Aixさんの映画レビュー・感想・評価

Aix

Aix

Pictured(原題)(2014年製作の映画)

3.5

シャザムやライトオフなどで知られるデヴィッドFサンドバーグの短編ホラー映画。写真の女性が動く話。

よくありがちなホラーの展開を撮影と演出によって際立たさせた作品でした。監督が優れていると今作のような
>>続きを読む

ダーククリスタル(1982年製作の映画)

3.6

米国を代表する人形操者のジムヘンソンとマスターヨーダことフランクオズが監督したアニマトロニクス作品。暗黒と化そうとしているダーククリスタルを止める話。

文句のつけどころがないアニマトロニクスの技術と
>>続きを読む

ミークス・カットオフ(2010年製作の映画)

3.8

リバーオブグラスやウェンディ&ルーシーなどで知られるケリーライカートの作品。広大な砂漠を西部へと向かう三組の家族の話。

インディーズ系の良い西部劇でした。特に撃ち合いとかはないけど、ヒリヒリとした緊
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

3.9

ヤンヤン夏の思い出や恐怖分子などで知られるエドワードヤンの代表作。1960年代の台湾で起きたとある殺人事件の話。

恋愛映画であり、ギャング映画であり、ヒューマンドラマ映画であり、家族映画であり、トラ
>>続きを読む

ヘヴィメタル/ヘビー・メタル(1981年製作の映画)

3.8

Netflixで配信されているラブデス&ロボットの元ネタでありカルト的人気を誇るオムニバスSFアニメ。緑色の光の玉にまつわる7つの話。

ケネスアンガーの実験映画にストーリー性とギャグを追加したような
>>続きを読む

グレイマン(2022年製作の映画)

3.5

アベンジャーズインフィニティウォー/エンドゲームなどで知られるルッソ兄弟の作品。CIA組織に命を狙われる暗殺者の話。

Netflixが史上最も高額なお金をかけた割には極めて期待外れな作品でした。スト
>>続きを読む

Doodlebug(1997年製作の映画)

3.7

ダークナイト、インセプション、インターステラー 、テネットなどで知られるクリストファーノーランの初期作。部屋の中で小さな何かが現れる話。

コンセプトもさることながら撮影が素晴らしい作品でした。さすが
>>続きを読む

Room 8(原題)(2013年製作の映画)

3.6

イギリス産の短編映画。刑務所の部屋がミニチュアの部屋と繋がっている話。

短編映画ならではのアイデア勝ちした一本でした。皆さんが指摘してる通り今作はノーランの初期作に近いものがあり、斬新さで勝負してる
>>続きを読む

家族の肖像(1974年製作の映画)

3.7

ベニスに死すやルートヴィヒなどで知られるルキノヴィスコンティの晩年の作品。孤独な老教授の元にとある“家族”がやって来る話。

撮影、セット、そしてヘルムートバーガーがとても美しい作品でした。今作は同性
>>続きを読む

ロートリンゲン!(1994年製作の映画)

3.6

ジャン=マリー・ストローブとダニエル・ユイレ夫妻による作品。国粋主義的作家モリス・バレスの長編小説「コレット・ボドッシュ」を題材にした話。

とりあえずカメラのパンが多い作品でした。先日鑑賞した佐藤真
>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

3.8

ゲットアウトやUsで知られるジョーダンピールの作品。頭上に謎の円盤が現れる話。

良くも悪くもジョーダンピールのMナイトシャマラン化が進んだような作品でした。幸いアホなシャマランと違って今作は演技と撮
>>続きを読む

ボーイ(2010年製作の映画)

3.6

ジョジョラビットやソーラブアンドサンダーなどで知られるタイカワイティティの初期作。ある日自称ギャングの父親が家にやって来る話。

タイカワイティティの原点を見たというのが今作の第一印象です、強い男性に
>>続きを読む

生涯ずっと/ Per tutta la vita(2018年製作の映画)

