LEEさんの映画レビュー・感想・評価

LEE

LEE

映画(1194)
ドラマ(1)

狼たちの絆(1991年製作の映画)

4.4

久々に鑑賞!
タイトルはノアールっぽいけど本編は旧正月映画らしい非常に楽しい作品となっている
ユンファの休養明けの復帰作であり、レスリーの引退作(引退しなかったけど)でもあったので話題性はかなりあって
>>続きを読む

Debt Collectors(原題)(2020年製作の映画)

4.2

実はかなりスコットアドキンスのフィルモグラフィーの中でも好きな2バッドガイズの続編を鑑賞
邦題は2バッドバディーズで、ゲオ先行レンタルなのであまり知られてないかもしれないが相変わらず面白い作品だった
>>続きを読む

スパイチーム(2000年製作の映画)

3.4

今や大監督なウィルソンイップの初期作
当時のMIの流れに乗ったケイパーものとなっている



本作は結構どんでん返しがある映画なんだけどなんと90分にも満たないので、必然的に説明不足感が否めない
とり
>>続きを読む

バレット・フィスト(2005年製作の映画)

4.1

ドイツ産カンフーアクションムービー!
同主演の死亡特急が個人的にイマイチで敬遠していたのだが、それを後悔するぐらい痛快な一本だった!


先程カンフーアクションムービーというのはそれっぽい動きが出てく
>>続きを読む

1:99 電影行動(2003年製作の映画)

-

SARSが流行した際に作られた香港応援ショートムービー集
豪華な監督、俳優陣が参加している


一作品1分ぐらいなのでどうしても駆け足な感じはしてしまい、短編というよりはむしろちょっと長めなCMといっ
>>続きを読む

孫文の義士団(2009年製作の映画)

4.2

久々に鑑賞
昔見た時はあまりキャストを知らなかったんだけど、今見るとこれがとんでもない豪華キャストでそれを探して見ているだけでも楽しい作品だった



ストーリーの流れはローグワンに似た感じで目標のた
>>続きを読む

リトルトウキョー殺人課/リトルトーキョー殺人課(1991年製作の映画)

4.0

リトルトウキョーを舞台に二人の男が暴れ回る!ただそれだけの一本



本当にこの映画にはアクションと間違った日本しかなくて、それでいて80分にも満たないのでストーリーはスカスカだけどその他の部分はギュ
>>続きを読む

書剣恩仇録(1981年製作の映画)

3.9

ポリスストーリーでお馴染み楚原監督の武侠映画
とても賑やかな映画となっていた


賑やかな映画と書いたが、なぜかというと武侠映画なので登場人物が多く沢山のキャストが出てくるからで、ぶっちゃけ賑やかすぎ
>>続きを読む

ゼイリブ(1988年製作の映画)

3.5

地球に隠れる敵と戦え!
カルト的な人気を誇る作品を今更ながら鑑賞



お話としてはかなり壮大なモノではあるけど、この映画のスケールとしてはそこまで
大きくない
それが気にいるかどうかは人によると思う
>>続きを読む

センチュリー・オブ・ザ・ドラゴン(1999年製作の映画)

4.1

ホワイトストーム以前にも実現していたアンディとルイスクー共演の一本
香港映画の十八番、潜入捜査モノでバリーウォンが脚本ということでやや心配ではあったが、面白い作品に仕上がっていた


ストーリーは結構
>>続きを読む

サバイバル・ソルジャー(2013年製作の映画)

3.7

パッケージにはデカデカとヴァンダムがセンターに居座っているが、実は主役じゃない一本
でも予想より面白かった



なぜか社内研修でサバイバルをすることになるというぶっ飛んだ映画なんだけど、後半はさらに
>>続きを読む

デスペラード(1995年製作の映画)

4.0

ロバートロドリゲス監督作
一応エルマリアッチの続編ということになっている


一応続編と書いたのには理由があって、予算が増えたこともあり主演はアントニオバンデラスに代わり、ストーリーも続編というよりは
>>続きを読む

ホワイト・ストーム(2019年製作の映画)

