Dさんの映画レビュー・感想・評価

D

D

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

-

マキシマリズムの映画作家バズ・ラーマンが手掛けた、らしさが光るミュージカル映画。

1899年、パリの魅惑的なナイトクラブを舞台に、花形スターであり高級娼婦と作家を志す才能のある青年が出会ってしまう。
>>続きを読む

宗方姉妹(1950年製作の映画)

-

小津初の新東宝作品。

対照的な姉妹にスポットをあてた異色作。

本作はのちの「彼岸花」へ発展していく原点に感じる。

猫がやたら多くみられるのはそういうことか?

貴重な絶滅危惧種である昭和の夫婦像
>>続きを読む

浮き雲(1996年製作の映画)

-

アキ・カウリスマキの転換点となる必見の名作、敗者3部作の1作目「浮き雲」、全編よいが特にラストは圧巻。

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

-

本作での主人公の役柄は、実際にミュージシャンとして活動していないと説得力が出ない。かと言ってこのだらしなくて憎めない感じはなかなか演技で引き出そうとしても限界がある。

その点、これらを天然でそのまま
>>続きを読む

オン・ザ・ロック(2020年製作の映画)

-

「SOMEWHERE」の進化系である、ソフィア・コッポラ自身をモデルとした映画化。夫婦と父娘、そして母親との狭間で揺れる女心をユーモラスに捉える。さらに、「ロスト・イン・トランスレーション」の未来形と>>続きを読む

正しい日 間違えた日(2015年製作の映画)

-

ホン・サンスとキム・ミニと初めて組んだ作品。

舞台となる韓国・水原市は、ソウルの南に位置し、 世界遺産にも登録されている水原華城が有名な歴史ある街。
その観光名所でふたりの男女が出会う。

映画監督
>>続きを読む

ブルース・ブラザース2000(1998年製作の映画)

-

「ブルース・ブラザース」の18年ぶりの続編。

ダン・エイクロイドが主演の他、監督のジョン・ランディスと共同製作・原案・脚本を務めている。

クレジットには早々に、前作で主演だったジョン・ベルーシ、共
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

-

「ブルース・ブラザーズ」といえば、監督ジョン・ランディスの絶頂期であり、二度と作られないタイプの映画の典型となっている聖典。

ジョン・ベルーシ&ダン・エイクロイドといった本物のコメディアンW主演、そ
>>続きを読む

風の中の牝鷄(1948年製作の映画)

-

戦後2作目の小津作品。

復興のあおりなのか、物価が上昇している模様。

戦後の影響を受けたややブラックな作風の小津作品だが、これもまた真理を描いている、夫婦や男女における永遠のテーマだ。

ラストの
>>続きを読む

愛しのタチアナ(1994年製作の映画)

-

〜最初に一言〜

本作はアキ・カウリマスキ作品のベストであり、オールタイムベスト級の作品。

どれくらい好きかと言うと、ジャームッシュの「ダウン・バイ・ロー」「ストレンジャー・ザン・パラダイス」レベル
>>続きを読む

ハイ・フィデリティ(2000年製作の映画)

-

音楽マニアで恋愛こじらせ男が奏でる失恋レクイエムのような内容が五臓六腑に染み渡る。中毒性も高い。「ブロークン・フラワー」と同じプロットだが、こちらの方が圧倒的におふざけが振り切っていて、面白くて好き。>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

-

ソフィア・コッポラ監督、ニコール・キッドマン、エル・ファニング、キルスティン・ダンスト、コリン・ファレルら豪華キャスト共演だが、やっていることは結構こまごまとした印象のリメイク作(ドン・シーゲル監督、>>続きを読む

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

-

まずは日本公開が危ぶまれ、やっとの想いで鑑賞できたのは感謝したい。

その本作であるが、情報量は「テネット」とは違った意味でかなり多く、多様化されているが、個人的には好きになれず再鑑賞の意欲もわかない
>>続きを読む

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

-

失語症に陥ったスター女優と看護士が海辺の別荘で療養生活を送る中で、互いの自意識の仮面を剥がしていく。シンプルな内容だが、神の沈黙3部作の延長にあるような、その創造力が溢れる描き方は非常に繊細にして大胆>>続きを読む

ラヴィ・ド・ボエーム(1992年製作の映画)

-

パリを舞台にした「ラヴィ・ド・ボエーム (=ボヘミアンの情景」、というアキ・カウリスマキにピッタリの題材。これまでま作品内の人物造形として登場してきた、社会の周辺で生きるアウトサイダーたち。貧乏なが>>続きを読む

一人息子(1936年製作の映画)

-

「鏡獅子」を除けば、小津長編作として初のトーキー。

冒頭から大胆な省略があり、大人パートへ一気に突入し、物語が推進していく。

田舎と都会、本音と建前、見栄と虚栄、お金と現実など、約100年経っても
>>続きを読む

ニューヨーク セレナーデ(2001年製作の映画)

-

ヴィンセント・ギャロの役柄に違和感が際立つ。深夜とはいえTV番組の人気司会者という設定。ワイルドなルックスだが、気弱で繊細な面が描かれ、孤独感もあり、完全にハマっていない。映画は面白いわけでも、つまら>>続きを読む

コード(2000年製作の映画)

-

ヴィンセント・ギャロ、ジェニファー・ティリー共演による不妊サイコサスペンスというちょっと変わった映画だが、思っていたより相当に面白い。あまり情報を入れずにTVでやっていて、気づいたら最後までみてしまっ>>続きを読む