3.6

イタリア産の短編アニメ。一枚の絵を見ている少女がたくさんの絵を連想する話。

これぞマルチバース、もはやタイトルがネタバレな今作は巧みな作画を利用し独特な切り口から愛を描いていました。おそらくこの監督
>>続きを読む

水の話(1958年製作の映画)

3.6

つい先日亡くなったジャンリュックゴダールとフランソワトリュフォーによる唯一の共同監督作。大洪水の中男女が出会う話。

荒ぶる編集、今作を見ているとジャンプカットもゴダールの手によって生まれるべきして生
>>続きを読む

カクタス・リバー(2012年製作の映画)

3.5

MEMORIAやブンミおじさんの森などで知られるアピチャッポンウィーラセタクンの実験映画。タイの田舎で暮らす人々の話。

ウィーラセタクンの作品と言えば多くが時間を超越を幻想的な物語であることが多いけ
>>続きを読む

春婦傳/春婦伝(1965年製作の映画)

3.5

ツィゴイネルワイゼンや陽炎座などで知られる鈴木清順の作品。中国戦線を舞台にした娼婦の話。

ストーリーの起伏が悪い作品でした。戦場近くで暮らす娼婦っていう設定自体は興味深かった一本で、主要人物二人のキ
>>続きを読む

近松物語(1954年製作の映画)

3.7

雨月物語や山椒大夫などで知られる溝口健二の作品。不義密通の汚名を着せられた男女が逃避行をする話。

幽玄な世界観を素晴らしい撮影で引き出した作品でした。雨月物語もそうですが、溝口健二が描く妖しい日本の
>>続きを読む

軍艦島1975-模型の国-(1975年製作の映画)

3.6

島全体が廃墟の軍艦島を撮ったナレーション無しのドキュメンタリー映画。

タルコフスキーのストーカーを彷彿とさせるような映像のみで送る美しくもどこか恐ろしい作品でした。大概ドキュメンタリーと言えば何かし
>>続きを読む

アレックス(2002年製作の映画)

3.9

カンヌ国際映画祭で退場者が続出したギャスパーノエの代表作。時系列が逆行する中で破滅する3人の男女の話。

脚本、演出、撮影、照明、演技、編集、音響、音楽の全てのレベルが高い史上最悪の傑作恋愛映画でした
>>続きを読む

シランクス(1965年製作の映画)

3.6

カナダを代表するアニメーション監督アランラーキンの作品。ギリシャ神話の牧神パンがシランクスを愛しつけ回す話。

木炭画による独特な作画とギリシャの悲哀が上手く噛み合った作品でした。ノーマンマクラレンの
>>続きを読む

(2006年製作の映画)

3.6

スイスを代表するアニメ監督ジョルジュシュヴィッツゲベルの作品。

ノーマンマクラレンを彷彿とさせるような目眩く作画と素晴らしい音響効果が特徴的な作品でした。ジョルジュジュヴィッツゲベルの作品は破滅への
>>続きを読む

Je t'aime(2010年製作の映画)

3.6

攻殻機動隊やうる星やつら2ビューティフルドリーマーなどで知られる押井守が監督した短編アニメ。人類が絶滅した世界で犬が人型のロボットと交流をしようとする話。

押井守の好きなものがたくさん詰まっている作
>>続きを読む

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年製作の映画)

3.6

アンディサーキスによるSSU第二作目の作品。カーネイジと化したクレタスキャサディとエディ&ヴェノムが戦う話。

ライトかつ良い意味でお馬鹿な作品でした。下手にシリアスに振るよりふざけきった方が楽しめる
>>続きを読む

サイレントチャイルド(2017年製作の映画)

3.6

アカデミー短編映画賞を受賞したイギリスの作品。ろうあ者の少女と社会福祉士の交流を描いた話。

演技と撮影が素晴らしい作品でした。今作は短編映画だけど自主制作っぽい雰囲気はまるでなかったです。おそらくか
>>続きを読む

盲獣(1969年製作の映画)

