しゅにきさんの映画レビュー・感想・評価

しゅにき

しゅにき

劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦(2024年製作の映画)

3.8

平時のアニメのクオリティが高すぎるのもあって、特別めちゃめちゃアニメが動くとかはなかった。
音駒の夜久さんが好き。

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

4.5

原作大好きマンだけどとても満足した。
原作へのリスペクトを随所に感じる。尺もうまく纏めたなという感じ。
山崎賢人やるやん。

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

めちゃめちゃ面白かったけど、こんな狂気じみた結婚、絶対嫌だ…

観る人の主人公への印象を意図的に操作するような演出と脚本。すげぇなと思った。
残念だったのはデジーの懐柔と殺害あたり。割とそれは無茶なん
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.5

人を疑うのが仕事の刑事(キムタク)と人を信じるのが仕事のホテルマン(長澤まさみ)の凸凹コンビ。キムタクはやっぱりカッコいい。分かりやすい脚本。うおお!となる展開も特になく、綺麗めなサスペンスだった。

REBEL MOON ー パート1: 炎の子(2023年製作の映画)

3.8

すげー金掛かってるように思う。次世代スターウォーズを目指してるのか?ってぐらいスケールがでかい。パート1ってこともあって割と早足に話は進んで、サクサクと仲間が集まる。次パートに繋がるであろう伏線もちら>>続きを読む

パウ・パトロール ザ・マイティ・ムービー(2023年製作の映画)

-

娘の映画館デビューで観た。前作は鑑賞済み。前作と比べると暗いシーンが多くて、敵キャラも割と怖かったように思う。途中で「もうやだ〜」と若干ぐずってはいたけど最後まではどうにか観れた。

話は普通に面白
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.5

柳瀬川で出身芸能人対決するところがピーク。真面目に見る映画では絶対ない。

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

3.6

目を覆いたくなる残虐なピタゴラスイッチ。「ああ、コイツ死んだわ」って思ったやつは期待を裏切られることなくほぼ100%死ぬ。

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

4.2

前向きになれるいい映画。大人になってから観てもっと好きなった

SING/シング(2016年製作の映画)

3.8

グレイテストショーマンやんけ!って観てて思った。

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.5

子供の頃にトイストーリー観て育った世代を完全に撃ち抜いてきてる内容。ボロッボロに泣いた。

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.2

ニシンのパイは多分あんまり美味しくないと思う。

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

4.2

静かで熱い終幕が印象的だった。映画館で観てたら多分めちゃめちゃ泣いてた。

ヴィーガンズ・ハム(2021年製作の映画)

3.6

そんな雑な殺し方だったら絶対もっと早く足が付くだろ!wって思ったけどその辺はご愛嬌。

>|