aさんのドラマレビュー・感想・評価

a

a

邪神の天秤 公安分析班(2022年製作のドラマ)

-

無戸籍問題、ウイルステロ、宗教団体による犯罪など。思想犯を相手にするって、どんな人達がやるのだろうなあ。難しい選択と難しい判断と正解がない結末の連続で、ドラマを見ていただけで、とても疲れた。

「思い
>>続きを読む

0

殺意の道程(2020年製作のドラマ)

-

WOWOWドラマを見続けた流れでこれを見たので、戸惑い、楽しんだ。
「AVを借りる時のショーシャンク的な?」という台詞が良かったなあ。

最終回の急展開、面白かった。

0

密告はうたう 警視庁監察ファイル(2021年製作のドラマ)

-

ダーーーーー
「どうでしたか? 密告の歌を聞き終えた感想は」
のくだりにびっくり。密告の歌って、これ(ダーーーーー)なのですか!?

「君は自らを頭で勝負するだけでなく、腹で勝負できる人間だと証
>>続きを読む

0

ソロモンの偽証(2021年製作のドラマ)

-

「人間は嘘をつくからね。時には自分すら騙して。」「人間は無自覚に自分を守ろうとするから」「無自覚な悪がはびこる」

映画を見たのは約10年前。覚えていたのは、クラスメートが校舎から落ちて雪に埋もれてい
>>続きを読む

0

両刃の斧(2022年製作のドラマ)

-

タイトルがすごくいいと思った。「目の前にいる相手に斧を振り下ろそうと思ったら、後ろにいる人を傷つける」。

家族を殺された人の痛みを叫ぶシーンが何度かあり、すごくつらかった。経験しないと分からない痛み
>>続きを読む

0

だから殺せなかった(2022年製作のドラマ)

-

自発的無関心、何もしない暴力。
「ジャーナリズムにこの深い罪が見えるか?」

青年が「あの人よりマシだと思うことで安心できるんです」と新聞を切り抜いて「不幸集め」をしていた。今のわたしのドラマ鑑賞もそ
>>続きを読む

0

不発弾 ~ブラックマネーを操る男~(2018年製作のドラマ)

-

「その手は存外にやわらかかった。この国は、こうした白くやわらかい手を持った人間が支配している」
日本の政治家の手のやわらかさ。
2世政治家が増えたことへの揶揄?

0

夜がどれほど暗くても(2020年製作のドラマ)

-

「被害者遺族と加害者遺族の双方に橋を架ことはできないんです。永遠に」
わたしは、現実に、そうとも限らなかった件を知っている。加害者の死刑執行後、被害者遺族と加害者遺族が連絡を取り合っていた。それはすご
>>続きを読む

0

雨に消えた向日葵(2022年製作のドラマ)

-

「被害者でもないのに、被害者感情を口にするな!」
被害者の家族は当事者じゃないこと、守ってあげられなかった自分を責めながら、隣でずっと見守り、待っていた。

0

セイレーンの懺悔(2020年製作のドラマ)

-

サイレンは、「セイレーン」が語源だと知る。セイレーンは、去年のちいかわの巨編にも出てきたけれど、ギリシア神話に登場する海の怪物。航行中の船の乗組員を美声で誘惑、難破させる半人半鳥の精。
マスコミには、
>>続きを読む

0

早朝始発の殺風景(2022年製作のドラマ)

-

高校生同士の推理もの。
みんな頭がキレる。
群像劇でもあり、色んな子が出てきて、ふと、自分の周りの友人たちと重なることもあった。

離婚した当初は月1回は家族で集まって食事していたけど、それもなくなっ
>>続きを読む

0

イアリー 見えない顔(2018年製作のドラマ)

-

洗脳って怖ーい!って話かな?と思ったけれど、単純ではなく、一人ひとりの人間の心理に踏み込む感じで、見応えがあった。
偏った民間療法、過激な新興宗教、またはそのような洗脳集団には歴史があり、自然発生的な
>>続きを読む

0

正体(2022年製作のドラマ)

-

「人生は不可解で、理不尽なものです。それが運命という言葉で片付けられてしまうのは、あまりに残酷です」
亀梨和也が好きなのです。
寓話的にうまくいく話ではあったけど、真面目な話な話でもあり、ラストシーン
>>続きを読む

0

60 誤判対策室(2018年製作のドラマ)

-

最終話、2人の父親の娘を思うそれぞれの気持ちに違いがあるのが面白かった。面白いというか、悲しかった。子どもが自分に駆け寄ってくる、その親の気持ちを親はみな知っている、わけではない。

ラストシーンの「
>>続きを読む

0

真犯人(2018年製作のドラマ)

-

夜に一気見。夜に見なきゃよかった。怖い話ではないけれど。いつだって人を失ったり家族で疑ったり、急に人生が変わってしまう恐れはあって、それが夜の暗闇で蠢き、怖さが増殖していくような。

熱い刑事の話だっ
>>続きを読む

0

名刺ゲーム(2017年製作のドラマ)

-

胸糞悪い設定と胸糞悪い展開で、何度か見るのをやめたけれど、最後まで見たら、すっきりした。こてこてのエンターテインメント。

0

テミスの求刑(2015年製作のドラマ)

-

「失敗は宝物」司法試験に落ちた娘への父の言葉。

ほかのレビューを読んだけど、確かに確かに、犯人が最初から怪しいというか、わかりやすいというか。

0

きのう何食べた?お正月スペシャル(2020年製作のドラマ)

-

息子がゲイで「神様」を頼って水だの壺だにお金を費やしてしまった親が金の無心をしてきた切なさ。
親にお金を渡す分、節約をしようと頑張る息子。
「俺のせいなんです」という彼に、
「気にすることないわよ!
>>続きを読む

