード ヴェンデッタ(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

「悪いやつをやっつけて世界を少しだけ平和にする」映画だねほんと

ツッコミたいところ沢山あるけどこのテンポの良さが大好きなんだよね、あとアクションシーンがとっても見どころ

クリスもレオンも、全身の骨
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.1

ペニーワイズが襲ってくるシーンはそれぞれ怖くて、おおお〜となりながら鑑賞した。"悪夢"っぽさが、エルム街を思い出した。

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

3.8

怪物 対 怪物
デビルマン的な、きさまらこそ悪魔だ!って感じの映画だった。いじめっ子達のクズさと、怪物の人間味?がね…子犬のような声で鳴くのがいたたまれない…いじめるシーンは下手に内蔵とか出るよ
>>続きを読む

惡の華(2019年製作の映画)

3.3

漫画の、平凡な世界の中で平凡な主人公たちが自分たちの中にある変態性とか自分が何者であるかとか中身とか将来の事とかを葛藤する過激な内容のようで誰もがなんとなく共感できるなぁという感じが映画だとあまり深く>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ノリノリになれる映画

途中、長いMVを見てるような感覚になったのが面白かった
運悪くカフェによらされて勘定払うまでのシーンは流石に泣きそうになった…、全体の画面の構成とか色とかも気分アゲアゲになるし
>>続きを読む

ザ・ボーイ 人形少年の館(2016年製作の映画)

3.0

ブラームスの謎をもっと分かりやすく知りたかったし、あまり腑に落ちなかった

モテる女は大変!

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

真相を知った上で鑑賞。

回想シーンの映像がフィルムっぽい感じで画面も小さめで雰囲気がすごいよい!!

伊藤英明の22年前はちゃんと若さ感じるし、22年後はおっさん感あるのさすが

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.7

意外と飽きずに見れるし面白かった
エロはないので(下ネタはあるけど)居間でも安心して観れる

「ローションまみれの毛のないゴリラ」が忘れられない単語

ゴーストランドの惨劇(2018年製作の映画)

3.5

映画館で見ると、BGMとか効果音が響いてよかった。

ホラーというよりショッキング映画って感じだった。途中途中にある夢が、よりトラウマ雰囲気を演出しててよかった!あと大男の変態ぷりが、気持ち悪くなるく
>>続きを読む

インド・オブ・ザ・デッド(2013年製作の映画)

3.7

最初は、ゾンビ達が踊り狂うのかと思った

序盤のヤクとアルコールとナンパ!な生活があまりにポジティブで見てて楽しい。テンポ良くこっちもノリノリになる。ゾンビ出てからが少しつまらないけど、エンドロールの
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.6

画が美しい。
ブリューゲルやボスのようなシュールで奇妙な世界観だからこそ楽しめる。でももっと不気味でトラウマになるような感じかと思ったら全然そんなことなかったのが意外だった。グロくない。

絵画みたい
>>続きを読む

妖怪大戦争(2005年製作の映画)

4.4

小さい時に見て、こんな妖怪の世界と、偶然にも選ばれて戦う主人公かっこいいなと憧れていた。

妖怪がバイクと合体させられるシーンは割と怖くてどきどきする

忌野清志郎の歌がすごく印象的

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

3.5

アクションホラー?というのか分からんけど、こういう少年が考えそうな最強対決は好きなので楽しく観れた。

伽倻子役の女優さん体柔らかいし顔怖いしすごいな

サイレントヒル(2006年製作の映画)

5.0

出てくるキャラクターの作り込み、登場の仕方から、街の薄暗さとか不気味さ全て好きな映画。

夫との微妙な世界のズレがなんとも言えず絶望的な気持ちになる。最後のシーンは特に。

あと警察官は本当に可哀想な
>>続きを読む

>|