kaeru0801さんの映画レビュー・感想・評価

kaeru0801

kaeru0801

  • 87Marks
  • 6Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ふたつの名前を持つ少年(2013年製作の映画)

3.5

ユダヤ人の映画は本当に感動する作品が多い。ポーランド人がすごく優しかった。ユダヤ人であることは忘れるな と言ったお父さんの言葉を最後まで忘れなかったんだなと思った。自分が現在の日本に生まれて本当に幸せ>>続きを読む

ザ・プレイス 運命の交差点(2017年製作の映画)

2.5

淡々とした感じの映画だった。クライアントが自分の願いを叶える為にミッションを与えられる。いい事をして自分の願いが叶うのならいいが、それだけとは限らない。

楽園(2019年製作の映画)

2.5

キャストで期待してしまった分少し残念だったような気がした。結局誰が犯人だったのか本当の真実はわからないまま。それがなんだかもやもやした。辛いことを乗り越えても、また大きな辛いことが襲ってくる。その中に>>続きを読む

影裏(2020年製作の映画)

1.0

キャスト豪華な割に全然ぱっとしなかった。残念だった。

ジェニーの記憶(2018年製作の映画)

3.0

だんだんと真相に近づいていく、近づけば悲しい真実がみえてくる。特別扱いしてもらいたいとゆう幼いジェ二ーの気持ちは家での孤立などからくるのか、少しわかるような気がした。自分から終わらせることを伝えられた>>続きを読む

あなたにも書ける恋愛小説(2003年製作の映画)

2.5

なーんで男の人ってこうなんだ!とイライラする。ケイト・ハドソンの笑顔が素敵だな〜と思った。

ハスラーズ(2019年製作の映画)

4.0

クリスマスパーティーのシーンが最高に素敵だった。自分の家族と友達、大切な人に囲まれて、あんなに心の底から楽しめるなんて羨ましいなーと思った。大好きな作品になった。

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.5

あまり戦艦ヤマトとか知らなかったので、キャストも豪華だし観やすく勉強になるかなーと思い鑑賞。すごく面白い作品だった。菅田将暉さんの演技力は素晴らしいと思う。どんな役でもこなすな〜と思った。

トゥルー・クライム(1999年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかった!クリント・イーストウッドはやっぱり好きだなーと思った。最後の最後までハラハラ!早く!早く!と惹き付けられる作品だった。間に合って本当によかった〜

青の炎(2003年製作の映画)

3.0

一度観たことのある作品だったが、少し忘れているとのろもあったので二度目の鑑賞。二度目だけど最後までしっかり観れた。頭のいい少年役、どこか冷めたような役柄が二宮くんとてもうまく演じていたと思った。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

どきどきはらはら!目が離せなかった。ラストは衝撃だった!鑑賞後は疲れたーと思ったけど、それだけ入り込んでいたのか、とてもおもしろい作品だった。ゾンビ系あまり好きじゃないはずだけど、これはいい!

マラヴィータ(2013年製作の映画)

3.0

マフィア物の割にコメディチックな感じで楽しく鑑賞。おもしろかった。

スリーパーズ(1996年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!男の友情はかっこいいなー、素敵だなーと思った。
ノンフィクションっぽいと思った。
最後の裁判 神父さんの登場でドキドキして、供述で少しうるっときた。
みんなが再会してお酒を飲むシーンは自然
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.0

映像がほぼパソコンの画面だったのに飽きることなく見終えた。自分がSNS系にうといので、関心しながらみてしまった。後半の展開にはびっくりした。おもしろい作品だった。

ラストレター(2020年製作の映画)

3.0

人の死は悲しい。自殺は悪い事なのか?その人の人生の中で、辛い事や苦しい事を考え抜いて、戦って出した結果が自殺だった場合、人の死の理由に嘘をつくのは違うんじゃないかな。と思う。

アメリ(2001年製作の映画)

2.5

期待しすぎたのか、少し飽きてしまったのか、あまり集中して観れなかった。アメリはかわいいなー思った。自分があまり人の人生に大きく関わりたくないなと思ってしまうタイプだからなのか評価はあまりつけられなかっ>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.5

実話だとは思えない内容だった。リチャードジュエルは本当に心が綺麗だと思った。弁護士さんが助けてくれて本当によかったと思う。リチャードジュエルが若くして亡くなったのがすごく残念でした。

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.0

もう一度見返すと あー!ってなりそう。少しヴァージルかわいそうかなと思った。面白い伏線回収があるのだろうけど、物語的にはそんなに好きな感じではなかった。

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.5

面白いな〜と思った。
後半の方は薬物依存の恐ろしさがすごかった。
ボールペンを売り込む話しは有名で聞いた事があったが、本当に営業には勉強になることがところどころ入れこまれていたような気がした。
長い作
>>続きを読む

モンスター(2003年製作の映画)

3.0

胸をえぐられるような感じだった。愛を知らない人が愛に溺れるとこうなるのか。人間の愛の力って強いんだなあ。こうも人を狂わせてしまうのかと。

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最後までデイヴを疑ってしまった。最後のパレード前のジミーの奥さんのセリフが1番怖かったような気がする。

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.0

坂口健太郎こうゆう役多いなー。結局最後撃たなかったのかな?

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

3.5

キャスパーかわいい!
フィリップが何度も手を繋ぎにいくが、ブッチが振り払うシーンがとてもよかった。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

胸が苦しくなった。
これほど愛されたいと思ってしまうのは、自分が今不安定だからだろうか。

AI崩壊(2020年製作の映画)

3.0

この手の作品が最近多いから特別どうとかは思わなかった。
だいたい想像がつく展開だった。

>|