0

警部補・碓氷弘一 ~マインド~(2018年製作のドラマ)

-

同じ日同じ時間に他殺自殺が何件も起きてしまうという話。
話は、心療内科、睡眠療法に移るのだけれど、「クライエント? クライアントではなく?」というユースケ・サンタマリアの台詞は、わたしも勉強した時にま
>>続きを読む

0

女系家族(2021年製作のドラマ)

-

遺産相続は人を変えると聞く。歳をとって、周りがそれを実証し始めた。額に関係なく、もめるもんなのだと知った。

この話は、遺産相続人以外の人間も変わってしまう。大番頭が徐々に悪くなっていき、亡き父の恋人
>>続きを読む

0

熱い空気(2012年製作のドラマ)

-

「家政婦は見た!」の類の原作らしいのが、この松本清張「熱い空気」。原作はもっと過激なようで、あらすじをよむかぎり面白そうだ。家政婦の徹底的な復讐。
このドラマではそれがふんわりしていて、結局なんだった
>>続きを読む

0

ブラックリベンジ(2017年製作のドラマ)

-

許せないと思っても、罪があるのは、相手だけじゃない。あなたも、自覚がないだけで人を傷つけている。想像以上に。そういうことだと思う。

復讐もの。寝込んでいた時のお供に見た(これを見ながら寝た夢は結構な
>>続きを読む

0

正直不動産(2022年製作のドラマ)

-

楽しかった。
風邪のせいか、各話、感涙しながら見た。感動的だった。「契約取るまで生きて帰ってくんな」と部下を送り出す。パワハラと不倫しかしない部長が良かった。

悪そうな奴を悪ーく見せているのに、結局
>>続きを読む

0

リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク(2013年製作のドラマ)

-

放映当時(10年前)好きだったラブストーリーの続編ドラマを再視聴。
ITで日本を作る血気盛んな若者の話なんだけど、それ以上にこてこてのラブコメで、むず痒い。
日向&夏井は、どちらも色々とおかしい。非常
>>続きを読む

0

神の子はつぶやく(2023年製作のドラマ)

-

緊縛の縄の数が増えていって、そのシーンが美しかった。今は分からないけれど、これまでSM業界でエホバ二世が活躍しているんだな〜と思ったことが何回かある。同二世はどういう心理でそういう方向に行くのか、その>>続きを読む

0

血の轍(2014年製作のドラマ)

-

あまりハマれず。
MOZU鑑賞後からの、公安へのイメージ、より悪く。こんな風に描かれ続ける公安ってなんなんだ?という興味も出てくる。

0

氷点2001(2001年製作のドラマ)

-

「わたしの心には氷点がある。氷点は心の沸点である」。まさにそんな感じの母(浅野ゆう子)。この人の苦しみが分からなかったけれど、そもそも娘を殺される母の苦しみが分かるかという話だ。
ドロッドロの物語×キ
>>続きを読む

0

名探偵・明智小五郎(2019年製作のドラマ)

-

「MOZU」のスピンオフか!? と思った。時効警察もちょっと入っていたかな。やかましかった。
難事件を解決する名探偵がIT系というのがいいと思った。時代反映。

0

夜光の階段(2009年製作のドラマ)

-

ナレーション(津嘉山正種)が良かった。この人の声をもっと聞きたい。

松本清張原作の映像は漏れなく見る!ということで今回も。懐かしささえ感じる安定感のある殺人事件。「愛しているわ」から殺意までを繰り返
>>続きを読む

0

MOZUスピンオフ 大杉探偵事務所(2015年製作のドラマ)

-

おっさんが、かっこつけていて かっこい。
大杉さんてのは、こてこてだな! 汚らしくて可愛いな。ブルドッグってあだ名もいいなあ。ルパン三世を見ているような感覚もあり。
もうこのシリーズもMOZUも新作は
>>続きを読む

0

MOZU Season2〜幻の翼〜(2014年製作のドラマ)

-

今度は主人公たちが拷問していた。

津城さんがやばい感じ。

これで終わりなんだろうなあ。ダルマのせいにして終わり。ダルマが津城さんに見える。こわい。……と思ったら劇場版があるの!? 見たい。

津城
>>続きを読む

0

MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜(2014年製作のドラマ)

-

タフな体がすごかった。死んでいない、なら動く。という理屈でどんどん展開していく。アクションドラマだった。

ハラハラドキドキ。直視できない場面ばかり。目を逸らして見ていたら最終話に突入していた。早く結
>>続きを読む

0

最愛(2021年製作のドラマ)

-

刑事ドラマで、サスペンスで、常に誰もが疑わしい。でも話が進むにつれ、絆や信頼が築かれていったり再構築されたりするのを感じて嬉しくなるのは、ドラマの見応えというやつですかね。
途中までしか見られていなか
>>続きを読む

0

微笑む人(2020年製作のドラマ)

-

事件や犯罪者について、分かりやすい物語にしたがる第三者への軽蔑を感じた。
殺人の動機を分からないままにしておけない人間心理。なぜだと問うてくるシーンが良かった。

二転三転する容疑者の人物像。
最後の
>>続きを読む

0

ワタシってサバサバしてるから(2023年製作のドラマ)

-

くだらなくて面白かった。がんじがらめの今の自分には運命の人に見えた、網浜奈美。
自分ファースト。他人を好きになるなら、それより自分を好きになりなよ。お酒はガソリン。口が軽い。ワタシってサバサバしてるか
>>続きを読む

0

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(2020年製作のドラマ)

-

「俺はおととい、人生二度の土下座をしてきたところだ(ドヤ顔)」に、いいなあと思った。「間違っても、また話せばいい」「自分の心にもちゃんと触れてみろ。結局、自分がどうしたいかだ」。本当にいい友人だ。見習>>続きを読む

0