238

238

映画にわか大学生。感想とかレビュー苦手だからサラッと一言。

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.0

HDDに録画してあるものを発見し久しぶりに視聴。

何年経ってもファンたちの考察を白熱させる不思議さがこの映画の最大の魅力。実際に存在しているかのような細かい設定や構成、非日常な見た目でありながらどこ
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.9

暴力の描写が非常に多いけど、クラシックなどのBGMで不謹慎ながらなんだか心地よい。またそれもスタンリー・キューブリックらしさなんですかね。

イントゥ・ザ・ブルー(2005年製作の映画)

3.2

とにかく映像が美しい。カリブ海の透き通った海や熱帯魚、ビキニのチャンネー(死語)。ありきたりなストーリーではあるが、水中でのアクションはなかなか新鮮味を感じる。

沖縄いきてえ。

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.2

経済学を少しでも齧ったことのある人ならきっと知っているであろうゲーム理論のジョン・ナッシュさんのお話。天才というのはどうしてこうも苦労と隣り合わせの人生なのだろうか…。
ジョンが今見ているのは幻覚なの
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.6

今までで観た映画の中で最もグロテスクな映画だが、登場人物たちの狂気さがそれを全て掻き消す。「後戻りできなくなる」「救いようがない」と分かっていても最後までドキドキしながら観ちゃうんだよなぁ。ただ、演出>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.3

結局この映画で何を伝えたかったのか分からなかった。俺の感受性の低さが悪いのか。でも、役者の演技は凄い。キャリアに傷をつけてしまうのではないのかというほどの狂気っぷりを観させていただいた。

日本版ファ
>>続きを読む

世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011年製作の映画)

3.8

ありきたりな対エイリアン映画のストーリーではあるが、小隊がメインの設定は真新しさを感じた。だって大体はなんか1人強い主人公が無双したりとか、政府がでてきたりするじゃん?

ただドンパチやってるだけでは
>>続きを読む

クローバーフィールド/HAKAISHA(2008年製作の映画)

3.1

公開当初、やたらと話題になってた印象のある一人称視点の映画。こういうのPOV方式って言うんだね。

対モンスターのアクションスリラー映画ではあるが、主人公たちは逃げ惑うだけ。なので、愛だったり助け合い
>>続きを読む

ホワイトハウス・ダウン(2013年製作の映画)

3.8

非常にありきたりな内容ではあるが、ホワイトハウスが舞台ということで、なかなか面白い。
主人公の機転が利き、テロリストに対して上手く立ち回れたというのもあるが、その遺伝なのか娘も天才レベルだった。

>>続きを読む

マスク(1994年製作の映画)

3.4

内容は薄いけど、コメディながらしっかりとしたストーリーはある。変身後のジムキャリーのクレイジーさは大人も子供も楽しめます。

犬ゲー。

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

3.8

小さい頃から何度か観ているが、しっかり観たのは今回が初めて。
SFって設定によっては全然ハマらないのあるけど、これは俺の中でアタリ。ただグロテスクなシーンが以外と多いので注意。

猫がかわいい映画。

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.4

中盤のテンポの悪さを除けば良質なサスペンス系アクション。終盤まで誰が味方で誰が裏切り者なのか分からずハラハラしながら鑑賞しました。リーアムニーソンのダメオヤジ感好きだ。

スライディング・ドア(1997年製作の映画)

3.7

地下鉄に間に合ったか間に合わなかったかで主人公の運命がどう変わるかが並行して進んでいく異色の映画。1人の女性の2つの運命がザッピングされながら物語は進んでいくが、髪型が違うので分かりやすい。ただ、もう>>続きを読む

シリアル・ママ(1994年製作の映画)

3.2

ナイフを持ち鬼気迫った顔で道路を駆け抜けるシリアル・ママ、強い。殺害動機がなかなかサイコ。

夫役が草刈正雄に似てる。

メメント(2000年製作の映画)

4.3

これ脚本すごいわ。
最初は全然意味が分からなかったけど、仕組みが分かってからは一気に惹きこまれた。
ただ、救いようのない主人公なので、この後のことを考えたらなんだか不憫。

さて、なんだっけ?

