Sayakaさんの映画レビュー・感想・評価

Sayaka

Sayaka

映画ビチ。ホラーじゃなくてスリラーが好き。

映画(338)
ドラマ(0)

そして父になる(2013年製作の映画)

3.8

血でも、時間でもないんだろうなぁ、と思った。血の繋がりがなくても、時間を過ごした分情は深かったり。
お腹を痛めている分、母の葛藤は凄まじかっただろうなぁ。自分だったらどうしたらいいか、わからない。
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.0

安心と信頼!
なのにちょいちょい寝てしまった〜
ツッコミどころで劇場がクスクスする感じ、好き。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.6

アニメを見ていたのでどうしても再現度で評価してしまうけど、キャスティングが最高、!
アニメにあった、病院で店長にマニキュア塗ってない足を見られたくないあきらのシーンが好きだったのでそこは入れて欲しかっ
>>続きを読む

子宮に沈める(2013年製作の映画)

2.3

ただニュースを見るだけでは分からないことを伝える、生々しすぎる再現映像なんだと思う。
でも映画としてはキツかった…

いぬやしき(2018年製作の映画)

2.5

まぁこんなもんでしょう実写版!
お父さんの家族内の地位も名誉も、お姉ちゃんの将来の問題、弟のイジメ問題、カツアゲされるサラリーマンの問題、何にも解決してないけどな!びっくり!
でも映画だけ見たら普通に
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

3.5

カラーの違う監督たちの作品、絶対まとまんないしファンしか楽しめないと思ったけど、思ったよりまとまっていた。
園子温パートだけ、少し馴染みが悪いように思えたけど、私が彼の作品の独特の台詞回しと世界観があ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.6

松岡茉優の魅力に目覚めた!
歌いながら、これまでの妄想を解除して世間との距離を嘆くシーンが切なかった。
共感できるところ多すぎ。

火花(2017年製作の映画)

3.6

ドラマが最高だったからどうしても比べてしまうけど、満足の実写化。
ドラマよりも芸人感は強かった!
マキさんのシーンはドラマの方が好きかな。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

独特な世界観、色彩と音楽がワクワクした。
声が出ない人、同性が好きな人、有色人種、敵国のスパイという差別されてきたり生きにくかった人たちがいて、ひどい扱いを受ける「彼」がいて、どこからが「人間」なんだ
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

4.0

満足の実写化。
クオリティ高い。
実写化する際、役者の年齢は無視すべきだと確信した笑

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

原作を読んでたから、再現度で評価してしまうけど、かなり満足。
原作と同じところで泣けるけど、プラスしてヴィアの演劇が素晴らしかった。

オギーは凄く良い子、というより凄く普通の子。悪口もいうし、ふざけ
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

2.5

会ったことのない祖父母の元を訪れたらなんか様子がおかしい…
無責任な母親と役に立たない警察
人間なのに幽霊みたいな登場の仕方する露出多めのおばあさん
無駄に勇気ある子供

全部ありがちなんじゃ〜
でも
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

2.9

可もなく不可もないアメリカンな単独ヒーローもの。
大統領の物分りが良くてかっこいい。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.6

安心と信頼のディズニー。心洗われる、暖かい海と浜の香りがしそうなさわやかな感じ。
ハワイの人の体型が好きです。体温高そうでいい!

花咲くころ(2013年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

内戦の最中、男尊女卑の村でいじめっ子とか強引に結婚させられる友達とかにイライラする14歳の話。
Mustangを思い出した。
終わり方は突然でびっくり。自分が気を失ったかと思った。
パンフレットを読ん
>>続きを読む

キカ(1993年製作の映画)

2.8

登場人物全員くせがすごいんじゃ〜
誰にも!共感できなかった笑
衣装や色彩はアルモドバル監督らしい感じなんだけど、それが相まって異世界の話のような感じ。

アイデンティティー(2003年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

可もなく不可もなく。
多重人格もので顔も違うのは、話としてはずるいと思う!笑

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

ひたすら明るくて楽しい映画!
99%優しくてあったかい人しか出てこない。
1見てないけど!
Downton Abbyの伯爵がいい感じにダメダメなブラウンさんで最高だった。
保険屋の無料点検とヨガの伏線
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.8