3.8

やっと日本公開されたので再レビュー!
基本的にストーリーについて書いてます


1は三人の友情がメインで描かれていたが、2である本作は原題の通りとにかく麻薬を排除するという憎悪に溢れるものとなっている
>>続きを読む

キャノンボール2(1983年製作の映画)

2.9

伝説のオールスター映画第二弾!
実は見たことなかったので今更ながらの鑑賞
前作とは違い興行的には振るわなかったらしいが日本では引き続き大ヒットした


内容は予想はしていたけどかなり緩い笑
一応レース
>>続きを読む

霊幻道士2/キョンシーの息子たち!(1986年製作の映画)

3.7

舞台を現代に移した大ヒットシリーズ二作目
久々に鑑賞


本作はだいぶ前作よりマイルドになった印象が個人的にはする
そもそも前作ではただの脅威だったキョンシーが本作では人格があり、子供キョンシーの為に
>>続きを読む

征途 -英雄へのバトルロード-(2019年製作の映画)

4.0

テディチャン監督最新作がしれっとネトフリに追加されていたので鑑賞
スマホゲームが原作っぽいというのもあってナルトの中忍選抜試験〜木の葉崩しあたりを想起させる一本となっていた



大将軍を目指すという
>>続きを読む

ヒットマン(1998年製作の映画)

4.2

李連杰、ハリウッド進出直前の一本を久々に鑑賞
思った以上に楽しめた作品だった


当初の脚本ではプロフェッショナルな殺し屋李連杰がターゲットの幸せな暮らしを見てしまいプランが狂うという本作の遊園地のシ
>>続きを読む

Journey to China: The Mystery of Iron Mask(英題)(2019年製作の映画)

-

ジャッキーとシュワちゃんの本格対決が遂に実現!気になる一本を海外盤で鑑賞
ストーリーはぼんやりとしかまだ分かってないのでスコアはつけないでおきます


前も書いたが本作はヴィーの続編で、主人公の妻が主
>>続きを読む

香港、華麗なるオフィス・ライフ(2015年製作の映画)

3.2

過ぎ行く時の中でのキャスト、監督で贈る一本
ミュージカルという香港映画では中々見ない形態の作品となっている



舞台はとある会社で、その社員たちの姿を描いたモノなんだけど個人的にはあまりしっくり来ず
>>続きを読む

ブラック・イーグル(1988年製作の映画)

2.5

ショーコスギvsヴァンダム!
実は実現していた夢の対決を見るために鑑賞


ストーリーは007みたいなエージェントのショーコスギがある装置を回収するというもの
とても景観はいいんだけどもお話にメリハリ
>>続きを読む

ガンズ・アンド・ストレンジャー(2012年製作の映画)

3.5

スコットアドキンスが主演ということで鑑賞
噂通り中盤がすごい作品だった


話の流れとしては結構古典的、ベタな感じでそれは別に問題ないんだけど、個人的に嫌だったのは編集
とにかくいちいち編集がやかまし
>>続きを読む

ヒート・ガイズ 傷だらけの男たち(2004年製作の映画)

4.1

やはりダンテラム監督作で警察モノとなるとハードな作品をどうしても想像してしまうが、本作はいい意味で緩くて楽しい作品となっていた



一応宝石強盗を追うという警察としてのミッションは軸として存在するも
>>続きを読む

レジェンド・オブ・ヴィー 妖怪村と秘密の棺(2014年製作の映画)

3.2

ジャッキーとシュワちゃんの共演作であるヴィー2を購入したので、ちゃんと前作を予習しようと思い鑑賞
現在は小説で以前にも映画化された題材らしい



ストーリーはヴィーという伝説の妖怪見たいのが村にいる
>>続きを読む

少林キョンシー(2004年製作の映画)

3.4

新世代キョンシー映画!


