花椿さんの映画レビュー・感想・評価

花椿

花椿

映画(344)
ドラマ(1)
  • List view
  • Grid view

オカルト(2008年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

低予算ホラーか……って馬鹿にしてたんだけど面白くて良かった!
他の作品も観てみたい。

だんだんあばれる君に見えてきて笑っちゃう。

みんな演技が上手い。
大げさな表現が無く、日本人らしい、どう反応す
>>続きを読む

テルマ(2017年製作の映画)

3.3

静かなホラーも好き。
前半ちょっと長いけど。
最初の狩猟のシーンがいちばんぞくっとした。

ハードロマンチッカー(2011年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

友情も仕事も、敵意や親心、恋愛感情も全部暴力を使って表現してるの面白い。暴力が挨拶で言語。

方言があるとなんだか親しみやすい。

彼女は、どうでもいい相手だからこそ抱かれても平気、彼とは最初からちゃ
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

小松 菜奈と菅田 将暉が付き合ってるって噂だけど、いくら演技だってこんな役やった後によく付き合えるな……って思うくらいには怖い。

生命力が有り余って暴力に走る彼と、自分や社会への鬱憤から女や年寄りし
>>続きを読む

鬼龍院花子の生涯(1982年製作の映画)

3.5

花子の生涯の話だけど、ほとんど夏目 雅子が主役。若くして亡くなられてしまったのが本当に残念。

花子の、カラフルな着物に大きなリボンが可愛くて真似したい。
仲代 達也のどうしようもないけど憎めない男の
>>続きを読む

新・極道の妻(おんな)たち 惚れたら地獄(1994年製作の映画)

3.3

指までくれてやる度胸に恐れ入る。
和装で機関銃ぶっ放すの最高。
他の妻たちも見れて良かった。

男を愛するんじゃなくて、男の信念を愛してやらなきゃいけない。

新・極道の妻たち(1991年製作の映画)

3.3

母の顔をした姐さんは、愛情や悲しみ強さが他の作品とはまた違っていて良い。

本田 博太郎さん格好良かったな〜。

マニアック(1980年製作の映画)

3.4

主人公の演技が上手すぎて気色悪さが倍増。

あの部屋、不気味なんだけれど“狂気”で統一されていて美しかった。

コンスタンティン(2005年製作の映画)

3.9

最高だった。
恐ろしいでも不気味でもなく“異様な”という言葉が合う雰囲気の映画。

エンドロールの後を見逃さないで。

嫌な奴のキアヌ超格好良かった。
私が男だったら、感化されてあのファッションを真似
>>続きを読む

シークレット・デイ あの日、少女たちは赤ん坊を殺した(2014年製作の映画)

3.3

コンプレックス、自己否定が行き過ぎると恐ろしい。
ゴスメイクのダコタ可愛い〜。

黒人と白人の俳優の比率が同じくらいで、こういうのを求めてたんだよ!って感動しちゃった。主役じゃないけど。

バッドボーイズ(1995年製作の映画)

3.3

映画は基本字幕派だけど、山ちゃんのは吹き替えで観るのが好き。あとジャッキー チェンの。

ウィル スミスセクシーで格好良かった〜。
菅原 正志さんの声がそれをさらにアップさせてて好き。ジーニーがちらつ
>>続きを読む

氷菓(2017年製作の映画)

3.4

放課後ミステリーは青春時代に浸れて楽しい。
私はアニメ版が1番好き!

本郷 奏多の学生服姿 素晴らしいし、広瀬 アリス可愛いな〜。相棒のスペシャルドラマが好き。
まやか役の小島 藤子ちゃんは『小公女
>>続きを読む

インサイド・ミー(2013年製作の映画)

3.0

エミリー ブラウニングは『GOD HELP THE GIRL』が1番好き。その映画でもバンドをやっていて、歌声もファッションも可愛い。
キャム ギガンデットいつ見てもハンサム。

有名人は大変。

マンディ 呪われた人形(2019年製作の映画)

2.5

手作り感溢れてて笑っちゃった。
でもB級ホラーにしては主人公が可愛い。

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.3

『私は死んでいる。私を蘇らせるのは復讐のみ』テリー グッドカインドの言葉を思い出した。

韓国の役者さんは、愛情でも憎しみでも感情表現の仕方が狂気的。
他の国の激しさとは方向性が違って怖さがある。
>>続きを読む

小悪魔はなぜモテる?!(2010年製作の映画)

3.3

ビスチェファッションがセクシーで可愛い。

『フェリスはある朝突然に』『ブレックファスト クラブ』など80年代のティーン映画大好き!

