社会のダストダスさんの映画レビュー・感想・評価

社会のダストダス

社会のダストダス

映画(595)
ドラマ(36)
アニメ(0)

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

4.4

ひとつ前に書いた『ボーダーライン』とも道徳的なテーマが似ている、こちらは再鑑賞になりますが。作中の象徴的なセリフで“善と悪はどこからやってくるのか、自分は今どちらにいるのか”

父親が自殺したことによ
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.1

珍しく顔が怖いおじさん達がメインの映画を観ました。

これは原題より邦題のほうが作品を象徴しているように見える珍しいパターンかも。善悪の境界、国境、たぶん昼と夜にもかかるのかな。原題の『Sicario
>>続きを読む

正しいアイコラの作り方(2024年製作の映画)

3.5

「先輩の…インキンタムシー!!」

高石あかりちゃんにそう呼んでもらえるなら、インキンタムシも悪くねえな。

上映館は現状たったの1館。こういう時、東京さ住んでて得したと思うだ。まあ、推しの高石あかり
>>続きを読む

夜明けのすべて(2024年製作の映画)

3.9

正直なところ予告編ではあまり惹かれず、出演陣にもあまり贔屓にしてる人もいなかったから、とりあえずスルーで良いかなと考えていたけど、公開から何日経ってもFilmarksのスコアが高いから気になって観まし>>続きを読む

熱のあとに(2023年製作の映画)

3.0

登場人物みんなちょっと何言ってるのかよく分からない部分多いけど、最近病んでる愛や不器用な愛の映画観すぎて一周回ってこれが普通な気がしてきた。

物凄く面白かったり、あるいは物凄くつまらなかったりすれば
>>続きを読む

サイレントラブ(2024年製作の映画)

3.6

顔面で選ぶ映画は意外とハズレが少ない。

言葉を話せない清掃員の蒼(山田涼介)、視力を失ったピアニストの美夏(浜辺美波)、明らかに当て馬ポジションの金持ち北村(野村周平)の三角関係。90年代の月9にあ
>>続きを読む

カムイのうた(2023年製作の映画)

3.3

無知から生まれた偏見。かなり胸糞悪い描写が多いので、それなりに心の準備をしてから観るべし。

奇しくもカムイがタイトルに入る映画が同時期に公開。『ゴールデンカムイ』はバリバリのエンタメ作品で、その後に
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

3.9

👩🌉⏬💥😇

👨‍🔬💺💡🧠🧟‍♀️

👶💢💩🍴👤

👨‍🎓💍👧🤪👝

👧👨❤️✉️🚢

🎉🕺💃🥂😛

👵🏻👱🏾‍♂️🍾👧👨

👧👱🏾‍♂️🔍👶🏽😱

👧💵🧑‍✈️👛🥴

👨😱🚢🦶😔

🏩👩👴🤬💔

👩
>>続きを読む

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

3.8

山田杏奈さんで雪景色と言えば、『ミスミソウ』だけど、除雪機で人間がチタタプにされるシーンが無くて良かったです。

完全になめていました、面白かったです。スルーしなくて良かった、また山崎賢人かよとか思っ
>>続きを読む

みなに幸あれ(2023年製作の映画)

3.2

久々の和ホラー。どっちかと言えば怖いというより笑える作品だったけど、総合プロデュース清水崇のクレジットがあったのでそれも納得、白ブリーフの汚っさんが出てきたときはトシオ君の50年後かと思った。どうでも>>続きを読む

VESPER/ヴェスパー(2022年製作の映画)

3.1

新鮮なミミズスープ🪱のエクストリームなヴィジュアルが夢に出てきそう。せめて挽肉にこねてハンバーグにしたりとか… いや、想像したら吐き気が、おろろろろろrr🤮

このあいだのアクアマンは陸のエビ🪳をバー
>>続きを読む

アクアマン/失われた王国(2023年製作の映画)

3.7

魚(うお)ぉぉぉーーー!!!