小2のときにようやくできた唯一の友達が、コンプレックスの根源であるイケメンで人気者の兄と付き合い始める辛すぎる話。
登場人物皆可愛いところがあって、悪役はいないし安心して見れる。
辛いのは自分だけじゃ
>>続きを読む

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

3.3

スナップショットのようなアメリカの大学入学最初の1週間という青春。
最近、行き過ぎた新入生いびりの映画ばかり見ていたので、先輩たちがダメだけどいい人(少なくともジェイクにとっては)だったのが良かった。
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

広告?のビジュアルに惹かれて鑑賞。
カニバリズムのグロい話だと思っていたら、思春期の少女の自我だったり、性だったり、生まれ持った本質のめざめを描いた思ったよりも深い話だった。
映画に出てくるたび思うの
>>続きを読む

ジュリエッタ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

電車で1人の男の人を失い、そこで出会った愛する人を失い、そのことで娘を失い、娘への執着で想ってくれる人を失う。
母親を失い、父親は新たな女性と弟を持ち、Julietaの居場所はマドリッドという街しかな
>>続きを読む

ひつじ村の兄弟(2015年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

薄暗い村で羊だけを糧に生きる仲の悪い兄弟の話。
終始暗いし寒い。
羊に対する愛と、最後は兄弟愛。
裸で抱き合って入る氷の穴は、母親の胎内のようで、素敵だった。
あまりに胸が動いていたのでグミーは生きて
>>続きを読む

悪人(2010年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

コミュニティの面倒を見て、真面目に働き真面目に恋愛する善人が、不真面目で倫理観の壊れた岡田将生に蹴られて置き去りにされた、見栄っ張りで傲慢な満島ひかりという"悪"のような人を殺す。
どんな悪人に対して
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ちょいちょい笑えて泣ける良作。
メアリーの、片目の猫が好きで、ピアノが欲しくて、いじめっ子は嫌いというところも、数学が得意ということとなんら変わらない大切な構成要素で、なんなら彼女をより魅力的にしてる
>>続きを読む

13日の金曜日(1980年製作の映画)

2.5

古典ということでとりあえず見てみた。
音の使い方とか、バカな若者ってところが古典的なところかな。
キャットファイトがしつこく感じた。いちいちトドメが甘いんじゃあ。

ユージュアル・ネイバー/マッド・マザー 生贄の少年(2013年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

かなりの見ごたえ!
ただ、原題が凄くいいのに、邦題のダサさ。
ただの過保護な親って意味でmadなのかと思ったら、生贄の少年がいて、でも違って、と裏切られるのは良かった。
子役含め役者の演技がうますぎ。
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

2.8

全然見る予定なかったけど突如観た。
SF好きには堪らないんだろうけど、説明が多くて寝不足の私は結構寝た笑
もう勝てる気がしないけど次も観ちゃうかもしれない。

招かれざる隣人(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

終始陰鬱。
隣人が脅威なんだから、あの牛乳は一番疑わなきゃいけないと思ってたよ!

生きてこそ(1993年製作の映画)

3.9

人間は群れでどこでも強く生きる動物だなぁ。
私なら最初の墜落で死ぬし、助かってもビーサンで搭乗しちゃうからすぐ死ぬ。
前にアマゾンかなんかに墜落する話を観たけど、ジメジメで変な虫も多いし暑いし、まだ高
>>続きを読む

レジェンド 狂気の美学(2015年製作の映画)

4.0

何回も見てるけど、セクシーで凶暴な双子が最高に美しい映画。
色々と作品になっている実話みたいなので、他も観てみたい。

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.0

実話なんだなぁ。
腐った組織と、そこでのし上がる野心だけはある男たち。
パワーの使い方…入社当初のピュアな諸星はどこへ
倫理観とか、正義感とか、色々なさすぎてわかんない!笑
植野行雄がよかった笑

>|