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.5

ちゃっかり初鑑賞。
スパイ映画というジャンルだと制作年などを考慮すれば最高レベルの興奮度。
ただ、黒幕が分かりやすかったかな。

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.7

しっかりSFの設定を活かしたサスペンスであり、核心に迫っていくにつれて引き込まれていった。

なんか「ガタカ」の時にも書いたけど、自分の未来は自分で変えることができる ってことです。

近未来SFはい
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.9

まず何よりも脚本がいい。バラバラな時間軸やセリフが繋がっていく過程に引き込まれる。考察を併せて読むとより楽しめる。

何かとヴィンセントのトイレがキーとなる映画だな(笑)

茄子 スーツケースの渡り鳥(2009年製作の映画)

3.5

ジャパンカップなので割と地元。
前作から数年経ってることもあり、レースのシーンや風景などは格段に良くなってる。

マルコの自殺やザンコーニのリタイアなどいろいろ考察する点があるが、決して説明不足という
>>続きを読む

茄子 アンダルシアの夏(2003年製作の映画)

3.4

趣味としてロードレースを観るんだけど、設定やレース展開は割と忠実。
半ば自由契約を言い渡されたり、恋人を奪った兄の結婚式の当日など複雑な状況に置かれたぺぺ・ベネンヘリの葛藤が如実に描かれている。

先生を流産させる会(2011年製作の映画)

2.4

かなりショッキングな内容。
実話がベースだが、ググってみるとなかなか改変されている点が多い。実際の事件では確かに「先生を流産させる会」というグループ名であったらしいが、稚拙なイタズラで殺意や計画性はな
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.3

遺伝子操作によって、適正者と不適正者に区別させられる未来のはなし。
自分の運命は自分で切り開けるということですな。特にラストは響くものがある。

SFというよりヒューマンドラマだから感情移入しやすかっ
>>続きを読む

舟を編む(2013年製作の映画)

4.2

長い年月とたくさんの人々の努力が詰まっている辞書。たまには紙辞書も使ってみるのもいいかも。

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013年製作の映画)

3.4

アクションだけでなくヒューマンドラマも楽しめる。いろいろ起きるけど結局本当に悪かったのは真犯人だけ。

3も観ような。

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.7

テンポ良く飽きることなく観賞できた。
夜の歓楽街の景色ってのはやはり映えるものがあって、冬のススキノに行ってみたくなった。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.9

壮大な追いかけっこ。
いやお前17歳かよ。17歳っていったらピザまん食いながら友達と帰宅するとかだろ普通。
まぁそれは置いておいて、17歳からの数年間だから、詐欺師、逃亡犯でありながら精神的にも成長し
>>続きを読む

パニック・フライト(2005年製作の映画)

2.9

なんでも大げさにしてしまう邦題の悪いクセが出てる。
飛行機を降りてからの攻防の方がハラハラする。

ビーン(1997年製作の映画)

3.1

通学の良い暇つぶしになりました。
ただ共感性羞恥つよめなんで少しつらい。

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.3

メインの3人のキャラ、どれも個性的。複雑な事情を抱えている3人だけど、すんなりと感情移入できた。

もちろんフィクションなので全てが上手くいく話にはなっているが、普通に楽しめるしほっこりするよ。

プレミアム・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.5

カーアクションでは感じられないようなまた違ったスピード感があっていいね。
ニューヨークのメッセンジャーを題材にしてるってだけで珍しいので、飽きることなく観賞できた。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.7

アウトローってちょっと憧れるわ。程遠いけど。クスリの幻覚のシーン好き。

これ最後は逃げ出してるけどT2でぶっ殺されたりしてない?大丈夫なの?

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.5

多少詰めの甘いところがあるが、ストーリーは楽しめる。良くも悪くも湊かなえらしい。

SNSには気をつけていこうな。

マダガスカル(2005年製作の映画)

3.2

ファミリー向けの映画はいい休憩になるのでたまに観たくなる。
日本語吹き替えのキャストが割と豪華。

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

3.8

伊坂幸太郎特有の叙述トリックがしっかり映像化されていた。あんまりネタバレになること書けないが、俳優ってすげーな。そう見えるんだもん。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.7

催眠術が万能すぎることを除けばとてもいい映画。前作同様、盛大なミスリードがあると予想して観賞、でもしっかり騙された。
ただ、シナリオで言えば前作の構成の方が良かったです。

PK(2014年製作の映画)

4.7

多宗教であるインドではなかなかの挑戦だったのでは。神って何なんだろうな。

同じ監督のインド映画「きっと、うまくいく」があまりにも良かったのでレンタルしてみた。
あの案件はどうなったんだろうと思い出し
>>続きを読む