いいんちょさんの映画レビュー・感想・評価

いいんちょ

いいんちょ

好きな監督はジェイソン・ライトマン、コーエン兄弟だけど、邦画から洋画までなんでも観ます。

映画(317)
ドラマ(0)
  • 317Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

プライド 栄光への絆(2004年製作の映画)

3.9

88年テキサス州、パーミアン校アメフト部が州王者を目指す姿を描く実話もの。
ビリー・ボブ・ソーントン目当てで観たのだけど、いやはやこんな熱いスポコン映画だったとは。ネットに日本語の情報があまりないのだ
>>続きを読む

JOY(2015年製作の映画)

3.7

日本で劇場未公開になるのが不思議なぐらいの、ジェニファー・ローレンス、ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロ、そして監督デヴィッド・D・ラッセルという「世界にひとつのプレイブック」カルテッドによ>>続きを読む

ネバーエンディング・ストーリー(1984年製作の映画)

3.2

子どもの頃に観たドラゴンの絵が、悪い意味で強烈すぎて今まで観てなかった一作。実際観てみると、なんだ、普通に観れるじゃんというぐらいの出来。
ストーリーは、あっち行ったりこっち行ったりしてるだけで単調で
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.5

ベジタリアンの少女が、無理やり肉を食わされたことにより、どんどんおかしくなっていくといつサイコサスペンス。
テーマがテーマだけに、まあ評判なのはわかるけども、それより何より、先輩らの仕打ちが酷くてそっ
>>続きを読む

ラストスタンド(2013年製作の映画)

3.7

普通にそこそこ楽しめた。
「現代版西部劇」というアイデアがとても面白いと思った(クライマックスの悪党を引いて練り歩くあたりとかw)。
あと、シュアちゃんとフォレスト・ウィテカーが出てるだけで垂涎モノよ
>>続きを読む

SAFE セイフ(2012年製作の映画)

3.0

ジェイソン・ステイサムが、妻を殺された失意の男を演じる。
中華マフィア、ロシアンマフィアが、ある秘密を握る女の子の争奪戦in NYを繰り広げるという大枠は面白そうなのだったけど、時系列をイジくってやた
>>続きを読む

みんなのいえ(2001年製作の映画)

3.4

とある夫婦の家作りを巡り、我の強いデザイナーと、嫁の父親で昔気質な大工が真っ向から対立し、家作りはあらぬ方向へ、という話。
三谷さんらしい思わず笑っちゃうような箇所はあるけれど、手を替え品を替えおんな
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.8

ジブリを辞めた人がジブリみたいな映画作ってるよ!みたいな映画。
びっくりするぐらい、観たことがある、既視感のある要素が詰め込まれている。まるで、宮崎に「お父さん見て見て!」とテストの答案用紙を見せてく
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.2

評判が良くて、公開館が少なくなってく中で頑張って行ってみた。行ってよかった!と心から思える快作だ。
監督はテイラー・シェリダン。この人が「ボーダーライン」の脚本を担当したというので、なんとなくわかる。
>>続きを読む

キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー(2013年製作の映画)

3.3

キアヌ・リーブス初監督作品。キアヌ自身が黒幕を演じ、彼のカンフー愛が炸裂している。
…のだけども。主役を演じたタイガー・チェンという方。「いい人そうなんだけど」という結婚できない男みたいな感想で申し訳
>>続きを読む

七人のおたく cult seven(1992年製作の映画)

3.3

アマプラに入ってたから「懐かしい!」と思って再鑑賞。この当時の多くのテレビ局主導の映画みたいにドイヒーではなく、わりと見られた。
特にウンナンが演技を卒なくこなしているのがデカイ。さすが映画学校卒。ウ
>>続きを読む

クリミナル・タウン(2017年製作の映画)

3.5

童貞役のアンセル・エルゴートくんが、彼女と一発やっただけでウッキウキになるのを観れるだけで1800円の価値ありますよ。
クロエ・モレッツはキャリアの壁に当たってるのかね。最近こんな役ばっかじゃない?
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.9

初代から約30年目となる本作は、血や臓物が画面を飛び交うなかなか気合いの入った一作だった。今どき、この公開館の規模でここまで残虐描写を観られるのは珍しい(まあ、それであんまり期待を煽るのもアレだが)。>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

4.1

めっちゃ好き。
高校時代にスクールカースト頂点に君臨し、今は平凡なサラリーマンに成り下がった男の前に、かつていじめから助けたことがあるカースト底辺のデブのいじめられっ子が現れ…というアクションコメディ
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

トム・フォードが撮るとテキサスもちょっとお上品に見えるから不思議。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

