Aixさんの映画レビュー・感想・評価

Aix

Aix

記憶の淵(2021年製作の映画)

2.6

日本産の短編アニメ。戦争で離れ離れになった男女がカフェで再会する話。

昨日見たアクセプトと言い、これまた劇伴がやかまし過ぎる作品でした。ここまで来ると、もう正直コンセプトとかストーリーについてはどう
>>続きを読む

アクセプト(2020年製作の映画)

2.6

日本産のCGアニメ。心電図に繋がれた妻とその旦那の話。

劇伴がやかまし過ぎる。日本で作られた割には今作のVFXは頑張っている方だと思うけど、全体的に狙い過ぎだしあざと過ぎました。セリフがないからって
>>続きを読む

いずみのこえ(2023年製作の映画)

3.5

東京学生映画祭のアニメーション部門でグランプリを受賞した作品。トラウマを抱えた少女が小舟の中で目を覚ます話。

今作は学生作品と言えどもさすがグランプリを受賞しているだけあって、背景が悪くなかったです
>>続きを読む

サイクルレース(2021年製作の映画)

3.5

武蔵野美術大学の学生が作ったCGアニメ。自転車に乗ってライトが永遠に進み続ける話。

てっきりストップモーションで出来ているのかと思っていたら全然違いました。。。
今作はどこか無機質で淡々とした世界観
>>続きを読む

ピクニック(1936年製作の映画)

3.7

大いなる幻影や河など知られるジャンルノワールの未完の名作。夏の晴れた日に家族と共に出かけた娘がある男と出会う話。

未完ながらに美しいと言うか、決して完璧ではないところまで愛おしく感じられる作品でした
>>続きを読む

La nuit des illusions〜迷走の夜〜(2023年製作の映画)

3.6

中国産の短編アニメ。雨の中を彷徨う女性の話。

光の陰影が美しい作品でした。ちょっと過剰な褒め方をするなら、今作は昔のディズニーのアニメーションっぽいライティングで、それが魅力になっていたと思います。
>>続きを読む

ボトル戦争(2016年製作の映画)

3.5

スペイン産の短編アニメ。ボトルの中に小さな男女を入れて戦争する話。

可愛らしいけどちょっと安っぽさもある作品でした。今作の作画はとてもシンプルで、変にごちゃごちゃしていないのが良かったものの、その反
>>続きを読む

ビーナス(1990年製作の映画)

3.5

THUNDERやGRIMなどで知られる日本を代表する実験映画界の名匠伊藤高志の作品。

THUNDERの衝撃をもう一度味わいたいと願っても、結局はTHUNDERそのものを見た方が早いという伊藤高志ある
>>続きを読む

何も見なくていい(2015年製作の映画)

3.6

大阪芸術大学の卒業制作で作った短編アニメ。電車に乗っている若者が顔面の中にゴミを詰め込められる話。

良い意味で不快で気持ち悪くて怖い作品でした。今作は鉛筆、パステル、油絵を使用して作られたアニメーシ
>>続きを読む

スイソウ/Aquarium(2021年製作の映画)

3.5

実写とアニメーションを混ぜ合わせたポエトリーリーディング作品。アパートの一室にシーラカンスが出る話。

コンセプトはちょっと面白いものの、肝心の詩が微妙な作品でした。今作の詩の内容自体がそんなに良くな
>>続きを読む

えーん(2018年製作の映画)

3.5

おかあさんにないしょや夏のゲロは冬の肴などで知られる冠木佐和子の短編アニメ。泣いてる女の子の話。

母性と父性に飢えた痛々しさが露骨が描かれている作品でした。まあ相変わらずと言えば相変わらずの作風で、
>>続きを読む

アトミック・チキン(2023年製作の映画)

3.6

MyFFFで鑑賞したフランス産のCGアニメ。原子力発電所の近くで暮らす鶏たちの話。

奇抜で斬新なブラックコメディ作品でした。この間の能登の地震と言い、原発なんて存在しているだけでもろくでもねえことが
>>続きを読む

ふたりは姉妹(2022年製作の映画)