映画もドラマも誇張と美化だって分かってるけど、その分を差っ引いて
>>続きを読む

新・極道の妻たち 覚悟しいや(1993年製作の映画)

3.4

ストーリーが面白いかどうかに関わらず、岩下 志麻の演技だけで見入ってしまう。

強気な性格だからこういう役がハマるのかな?と思ったけど、岩下 志麻の他の作品を見て、これも全部演技なんだと分かったら更に
>>続きを読む

ゴースト・フライト407便(2012年製作の映画)

3.2

タイの映画初めて観た🇹🇭
オネエキャラがいるとホラーでさえ面白くなっちゃう。さすがタイ。

アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち(2011年製作の映画)

3.5

皮肉たっぷりで笑えた。

エズラ ミラーの演技はどんな役でも、生意気さとキュートさと憎めなさ、そしてそれらが上手くまとまったカッコよさを兼ね備えてる。

キング・オブ・エジプト(2015年製作の映画)

3.4

アトラクション感覚で観れる楽しい映画。
神殿や自然が壮大で美しい。

アサイラム・バスターズ(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ノルウェーのホラー初めて観れて嬉しい。
廃墟ものはそれだけで怖い。
はっきりしない分、怖い想像をしてしまう余地がたくさんあって見終わった後も楽しめる。

•カールは本当にドイツ人飛行士の息子なのか?そ
>>続きを読む

ハリウッドがひれ伏した銀行マン(2014年製作の映画)

3.3

ヒットしても赤字で、それを埋めるために続編を作るって話に驚いた。映画ってそんなにお金掛かるのね。
ハリウッドが売れる映画しか作らないわけだし、日本の映画の作りが甘いのも納得。

私の奴隷になりなさい(2012年製作の映画)

3.3

『こんな安い下着はつけさせない』ってシーンが好き。女に上等な下着をつけさせてやるのは男の甲斐性。
値段や余裕もそうだけど、ちゃんと見て反応してくれる相手がいるという証でもある。

欲望は生命力。人生や
>>続きを読む

ミニミニ大作戦(2003年製作の映画)

3.4

原題がこんなにかわいい邦題にされてるのかわいそう。
アクション映画だけどキャラクターがコミカルで面白かった。ミニで暴れるっていうのも可笑しい。

ジェイソン ステイサムやっぱりかっこいいな〜。しかも色
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ラスト、マイケルの顔に影が射すシーン、美しくて怖かった。
“マイケル”のアイデンティティだった妻と別れ、母を亡くし、実の兄を殺した彼はもう“マイケル”では無くなってしまった。
ファミリーのために尽くし
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

すいすい観れて面白かった。
ブラックスーツに赤い薔薇🌹を見れて嬉しい。
威厳あるマーロン ブランドの演技も素晴らしい。そこにいてくれるだけで安心する、力強い男。

マイケルが最初に会談を提案するシーン
>>続きを読む

ダーク・スクール(2018年製作の映画)

3.4

『乙女は美しいものに囲まれて休むべきでしょ?』という言葉が好き。
女学校ものはやっぱり良い。

こういうゴシックホラーはあんまり観たことなくて、怖さの中にも美しさがあって面白かった。
スペインのホラー
>>続きを読む

魔の刻(とき)(1985年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

『極道の妻たち』シリーズしか岩下 志麻を観たことなくて、こんなに柔らかい演技もするんだ!とびっくり。
坂上 忍だって全然分かんなくてエンドロールでようやく気付いた。
髪の毛生えてる伊武 雅刀に笑っちゃ
>>続きを読む

プラトーン(1986年製作の映画)

3.6

『黒人や高校も満足に出ていない底辺と呼ばれる彼らが、民主主義や自由のために戦っている』という言葉に考えさせられることが多い。

ウィレム デフォーの役 格好良くてどこまでもついて行きたくなる。

辺り
>>続きを読む

デス・トラップ 仮面を被った復讐者(2016年製作の映画)

3.0

『学校てのはサヨナラしたあとも、お前につきまとう』というアンディ パートリッジの言葉を思い出した。

マッドネス 闇に潜む者(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

マスクで顔を隠して怖がらせるホラーはありきたりだけど、でもやっぱり怖くて好き🤡

薬で頭がおかしくなってこんなことをしてる、っていう設定面白くて良い。

ぼんとリンちゃん(2014年製作の映画)

3.0

キツい。
オタクというイメージを体現した気持ち悪い演技が上手すぎて観ているのがつらい。
高杉 真宙が唯一の救い。

チャップリンの殺人狂時代(1947年製作の映画)

3.4

花束のカードにたった一言“お願いです”とだけ書かれているシーンが、恋愛というものの全てを物語っていて、ロマンティックで好き。

チャップリンの演技はフェミニンだから、老齢の女性との演技はどこか違和感が
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

ゲームのようなCG。
ゲームの世界に迷い込んだみたいで面白い。

ワンダーウーマン、強くて美しくて格好いいなんてズルいよ〜。
アクアマンが『髭の人魚姫』『フォーク男』って呼ばれてるの笑っちゃう。
エズ
>>続きを読む

>|