IMに関してはゴーストプロトコル至上主義者なのでアレですが、これほど全世界に愛される、かつ心配される映画もないのでは。
トムクル、あんた死にたいのかよ!
クリス・カイルがなあ、いい役なんだけど、ああい
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

安定のクオリティ。
ただ、味方サイドと敵サイドの目的が実は同じで、なんで争ってんのかわかんなくなったけど。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.3

「カッコいい女が出てる映画が観たいな。最近カッコいい女が足りてねえ」ってときに観たい一本。
作り手の意図はわからないけど、変にフェミ要素入れすぎてひっちゃかめっちゃかしなかったのが、成功だったのかな。
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

これ、だーれもまだ知らない時期に「見つけた!!!」って思いながら観たら超面白かったと思う。
「面白い!面白い!」って大合唱の中、今さら観て面白いのかなって思ったらやっぱりちゃんと面白かった。
超革新的
>>続きを読む

パパVS新しいパパ 2(2017年製作の映画)

3.8

実の父と継父が、子供たちの愛を巡って醜い争いを繰り広げるコメディ第2弾。ワイルドな実父(マーク・ウォールバーグ)の親父でさらにワイルドなおじいちゃんとしてメルギブが登場!よく出たなおい!
でも彼が超は
>>続きを読む

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

3.9

5連覇を狙う絶対王者と、コートでの不遜な態度で毀誉褒貶の新鋭が激突した80年のウインブルドン決勝を描く。
スポ根映画として、数年前の『ラッシュ』に匹敵する熱さ。結末を知らないから、どっちが勝つの!?と
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.5

西海岸の脳内までスイーツなブロンド女が、元彼を取り戻すために一念発起。ハーバードのロースクールという縁もゆかりもない場所で揉まれながら、次第に弁護士の仕事にやりがいを見出していく…というストーリー。王>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

3.7

アル・パチーノとデ・ニーロが(実質)初共演!というのだけど、二人が同じ画角に収まるのはほんのちょっとでワロタ。
でも、映画自体は楽しめた。悪くて悲しい奴らの話。発砲音がやけに重いと思ったらマイケル・マ
>>続きを読む

チェーン・リアクション(1996年製作の映画)

3.0

悪いフリーマンあり、ガバガバな捜査あり、ぬるい追跡劇ありのアクションサスペンス。理系大生っぽい脱出法が良かった。あとはとにかくぬるい。
ただ、スミソニアン博物館でキアヌが偶然ながら骨で敵を攻撃したのに
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

2.5

何が伝えたいのかわからないし、伝える意思も感じられない映画だった。そこにあるのは、日本の奥ゆかしき文化、S・E・T・T・A・I、そう、接待!接待されているのは、J・O・H・N・N・Y・S、そう、ジャニ>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.4

誰かそろそろ細田監督に「大切なもの(とされるもの)」を作品の中に詰め込み過ぎたら観客は胸焼けを起こす、ということを伝えて欲しい。
ただ、ネットでボロカスに言われるほど悪くはないと思う。アニメ表現は相変
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.5

(8/24)
家に帰って観たことを伝えた嫁が開口一番「とんでもねえおねショタものだろ!?!?」って返してきて、はい、そのとおりです。
蒼井優のお姉さん、すごくよかった。「少年!」て言われてえわ。

>>続きを読む

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮(2015年製作の映画)

3.1

終末世界、ゾンビ(そしてショッピングモール!)、レジスタンス……いろんなものを詰め込んだ結果、1に比べてひどく凡庸な映画になってしまったのは否めない。ジャンル変わってしもうとるし。
こいつら抗体もって
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.7

スターリンが倒れた後に勃発した権力闘争をコメディタッチで描く。「医者を呼べ!」「優秀な医者はみな粛清したか、逮捕してしまいました!」的な共産圏らしいブラックユーモアがたっぷり。途中までは笑えるのだけど>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.5

王道ラブコメみたいな話。「ジュテーム!(半ギレ)」が可愛かった。

告発のとき(2007年製作の映画)

3.8

「些細なことでも放置するな」的なメッセージかな、と。脚本はよくできていると思うけど、少々地味だわな。

戦略大作戦(1970年製作の映画)

3.5

ナチス金塊もの。上司には全然労をねぎらわれないし、味方には誤射されまくるし、もう知らねえと、イーストウッドら扮するバンカラ部隊が、上司に内緒でナチスが隠す金塊強奪を狙う。
ドナルド・サザーランドがカッ
>>続きを読む

マーダー・ライド・ショー(2003年製作の映画)

3.0

むちゃくちゃしてやんぜー!という心意気は伝わった。編集がPVみたいだ。

>|