村井優一郎さんの映画レビュー・感想・評価

村井優一郎

村井優一郎

映画(145)
ドラマ(1)

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

4.0

黒人の人種差別の問題って自分達にとってはあんまり馴染みのないものだけど、似ているような状況や問題には常に関わっているなぁとは思う。
そういうときに正しいことをしましょうっていう映画だけど、そんなことを
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

村井は美女と野獣がものすごく好きなんだけど、なんで好きかって疎まれる存在である野獣が普通の人間の女の子と恋をするからなんですよね。この映画が嫌いなわけない。

しかもこの映画、半魚人との恋を全く否定し
>>続きを読む

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

4.2

正直クムジャさんのやったことは何一つ理解が出来ない。でも最後のシーンで納得はしてしまった。きっとクムジャさんが許されることは無いのだろう、、、

顔のアップがすごく印象的。しゃべれなくても目で感情を伝
>>続きを読む

台北の朝、僕は恋をする(2009年製作の映画)

4.3

緩いユーモアとか登場人物がみんなちょっとダサかったりとかとにかく最高に村井好みだった、、、久々に超悶えた
監督の台北愛がすごく伝わってきてそこもよかったなぁ

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.8

若者特有の、抗えない愚かさみたいなのがとてもきつい映画。映像がきれいな分またきついよね、、、
不穏な空気の作り方が独特。効果音がとにかく不快。

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.7

縁あってこの監督の作品はよく観るけど、ほとんどテーマがおなじやないかい、、、でもそういうの好きです

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.5

ジムジャームッシュは短編の方が好きだなやっぱ、、、
でもウィノナライダーがタバコを吸いながらガムを噛むのはなんか嫌だった。ずっとそのガム捨ててくれって思ってた。

永遠の僕たち(2011年製作の映画)

3.5

たまにはこういう純粋な恋愛映画も観たくなるよね。

浮草(1959年製作の映画)

4.0

今まで普通の人々を描いてきて、そういう人たちの苦しみだとか思うことを映画にしていた印象だけど、今回は普通の親子じゃないからこその、苦悩の話だった。
序盤の釣りのシーンとか小津安二郎自身が感じてることな
>>続きを読む

今年の恋(1962年製作の映画)

4.2

木下恵介でずっとおすすめされてた映画、やっと観賞。

お腹一杯で、しかもお酒も飲んでて最高に眠い状態で見たけど、展開早いしすんなり見れた。

中盤辺りからずっとニヤニヤしちゃうような展開で最高にいい気
>>続きを読む

早春(1956年製作の映画)

4.5

なんか設定的に重い話なのかなって思って避けてたんだけど、すごくよかったなぁ。奥さんはずっと表情には出さないけど、色々な感情が混じっている感じが本音と建前って感じでとても日本的だなと思った。
影の使い方
>>続きを読む

少年と自転車(2011年製作の映画)

4.0

親の心子知らずといったかんじ。無性にツナサンドが食べたくなってしまった。

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

3.6

西も東もそれぞれ違ったおしゃれさがあってよいなぁって思いました

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.8

頭悪いからあんまり理解できた気がしないけど、なんか迫力とかすごかったです

次の朝は他人(2011年製作の映画)

3.6

同じような場所で同じような時間を過ごすんだけど、毎回少しずつ状況が変わっていて、、そういうところに趣深さを感じました。
映像の効果もあってか、韓国語がフランス語に聞こえた。

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.5

ゼミ合宿の疲れもあるんだけど、図書館でこれを観てものすごい感動してしまった。
色んな人がこれを観て許された気持ちになって、そんな映画を撮れる人ってどれだけ素晴らしいだろうって思いました。

恋人たち(2015年製作の映画)

4.7

昨日この監督の対談動画みたいなやつ観てボロ泣きしたんだけど、映画観てもボロ泣きしてしまった。
とても優しい映画。監督がマザー・テレサ並みの包容力。
正直メインストーリー以外のやつはこの映画に必要か?っ
>>続きを読む

東京流れ者(1966年製作の映画)

4.4

ハードボイルドすぎん?
構図もがっちり決まってたし、セリフもかっこよすぎ。こんなかっこいい映画あるかよ、、、って感じだった。
ただ今の感覚だと渡哲也の服装はダサい。

パターソン(2016年製作の映画)

4.7

この映画を見たあと、「詩 楽しみ方」で調べた。なるほどなと思った。

好きなシーンがいっぱいあって最高だったなぁ。

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

4.3

何日前に観た。
コーヒーとタバコを吸いながら過ごす時間、という繋がりが所々会話にも表れてる。単純に観てて心地良かった。

有りがたうさん(1936年製作の映画)

3.7

結構前に観たやつ。ばあちゃんが主役の上原謙が大好きだったって話を聞いて思い出した。まあかっこいいよなぁ。
昔の映画の話をおばあちゃんとしたりとかすると、さらにその時代のこととか知れて、感情移入できるね
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.6

飛行機で観てた。アニメ版とは違うところもあり、そこがなかなか良かったなぁ

ゴースト・ドッグ(1999年製作の映画)

4.4

ジム・ジャームッシュとwu tang clanのRZAでしょ、嫌いなわけないんだよなぁ。
音楽が普通にかっこいい。最後のシーンにかかってる曲ちょっと坂本龍一っぽくてこんな音楽も作れるのかと。
最初はシ
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

3.2

恵比寿ガーデンプレイスで鑑賞。いまいち良さがわかりかねるところはあったけど、ララランドの元ネタはこれかーってなったら、より一層ララランドが好きになった。
同じ年代のカラー映画ならカルメン故郷に帰るの方
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2013年製作の映画)

3.5

これ高2のころに映画館で見たんだけど、インターン先でもう一回観ることになった。俺はウィンドウズユーザーだけど、これ見るとマック使いたくなるね。
どうでもいいけどインターン先の代表がスティーブジョブスの
>>続きを読む

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

3.5

これにシンパシーを感じて大事なTSUTAYAの新作無料チケットを使ってしまう悲しさ。
なんかもっと救われてほしかったな…。主人公に対してなんとなく気持ちがわからんくないからこそ、映画くらいでは救われて
>>続きを読む

2つ目の窓(2014年製作の映画)

4.7

すごいパワー。こんなに「生」を感じた映画は初めて。