ゲロゲリゲゲゲさんの映画レビュー・感想・評価

ゲロゲリゲゲゲ

ゲロゲリゲゲゲ

セイヴィア(1998年製作の映画)

3.8

全体的に激しくなくゆったりしててサラッと暴力が映ってる映像の落ち着きが少し怖い
映画で敵に見つかるかどうか人が死ぬかどうかのハラハラシーンは大体予想できてあまりハラハラしないけれど
大事にずっと守って
>>続きを読む

戦争のはらわた(1977年製作の映画)

3.7

戦闘シーンがかなり激しく砂埃まみれ
中々良かったのが幻覚見てる時の表現は他のジャンルの映画かと思うぐらい印象に残ってる

レリック(1997年製作の映画)

2.9

モンスター倒す時の女決めゼリフは
エレン・リプリーを超えれない
そしてほとんど真っ暗なグエムル
こっちのほうが古いけど

3-4x10月(1990年製作の映画)

3.8

花束に隠してたつもりの銃が発泡しちゃったり
銃のジャムを起こしてる最中に捕まったり実際ありそうな小さなハプニングがリアルと言うかシュールで好き

みんな〜やってるか!(1994年製作の映画)

3.1

たけしの映画はバイオレンス系が多いのに対してこれはクオリティが高いコントみたいでまさにドタバタコメディだった
ネタは面白いのもつまらないのもありで
やりたい放題作ってる側が楽しそう

影武者(1980年製作の映画)

3.3

めちゃくちゃ面白いってほどでもないけど印象的なシーンは好きだった

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

3.8

グロよりエロのシーンが多く
前の席のカップルは相当気まずかったであろうぼっちで見るのをオススメする映画

社会的な会話のシーンは少し難しい所もあったけど話自体はフランケンシュタインの成長という感じで絵
>>続きを読む

悪魔を見た(2010年製作の映画)

3.7

アクションも良かったからそっち系かと思いきや ちょっとやられた

地獄小僧(2004年製作の映画)

3.0

背景のクロマキー編集の雑さが目立つ
予算がなかったからなのかもしれないけど手書きの逮捕状は流石に笑ってしまった良かったのは原作の話が良いからか中々見れてしまう テンポも結構良くて見やすい
何より驚いた
>>続きを読む

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか(1984年製作の映画)

4.0

歌と凄い作画とSFストーリーを同時に見れてメカニックデザインに惚れ惚れして満足

これはメガゾーン23の時もそうだった

(1990年製作の映画)

3.7

狐の嫁入りも最後あたりの棺桶運ぶシーンも集団で移動するシーンが好き
雪山の話以外全部気に入った
ゴッホの話も好きだなこの映画ずっとボーッと見ていたい景色が多い
誰かが歩いてる時のBGMもゆったりしてて
>>続きを読む

御法度(1999年製作の映画)

3.5

松田龍平セクシーすぎじゃ
映像的にも昔の日本の派手過ぎない渋さがカッコイイ
最後のビートたけしが桜の方へ向かっていくシーンも好き

GUN SMITH CATS Chapter;2 Swing High!(1996年製作の映画)

3.7

有名なカーチェイスシーン
キャラデザも良いけど本当に銃と車の表現、作画が良い

鮫肌男と桃尻女(1998年製作の映画)

3.5

変なキャラの変なやりとりシーンと
たけしぽい銃撃戦が見応えあった

俺達に墓はない(1979年製作の映画)

3.5

こういうありふれた話をもう一回初めて見たかった

ニューオーダー(2020年製作の映画)

3.7

軍人の理不尽さにはイライラしてしまう
この映画見てただマイナスの感情しか出てこない
2015年のクーデターって映画と怖さが少し似ててわちゃわちゃしたリアルな怖さだけは良かった

鉄男 THE BULLET MAN(2009年製作の映画)

3.3

カメラが揺れ過ぎでせっかくのアクションシーンとか見づらかった
バツゼッケンのキャラがまだいるのは良かった鉄男のクオリティも高い

鉄男 II BODY HAMMER(1992年製作の映画)

3.4

前作の狂気さが無くなって新しく話が作られてる
前の方が好きだけどこれはこれでちゃんとストーリーが出来てて面白かった

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

4.1

オープニングからむちゃくちゃカッコいい
ビジュアル、音楽、役者が結構良かった ハイスピードで移動するシーン昔見たとき怖かったけど今見たらめちゃくちゃカッコよさにハマった
役者もなんか思ったりよ結構良い
>>続きを読む

HOUSE ハウス(1977年製作の映画)

3.4

丸尾末広のとかアングラ系を思い出す昔のサイケデリックな表現はチープな派手さが良かった

GUN SMITH CATS Chapter;1 The Neutral Zone(1995年製作の映画)

3.6

下着のセクシーシーンはあるけど
銃とマッスルカーのセクシーシーンも負けてない

ヒッチャー(1986年製作の映画)

3.2

激突とか他にも似たようなもの見たことあるからちょっと予想してしまう
景色綺麗だったり荒野で撃ち合いドライブだったりルドガー・ハウアーだったりちょっとした怖さが見れたのは良かった

迷宮物語(1987年製作の映画)

3.7

走る男と工事中止命令が気に入った
走る男は光も炎も綺麗で一つ一つ絵になる
工事中止命令は世界観と朝ご飯のシュールさ部屋の汚さロボット達のどうしようもなさが良かった

リベンジャー 無敵の復讐心(2018年製作の映画)

3.3

サブキャラのアクションは普通だけど
大悟とナダルを合わせたような主人公が出てくると一気にアクションが桁違い

HANA-BI(1997年製作の映画)

3.7

ジブリよりゆったり せつなく ほのぼのと人が死ぬ

エル・トポ(1970年製作の映画)

3.0

疲れてる時見るとボケーとしてて
見たことをすら忘れてた
でも服装とかカッコよかったね

アレックス(2002年製作の映画)

3.0

ストーリーが前後してるのパルプ・フィクションみたい……特に感想が出てこないや
この監督の別の映画見てみようかな

ウェス・クレイヴンズ ウィッシュマスター(1997年製作の映画)

3.4

実はワルワルのジーニーが人の願いを叶えつつ殺すスプラッター映画
あまり見たことないような変わった殺し方がバリエーション多くて面白い

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.6

昔のOVAアニメ 銃夢がかなり良かったので鑑賞

OVAではガリィで実写ではアリータに名前が変わってて多少変更はあって
CGの顔の違和感は少しあったけど全体的に楽しめた

悲しさはアニメ版より少しだけ
>>続きを読む

>|