3.2

MyFFFで鑑賞したフランス産の短編アニメ。仲の良い姉妹の話。

繊細で美しいアニメーションとは裏腹に、あざとくて空っぽなストーリーが鼻につく作品でした。とりあえず作画は良かったです、色使いも綺麗だし
>>続きを読む

ルミナリス(2011年製作の映画)

3.7

アルゼンチン産のストップモーション作品。電球を作る男と電球を光らせる女の話。

万人におすすめしたくなるようなストップモーション作品でした。今作は控えめに言ってもよく出来ていて、手も込んでいたと思いま
>>続きを読む

yoidore(2021年製作の映画)

3.6

MAHOROBAや無法の愛などで知られる鈴木竜也の三人の男の作品の一つ。酔っ払った男がトイレでライブトリップをする話。

古今東西に存在する数多の湯浅政明フォロワーや、彼の劣化版のようなアニメーターが
>>続きを読む

ダンスの中に(2022年製作の映画)

3.4

フランス産の短編アニメ。4人の若者が踊る話。

監督曰く今作は憧れのダンサーたちからインスパイアされ、なるべくシンプルなカラーを目指したそうです。ただそれが良くも悪くも地味に見えてしまって、たった4分
>>続きを読む

マイセルフ(2024年製作の映画)

3.5

ピクサーが制作したSPARKSHORTSの最新作。木製の人形を模した女の子が金属の人形がいる街へ出る話。

この手の作品を見るたびに、ギレルモデルトロがディズニーの美女と野獣について、醜かった野獣がイ
>>続きを読む

エターナル・ドーター(2022年製作の映画)

3.5

マーティンスコセッシ&A24が制作し、ティルダスウィントンが2役演じたゴシックホラー映画。女性映画監督が母親を連れて古いホテルへ泊まる話。

跳ね上がった期待値を華麗に下回る作品でした。監督が今作でや
>>続きを読む

カロとピヨブプト おうち(1993年製作の映画)

3.4

年を取った鰐やカフカ 田舎医者や幾多の北などで知られる山村浩二が監督しNHKで放送されたストップモーションアニメ。ツリーハウスを作るカロとピヨブプトの話。

カロとビヨププトシリーズを鑑賞するのはこれ
>>続きを読む

バッド・チューニング(1993年製作の映画)

3.7

ビフォア三部作や6才のボクが大人になるまでで知られるリチャードリンクレイターの青春映画。夏休み前日の夜の話。

アメリカングラフィティとかアメリカンスリープオーバーを彷彿とさせるような群像劇青春映画で
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.6

アカデミー主演女優賞や脚本賞などを受賞したコーエン兄弟の代表作の一つ。妻の偽装誘拐を企てた男と地元の警察官の話。

ドラマ版ファーゴの全シーズンを見終わった記念にオリジナルの今作を久しぶりに再鑑賞して
>>続きを読む

愛・アマチュア(1994年製作の映画)

3.7

アンビリーバブルトゥルースやシンプルメンなどで知られるハルハートリーの作品。記憶喪失の男がポルノ雑誌で小説を書く女と出会う話。

想像以上にヘンテコで面白い恋愛映画でした。ミニシアター系の監督にしては
>>続きを読む

妖精たちの森(1971年製作の映画)

3.5

マーロンブランドが主演した傑作ホラーねじの回転の前日譚。巨大な豪邸に暮らす姉弟が家庭教師と下男の恋を見る話。

ジャッククレイトンの回転が大傑作で、ついでにマイクフラナガンのホーティングオブブライマナ
>>続きを読む

妹の恋人(1993年製作の映画)

3.5

ジョニーデップ、メアリースチュアートマスターソン、ジュリアンムーアなどが出演したラブコメ映画。障害を持つ妹がバスターキートンやチャップリンに憧れる青年に恋をする話。

格好良くて、チャーミングで、変わ
>>続きを読む

フレンズ/2匹は友だち(2014年製作の映画)