主演は霊幻少林拳で偽キョンシーを演じていた劉家輝
劉家輝が道士役というのは中々レアだがやっぱり厳格な師匠役はハマっていた
ストーリーは予想通りではあるがあんまり褒められたも
>>続きを読む

群狼大戦(1989年製作の映画)

3.8

ごく一部の一部の映画ファンの中では有名な一本
ラストのスタントシーンでムーンリーとジベールフーが大火傷して、その映像を使用しそれすらも話題のタネにしようとした香港映画界の節操のなさが伝わってくる作品
>>続きを読む

七人楽隊(2020年製作の映画)

5.0

企画の発端を聞いた時からずっと気になっていた一本
巨匠たちが香港の歴史を描いていく作品となっている


洪金寶は京劇学校のお話で、洪金寶を指導する先生役が彼の実子のティミーハンというのがまた泣かせる
>>続きを読む

ナイトシューターズ 処刑遊戯(2018年製作の映画)

4.0

ネトフリの脱出で見事なアクションを披露したジャンポールリィが出演しているということで鑑賞


取り壊し予定のビルで映画撮影してたら処刑に遭遇してしまって…というダイハードタイプの一本で、予想以上に面白
>>続きを読む

男たちの挽歌 REBORN(2017年製作の映画)

2.7

香港映画史に輝く伝説の名作のリメイク
いろんな意味で今の中国っぽい作品だった


ストーリーは最近の中華圏でのトレンドの日本でのロケも取り入れつつも原作と同じように基本的には進んでいく
結構原作にあっ
>>続きを読む

ビルとテッドの大冒険(1989年製作の映画)

4.1

最近第三弾も作られたキアヌの代表作の一つ
予想以上にふざけてて楽しい一本だった


映画の中でタイムスリップをする理由は色々あると思うが、単位を取るため!というあまりにもバカバカしい所が本作の素晴らし
>>続きを読む

乱暴な記録(2019年製作の映画)

3.7

韓国アクション映画界を代表するチョンドゥホンの久々の主演作という事で鑑賞
期待を裏切らないものとなっていた



ストーリーは色々なものを抱える三人がメイン
だけどもうちょっとチョンドゥホンの過去を悔
>>続きを読む

サンダーストーム 特殊捜査班(2018年製作の映画)

3.9

日本では単作としてリリースされてるが実は風暴シリーズ第三弾
前二作はネトフリで見れます
正直前二作を見てから間が空いたのでだいぶ人物関係など忘れている所があるが楽しめた


ストーリーは登場人物もそこ
>>続きを読む

ファイティング・with・ファイア(2019年製作の映画)

3.8

ジョンシナ主演のコメディ
三人の子供と暮らすという点ではジャッキーのダブルミッションを想起したりするが、あっちはジャッキーが子供たちを変えていくのに対して、本作は子供たちがジョンシナを変えていくという
>>続きを読む

ダブルフェイス 潜入者(2019年製作の映画)

3.7

私生活でも仲がいい安志杰とフィリップンが共演しているという事で鑑賞
蔣璐霞、ヴァネスウー、林雪、謝霆鋒など見知ったメンツが出ているのも嬉しい



ストーリーはぶっちゃけとても褒められたものではない
>>続きを読む

アイ・アム・レジェンド(2007年製作の映画)

3.9

ずーっと別エンディングが…と聞いて気になっていた一本をやっも鑑賞


とりあえず見て感じたのは珍しいゾンビ映画だなぁということ
やっぱりゾンビ映画は後半どうしてもコミニティ同士の内紛みたいな人間性のお
>>続きを読む

少林キッズ(1995年製作の映画)

3.4

少林サッカーブームの時にリリースされたからかこんなタイトルになっているが、本当は酔拳2の便乗作で原題は小酔拳
主演は酔拳3や少林寺十八銅人などの季天笙



タイトルからも分かるようにあくまでもメイン
>>続きを読む

霊幻道士 こちらキョンシー退治局(2017年製作の映画)

3.8

現代を舞台としたキョンシー映画
でも霊幻道士2のような感じではなくゴーストバスターズに近いかも
最近キョンシー映画に沢山出てる錢小豪(最新作は一眉道人らしい…!霊幻道士5の原題と同じ!)や霊幻道士3の
>>続きを読む

>|