パルーカヴィル(1995年製作の映画)

-

アラン・テイラーの長編デビュー作は、緩めのクライムコメディ。パルーカ(間抜け)3人組がバランスが取れていて、ひとりは若かりし頃のヴィンセント・ギャロが出演している。オフビートな感じを狙いつつ、ウェット>>続きを読む

スクリーミン・ジェイ・ホーキンス伝説(2001年製作の映画)

-

スクリーミン・ジェイ・ホーキンスと言えば、「ストレンジャー・ザン・パラダイス」内で使用された「I Put a Spell on You」での衝撃により登場し、その後の「ミステリー・トレイン」での出演が>>続きを読む

ソフィア・コッポラの椿姫(2016年製作の映画)

-

ソフィア・コッポラが演出したオペラの「椿姫」。映画ではなくオペラを収録した作品。

ビル・マーレイ・クリスマス(2015年製作の映画)

-

ソフィア・コッポラ監督のテレビ映画。ビル・マーレイにゆかりのある仲間が集まって、飲んで笑ってワイワイしたり、しっとりしたり、愛を語ったりなど、かなりゆるめのクリスマス作品。

ブリングリング(2013年製作の映画)

-

ソフィア・コッポラ監督、男女5人のセレブ窃盗事件によるパーティ三昧、ノープランノーフューチャーノーライフを描いたもの、そのままやがな。

プレステージ(2006年製作の映画)

-

「ダークナイト」以前に完成していた垣根を越えたスーパーヒーローたちが大激突する。

のちに、それぞれのアメコミ映画の看板となる、ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、スカーレット・ヨハンソンら
>>続きを読む

インソムニア(2002年製作の映画)

-

ノーランにしては不人気で、評価が低め、地味な殺事件ものだが渋くて面白いので好き。

アル・パチーノ、ウィリアム・ロビンソン、ヒワリー・スワンクといった名優たちのアンサンブルにより深みが増す。

メイン
>>続きを読む

フォロウィング(1998年製作の映画)

-

クール。

監督・脚本・制作・撮影・編集5役を兼ねたデビュー作。製作費6000ドル、たった4人のキャスト、才気溢れる尖ったノーランの原点。

複数軸同時進行、時系列シャッフルといったトレードマークが顕
>>続きを読む

沈黙(1962年製作の映画)

-

ベルイマンによる神の沈黙3部作の第3作目。言葉が通じない国に来た対照的な姉妹。そして妹の幼い息子。一種の極限状況下を描いた問題作。3部作を通して、沈黙する神のアンサーを示すのではなく、その日常を綴って>>続きを読む

コントラクト・キラー(1990年製作の映画)

-

アキ・カウリスマキによるハードボイルド作品。主演はあの名優ジャン=ピエール・レオ、ケネス・コリー(スター・ウォーズシリーズのファーマス・ピエット提督)が渋い役を演じ、贅沢に盛り込んだジョー・ストラマー>>続きを読む

クロスロード(1986年製作の映画)

-

ブルースの原点とも言えるロバート・ジョンソンのインスパイアとして有名作。

マディ・ウォーターズ以前、29曲をレコーディングし、幻扱いとなっている最後の曲を録音前に、早世したとされる天才ブルースマン。
>>続きを読む

キャデラックレコード 〜音楽でアメリカを変えた人々の物語〜(2008年製作の映画)

-

ロックをはじめ現代音楽のルーツ、その源流となるブラックミュージックだが、その礎をつくったチェス・レコードの物語。

貧しいポーランド移民だったレナード・チェスがレーベルを設立し、白人の父と呼ばれるまで
>>続きを読む

冬の光(1962年製作の映画)

-

ベルイマンによる神の沈黙3部作の第2作目。中でも宗教色が特に強く、作品全体に無常観が漂い、非常に重い作品だが、教会の中で時間とともに変化する光が、見事に表現されている。ベルイマンの自伝的要素や信仰に対>>続きを読む

青い夢の女(2000年製作の映画)

-

美しいべネックス・ブルーに引き込まれる、夢と現実を行き来するようなスリリングなサスペンス。

ベネックスが、再びアングラードと組み、美女役に妖艶なエレーヌ・ド・フジュロール。

エロティックで、複雑に
>>続きを読む

溝の中の月(1982年製作の映画)

-

原作デビッド・グーディスの小説、監督ジャン=ジャック・ベネックスによる、現実と幻想が入り混じった極上のサスペンスは見応えがある。

本作では、美男美女2大スター(ジェラルド・ドパルデュー&ナスターシャ
>>続きを読む

ガートルード/ゲアトルーズ(1964年製作の映画)

-

ドライヤーの遺作は、愛に苦悩する女性を通して描かれる、大人のラブストーリーの到達点。

閉された空間で繰り広げられる、名優、会話、音楽、影と光、構図、美術、衣装など全てが極上に洗礼された大傑作。

>>続きを読む

キッズ・アー・オールライト(1979年製作の映画)

-

ザ・フーの代表曲がほぼ収録され、貴重なオリジナルメンバーによるライブ、ハイテンションのパフォーマンスを収めた決定版。ザ・フーが持つ特色である怒り・破壊・変態的なイマージを具現化したライブは圧巻。また、>>続きを読む

Tommy/トミー(1975年製作の映画)

-

ザ・フーがロック・オペラというジャンルを確立した、当時は前衛的だった「Tommy/トミー」を映画化した作品。エネルギッシュでアナーキーな映像、頭から結まで途切れることなくロックが鳴り続ける。監督はケン>>続きを読む

>|