ディズニーはリトルマーメイド、ワーナーはアクアマンと、相次ぐ人魚映画の不振が報じられていたけど、ちょっと低めの期待値を上回ってくれる良作だったと思う。

DCEU、いわ
>>続きを読む

ある閉ざされた雪の山荘で(2024年製作の映画)

2.6

“ある閉ざされた雪の山荘で”起こる連続殺人事件…という設定の舞台オーディションで起こっているかもしれない本当の殺人事件…?

“先生”役の大塚明夫ボイスが非常に心地いい。

主演の重岡大毅さんは失礼な
>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

3.9

… ♬~前奏~

すぅー…(息を吸い込んで)





紅だああああああああああ!!!!!!!!!!!



綾野Go!とカラオケへGo!する映画、これが今年の劇場鑑賞初めになる。

歌がどうしても上
>>続きを読む

Saltburn(2023年製作の映画)

3.9

バリー・コーガンのことをリアルに軽蔑できるくらい素晴らしいキモさだった!惜しむなくはバリーの睾丸にはモザイクが掛かっていたことか。

Amazonオリジナル作品、キモさ10割増しの『パラサイト』みたい
>>続きを読む

赤い糸 輪廻のひみつ/月老 また会う日まで(2021年製作の映画)

4.6

♡ H E N T A I ♡

今回の投稿から通常営業に戻ります。私の書く感想は今まで通り変態とは無縁の堅苦しい文章になるかと思いますが、真面目に無難に地道にコツコツとまたやっていこうと思います。わ
>>続きを読む

TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー(2022年製作の映画)

3.6

2023年は思い返してみれば結構ホラーの豊作年だったのかな。シリーズものも多かったけど、個人的には『ブギーマン』や『ヴァチカンのエクソシスト』、『サンクスギビング』など単発作品のほうが良かった印象。ど>>続きを読む

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

4.6

おじさんが決まったルーティンでトイレを掃除しているだけなのに不思議な映画。セリフらしいセリフは少ないのに、毎朝玄関先で空を見上げる役所さんの表情だけで、こんなにもアクセントが付くものなのか。

外国人
>>続きを読む

返校 言葉が消えた日(2019年製作の映画)

3.9

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


台湾の同名ホラーゲームの実写映画作品、ホラー×ミステリー×政治問題の独特の味わい。1960年代の独裁政権下の台湾、反体制派に対して
>>続きを読む

サンクスギビング(2023年製作の映画)

4.3

出血大サービス 半額セール(物理)

似た温度感の映画を思い浮かべて沸き上がった疑問、安売りに群がる人々とコカインをキメた熊はどっちが危険なのか。

今年を締めるのにふさわしい景気のいいスプラッター・
>>続きを読む

バリー(2016年製作の映画)

3.5

大統領としてはどんなことしたのかは正直よく知らないけど、毎年オバマ氏が発表するその年のお気に入り映画はなぜか気になっている。ちなみに2022年だと『トップガン・マーヴェリック』、『アフターサン』、『エ>>続きを読む

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

3.9

デンゼル・ワシントンがオスカーを獲っていた作品ということで長らく気になっていたけどようやく鑑賞。悪徳警官役ということで、悪徳といいながらも実は…みたいな展開を想像していたら、『イコライザー』シリーズの>>続きを読む

べイビーわるきゅーれ(2021年製作の映画)

4.1

2作目のほうは公開されたタイミングで観に行ってレビューもすぐ書いたけど、当然1作目も好きです。ブルーレイを買ってるけど、オーディオコメンタリーで阪元監督、高石さん、伊澤さんが喋ってるのも面白いです。デ>>続きを読む

バレリーナ(2023年製作の映画)

3.0

90分で無難にまあまあなNetflixアクション映画。こういう映画観るたびに韓国ヤバすぎコワすぎってなる。ヴィジュアルは韓国映画というよりは、ハリウッドでよく見る変な日本みたいな感じだった気がする。で>>続きを読む

