享楽さんの映画レビュー・感想・評価

享楽

享楽

twitter @Noir252525s
鑑賞した作品の良さをできるだけ多く汲み取れるよう(主体として率直な感想プラスアルファの客観的な良さ)に努めています。スコアは基本的に☆3以上でgood、☆4以上が好み、☆5で文句無しに愛せる作品。

映画(628)
ドラマ(0)

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.4

若くて寂しい人が観たらきっと泣けるはず。イイ内容です。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

ミッション・インポッシブルは、何作かシリーズを観た人ならばウルトラアクティブおじさんことトムクルーズがいかにプロフェッショナルなスタントマンとして際立つか勝負しているような作品ですから、そういう意味で>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

4.0

もはや脚本やストーリ性には期待していなくて、もう"プレデター"自体を楽しむ意気込みで観賞した。そうすると男の子がオモチャのフィギュアでガッチャンゴッチャンバトルさせるような無邪気さで楽しめる。個性ある>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.6

しかし怖かった。恐怖の対象を映さないホラー映画って、実は恐怖の対象を映すホラー映画よりも遥かに潜在的に観客の目に怖く映り得るもので、対象がわからないとあらゆる周囲の物事が潜在的に恐怖の対象なんじゃない>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

4.7

斎藤工の監督作ということで食いたが、70分という短い尺度にしては最高の日本映画ではないかと思う。内容は観ての通り、「息子達がロクでもないと思っていた父親の葬式で、第三者から思い出を告げられることで、複>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.8

いい意味で如何にもカンヌ的な作品だった。ちょっと映画通な方なら薄らと「レオン」を想起するのではないでしょうか。単調な内容で音楽や会話劇、表情の映しでセンスを光らせてるあたり好きな人は好きそう。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.8

予想以上に面白い作品だった。子どものうちは何もしなければ何も生まれないのだが、大人になれば何もしないは最高の何かに繋がるというのはある種の教訓であると切実に感じた。しかしプーとその仲間たちのリアリティ>>続きを読む

まんが島(2016年製作の映画)

3.5

前半の小汚いオッさん達の無人島サバイバルスローライフを見続けれると後半のスリリングで狂気的なシーンが楽しめる一作。あとカメラワークは割と秀悦なんじゃないかと感心した。途中から覚醒して漫画を描くシーンや>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.7

1万ウォッチぐらい付いてもおかしくなさそうなんだけど(二階堂ふみのヌードやピンク描写が広告になってるし)、現時点では4,400ちょっと。内容はと言うと若者の苦悩や快楽、ざっくばらんに纏めると〈生〉を描>>続きを読む

ボヤージュ・オブ・タイム(2016年製作の映画)

4.6

映像美は最高でケイト・ブランシェットのナレーションも綺麗にマッチングしている 人類と自然或いは地球の神秘を伝えた作品。ドキュメンタリーらしいドキュメンタリー作品。

>|