3.6

江戸川乱歩原作、青空娘やこの子に七つのお祝いなどで知られる増村保造の作品。盲目の男が不気味なアトリエに女を監禁する話。

なかなかぶっ飛んだ変態映画でした。ジャンル的にはスリラーとホラーと恋愛をミック
>>続きを読む

ベッドの下(2014年製作の映画)

3.6

スペイン産の僅か1分しかない短編映画。子供に頼まれてベッドの下を確認する話。

古今東西、数多のホラー作品に触れて来ましたが、大概名作と言われているような作品は理解出来ない事象が起きたり、訳の分からな
>>続きを読む

(1990年製作の映画)

3.7

スピルバーグ制作、スコセッシ出演、黒澤明が監督したオムニバス映画。黒澤明が見た8つの夢の話。

素晴らしい撮影が際立った作品でした。大半のエピソードは映像が美しく、迫力があって良かったです。ただまあス
>>続きを読む

ピストルオペラ(2001年製作の映画)

3.6

クエンティンタランティーノやニコラスウィンディングレフンにも影響を与えた鈴木清順の“殺しの烙印”の半続編的な作品。拳銃を愛する女殺し屋の話。

荒ぶる清順美学。スタイリッシュでどこかゴダールのアルファ
>>続きを読む

(秘)色情めす市場(1974年製作の映画)

3.4

ロマンポルノ映画史上初めてヴェネチア国際映画祭に招待された作品。障害者の弟と、現役の同業者を母に持つ風俗嬢の話。

風紀が乱れまくった大阪の街並みと、もはやベルイマンの映画ばりに救いようのない家族を描
>>続きを読む

天使のはらわた 赤い教室(1979年製作の映画)

3.6

先日亡くなった石井隆が原作、脚本を務めていた日活ロマンポルノを代表する作品。エロ本の編集長がポルノ映画の女優に惚れる話。

さすが名作と名高いだけあってなかなか面白い作品でした。日活ロマンポルノと言っ
>>続きを読む

我らの勝利のために!(1941年製作の映画)

3.4

隣人や緑と色の即興詩などで知られるノーマンマクラレンの作品。

俗に言うプロパガンダ映画的な作品でした。とりあえずカナダの勝利っていうメッセージだけをゴリ押しして作られたアニメだけど、作風はこの頃から
>>続きを読む

夢二(1991年製作の映画)

3.8

カルト的人気を誇る鈴木清順の大正浪漫三部作の最終作。実在した画家竹久夢二の半生をオリジナルで描いた話。

大正浪漫三部作の中で最も評価が低い割に面白い作品でした。撮影、照明、編集、カット割、セットなど
>>続きを読む

Viewers:1(2021年製作の映画)

3.6

文化庁メディア芸術祭で新人賞を受賞した短編映画。滅びた町で一人配信を続ける男の話。

僅か2分の短編ながらもなかなかセンスの良い作品でした。雰囲気はギャレスエドワーズのモンスターズにちょっとだけ似てい
>>続きを読む

さらば箱舟(1982年製作の映画)

3.6

田園に死すや書を捨てよ町へ出ようなどで知られる寺山修司の遺作。時間の影響を受けない断絶された村の話。

貞操帯が外れない女、死人が見える男、従兄弟同士の結婚、村に一つしかない時計、犬の顔をした子供、脱
>>続きを読む

パワーズ・オブ・テン(1968年製作の映画)

3.6

チャールズ&レイイームズ夫妻によって作られた斬新な教育映画。1平方メートルの視野を増加、減少させる話。

今作は数多の学校で教材として使われたそうですが、シンプルに実験映画的な意味でも初めて見るタイプ
>>続きを読む

SELF AND OTHERS(2000年製作の映画)

3.8

国内外で高い評価を得ている佐藤真の作品。写真家牛腸茂雄の半生と彼の写真集に焦点を当てたドキュメンタリー映画、語りは西島秀俊。

生と死を超越し、死者の声を見るものに届かせる素晴らしい作品でした。今作は
>>続きを読む

>|