テルマ(2017年製作の映画)

3.8

父親が幼い娘に銃口を向けるシーンから始まる冒頭の不穏さ、美女が何かに覚醒する映画はほぼ全部好き。何度か観たけど未だにテルマの能力がどういうものなのか良く理解できてない。『わたしは最悪。』と同じヨアヒム>>続きを読む

PROSPECT プロスペクト(2018年製作の映画)

3.4

『ラスト・オブ・アス』などのペドロ・パスカル、『イエロージャケッツ』などのソフィー・サッチャーが主演。未開の惑星で父親を殺された少女と、殺した男が協力してサバイバルをする話。アダム・ドライバーの『65>>続きを読む

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット(2021年製作の映画)

4.9

2年くらい前にブルーレイを購入していたけど、一度に全部観たいと思って機会をうかがっていたら今になってしまった。4時間の本作は人生で一番長い映画だったと思うけど、海外ドラマ一気見した感覚に近かった。これ>>続きを読む

インスタント・ファミリー ~本当の家族見つけました~(2018年製作の映画)

4.0

長いこと気になっていた作品だけどようやく鑑賞、ジャンルはコメディとなっているが、割合とずっしりとした内容だった。最近観たファミリーのつく題の作品はお気楽に観ることが出来たので予想外に感動してしまった。>>続きを読む

ウィッシュ(2023年製作の映画)

2.8

大谷翔平のドジャース移籍金で、今年のディズニーが映画で出した赤字額をほぼ補填できると考えると、どちらも半端じゃないな。

ファミリー・プラン(2023年製作の映画)

3.4

アッポーティービープラス作品。マーク・ウォールバーグ主演作品、娘ちゃん役には見覚えがあると思ったが、『スケアリー・ストーリーズ』の子だった。現代も邦題もファミリー・プランだが、プランと思われるものは全>>続きを読む

きっと、それは愛じゃない(2022年製作の映画)

3.5

リリー・ジェームズが幼馴染で初キスの相手で、そのあと何もなかったというのは、ある意味ミラクルではないのか。

口当たりの良いロマコメかと思えば意外と真面目というか、テンポ感も結構もっさりで思っていたも
>>続きを読む

幸せへのキセキ(2011年製作の映画)

3.9

We bought a zoo! (動物園を買っちゃった!)

今や全世界70億人が崇める我らが女神エル・ファニングのシャイニングスマイルの破壊力はビッグバンの如し、その凄絶な可愛さには宇宙を感じるレ
>>続きを読む

市子(2023年製作の映画)

4.1

公開初日に観たけど、これは書くの難しすぎるので簡潔に。

話の系統としては『ある男』、作りとしては『正欲』にそれぞれ似ている(いわゆる羅生門形式)。この辺は予告編から何となく察することが出来るので特に
>>続きを読む

マエストロ:その音楽と愛と(2023年製作の映画)

3.6

なんというか邪推してしまうと今年のNetflixのアカデミー賞絶対取ったるぜー!という気合をヒシヒシと感じる作品(笑)、このあざとさが批評家様たちの鼻につかなければいいですけど。ピカソの何が凄いのかを>>続きを読む

ファミリー・スイッチ(2023年製作の映画)

3.5

ぼくたち(わたしたち)…入れ替わってるー!?

クリスマスに観るなら本作、ハロウィンに観るなら殺人鬼とJKがスイッチする映画といったところでしょうか。季節モノとして丁度いい緩さの映画、実のところそれほ
>>続きを読む

スクリーム6(2023年製作の映画)

4.3

前作『スクリーム』(2022)は鑑賞済み、その時はリブートだと思って観たが、しっかりと過去作と繋がっている5作目だったという誤算はあったものの、まあまあ面白かった。

そして今回はしっかりとナンバリン
>>続きを読む

>|