megさんの映画レビュー・感想・評価

meg

meg

タピオカを茹でるだけの簡単なお仕事です

映画(200)
ドラマ(4)

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.5

アニメしか消化できない体にされちまったらしいんだ、ジョン

フレディVSジェイソン(2003年製作の映画)

3.1

ハロウィンと13日の金曜日未鑑賞なのになぜか見た、それが人生というものだ。

顔たち、ところどころ(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

フランスという場所とその言葉の響き方が流れる時間をゆっくりにしてるように思えた、君の名前で僕を呼んでのときも時の流れがゆっくりだった。
なんの前知識もなく行ったが、単調といえばそれで終わってしまうけれ
>>続きを読む

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

3.8

我々はほほえみデブの成長物語だと思いながら、前半を和気藹々とした空気で鑑賞し時には笑いを挟んだりもした。

前半40分ほどで笑う人は誰もいなくなりました。大体そんな感じです。

終わる前の15分ほどは
>>続きを読む

燃えよドラゴン(1973年製作の映画)

4.3

見終えた直後はハハーンwといったような感覚でしたが、日に日に程ジワジワきてもう一度見たいdon't think, feel!!!

もわわわわ〜〜んとか、ギィコギィコとか時代的にツッコミどころが結構多
>>続きを読む

聖☆おにいさん(2013年製作の映画)

-

途中でギブ

原作ファンで、ある程度自分の脳内でこんな感じ!という像ができていてまともに見れなかった。
ネタがネタだからか、読み切り漫画の方が通じやすくてもったいない。あとは声優さん使ってほしかった(
>>続きを読む

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(2011年製作の映画)

3.7

小さいときお父さんの少年期に読んでいたコミック本をおばあちゃん家の箱から掘り起こしたことがあり、西遊記とか三国志と入り混じってタンタンの冒険が発掘され1巻目で虜に。
なお最終巻がなく(ぐぬぬ)、果たし
>>続きを読む

グランドマスター(2013年製作の映画)

5.0

「カンフー映画を王家衛が撮った」だと楽しめず、「王家衛が映画を撮り、そこに出てくる人々がたまたまカンフー関係の人たちでした」という見方がある意味ちょうどいい。

どうしてあんな描写ができるのか…はじめ
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

深夜2時に軽いノリで見ようぜ!ということで朝まで鑑賞。紹介文からまさかこんな濃厚なものだとは思わず、「チャーリーとチョコレート工場のつもりでプレデター見ちゃった☆」な感じ。

まだ同性愛について偏見が
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

思ったよりも家族愛に満ちていて愛おしくなる作品だった。

詐欺の目的がバラバラになった家族を繋ぎとめたいという思いからであり、執拗にママには見せたか?というあたりや、飛行機から華麗に逃げた後に母親のと
>>続きを読む

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

3.9

夜一人でソルティーキャラメルアイスクリームを食べながら見始めたのだがケーキが出てきて死んで体液ブシャァして、長い間とっておいたソルティーキャラメルアイスクリームを食べていることを後悔した。
なお蓋をそ
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

3.6

大根仁って感じで成り立ってた。
配役逆では?と思っていたがこれはこれでかなりに正解だ。
やはりマンガってワクワクさせてくれる。

皇帝ペンギン(2005年製作の映画)

3.4

2005年制作だったとは知らずに鑑賞。
なんというかフランスっぽいドキュメンタリーだなと強く感じた。サイエンス番組の着眼点とは少し違う。
あと神木きゅんの声がかわいい。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.9

花澤香菜可愛すぎる説
非常に楽しんだが、四畳半とか見てない人にネタ伝わるのかなって思った、京都行きたい。

ルーム(2015年製作の映画)

4.5

17歳から監禁を受けた母親と違い、ジャックは「ルーム」で生まれ育つ。それゆえ母親とは捉え方が丸ごと異なる、皆が触れないようにする話題だがジャックはごく普通に「ルームに戻りたい」と話す。その大人と子供の>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.1

いとしゅんがよく授業で話してたのが懐かしい
あの頃に見ればよかったなぁ

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

5.0

南イタリアの美しい景色とゆっくりとした時の流れで、たくさんの人で溢れかえっていたはずの映画館なのにまるで一人っきりかのようだった。

まずタイトルがなんて素晴らしいんだという驚き。ぶっちゃけ最初に読ん
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

映画鑑賞のはずが2時間アトラクションに乗ってたかのようだった。
IMAX3Dで鑑賞したが、まず3D技術の進歩に驚いた。昔はあの赤青メガネのようなもっと子供騙しだった記憶があったが、それとは比べものにな
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.6

映画というかアートだった、宇宙系のやつって見ている間に撮影技術について考えることが多いが、完全に宇宙だと思い込んでる自分がいた。

IMAXで見たかった。

プレステージ(2006年製作の映画)

3.7

時系列も出来事も全体の流れがノーラン作品って感じ。
奇術モノで近頃見たのはグランドイリュージョンとかグレイテストショーマンとかだったので、内容でいうならば個人的にそこらのホラー映画よりも戦慄的。
スピ
>>続きを読む

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

3.9

ハングオーバーといいラストベガスといい何かしらとおバカ内容だったのが楽しかった。
エンドロールでSeptemberが流れてなんともスカッとする。
結婚するとなったらラスベガスに行きたい。

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

3.5

面白かったけど、前作のよさが発揮されきれてない気がした
基本的にアメコミなのにそこ?ってところで現実を突きつけてくるのはやられる

アルゴ(2012年製作の映画)

3.9

まさに映画のような出来事。
普通に映画として手に汗握るシーンも多く、その都度これは実話と思い出しては感嘆するばかり。
大の社会学苦手であるが、戦争の背景って深いんだなと思った。冒頭5分でアメリカって恐
>>続きを読む

>|