3.7

ロシアとフランスが合作した短編アニメ。芋虫とおたまじゃくしが友達になる話。

ブラックユーモアが効いていてなかなか面白い作品でした。今作は初っ端の鳥に追いかけられるシーンから、動物の怖さとか気持ち悪さ
>>続きを読む

カロとピヨブプト サンドイッチ(1992年製作の映画)

3.5

年を取った鰐やカフカ 田舎医者や幾多の北などで知られる山村浩二が監督しNHKで放送されたストップモーションアニメ。サンドイッチを作るカロとピヨブプトの話。

山村浩二のストップモーションアニメを見るの
>>続きを読む

マイエクササイズ(2020年製作の映画)

3.5

いきものさんやわからないブタなどで知られる和田淳の作品。太った男が太った犬とエクササイズをする話。

何とも絶妙なリズムで心地が良い。今作の反復するアニメーションの動きはシンプルだけど、SEが悪くなく
>>続きを読む

ラブ ボール(2012年製作の映画)

3.5

◯力や自転車などで知られるダナシンクが監督した短編アニメ。ある法則でボールや機械が動く話。

最初に見た◯力のインパクトが強過ぎたせいか、今作はまだ発展途上な感じがしました。相も変わらず一定の法則で動
>>続きを読む

The Dante Quartet(原題)(1987年製作の映画)

3.6

アメリカの受験映画監督の名匠として知られるスタンブラッケージの作品。ダンテの神曲をモチーフにした話。

制作に6年も有したという苦労の果てに完成した今作ですが、カルト的人気を誇るのも納得のコラージュラ
>>続きを読む

旋風の中に馬を進めろ(1965年製作の映画)

3.4

ジャックニコルソンが脚本、主演を務めたモンテヘルマンの西部劇。犯罪者と間違えられた男たちが自警団に追われる話。

一般的な西部劇やマカロニウェスタンとも違うちょっと変わった作品でした。今作はアメリカン
>>続きを読む

ペトラ・フォン・カントの苦い涙(1972年製作の映画)

3.8

ファスビンダーが監督、脚本、原作を務めルカグァダニーノ版サスペリアの元ネタの一つにもなった作品。中年のファッションデザイナーの元に若いモデルがやって来る話。

ベルイマンのペルソナやTARを彷彿とさせ
>>続きを読む

BLOOD THE LAST VAMPIRE(2000年製作の映画)

3.5

タランティーノやジェームズキャメロンが絶賛したBLOODシリーズの記念すべき第一作目の作品。制服の少女が刀が吸血鬼を斬り殺す話。

恥ずかしながら初のBLOODシリーズの鑑賞でしたが、程々に楽しむこと
>>続きを読む

コヤニスカッツィ(1982年製作の映画)

3.7

フランシスフォードコッポラが制作したカッツィ三部作の一作目の作品。アメリカの風景、街、そして人々の話。

序盤の資料映像のようなシーンは退屈したものの、都会の場面に切り替わってからは一気に中毒性が増し
>>続きを読む

山の焚火(1985年製作の映画)

3.5

フレディMムーラーによるマウンテントリロジーの2作目の作品。アルプスで暮らす4人家族の話。

期待値が高過ぎた&この間リアルにスイスの山々たちを目にして来た分、若干拍子抜けする作品でした。もちろん、今
>>続きを読む

イルマ・ヴェップ(1996年製作の映画)

3.8

パーソナルショッパーや冷たい水などで知られるオリヴィエアサイヤスの作品。フランスにやって来たマギーチャンが吸血ギャング団のリメイクに出演する話。

当時のオリヴィエアサイヤスによるマギーチャンへの愛が
>>続きを読む

魂のジュリエッタ(1964年製作の映画)

3.9

8 1/2、道、アマルコルドなどで知られるフェデリコフェリーニの代表作の一つ。結婚15年目にして夫の浮気を知ったジュリエッタの話。

宮崎駿が君たちはどう生きるかを作るのにあたっておそらく参考にしたで
>>続きを読む

>|