Nさんの映画レビュー・感想・評価

N

N

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

-

90年代のレオ様をどうしても映画館でお目にかかりたくて午前10時の映画祭で鑑賞。

この映画が前からずっと見たかったあまりにエンディングが近づくにつれて、ロミオに焦るな!ちょっと待て!って言いたくなっ
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

-


大切な誰かを失って新しい場所に定住せずに転々とするのも、それはそれで断続的に寂しさを感じてしまうのでは。
だけど新しい場所に定住したら大切な人と住んでいた場所とか、雰囲気とか忘れてしまうのかな?結局
>>続きを読む

好きだった君へ: これからもずっと大好き(2021年製作の映画)

-

2人ともそろそろ高校生の役するのはきついな…とは思ったけど好きです

BLACKPINK ライトアップ・ザ・スカイ(2020年製作の映画)

-

デビューするまでの練習生としての期間って本当に大変なんだな…デビューが絶対に約束されてるわけじゃないし…
4人のステージ上のパフォーマンスは練習生時代の期間があってこそなんだな…

いつもキレキレのダ
>>続きを読む

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

-

アンハサウェイが想像していたよりもしっかり怖くて1人でびくびくしてた…笑
てっきり子供向けだと思ってたけど、そうでもなかった

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

-

詩を朗読していた時に、登場人物が話し合っていたそれぞれの見解(振り返るとか振り返らないとか)が結末にもしっかりと反映されていて、なるほどなあと思った
美しい映画だった…

ノッティングヒルの洋菓子店(2020年製作の映画)

-

原題が’Love Sarah’なのを鑑賞中に初めて知って、あれ、どんな映画なんだ?と思いながらみました。
邦題が『ノッティングヒルの洋菓子店』なわりにお菓子一つ一つがそこまで取り上げられてなかったな〜
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

-

自分のおばあちゃんのこと考えちゃってうるうるした…
おばあちゃんってどこか安心感があって、いつまでもそばにいてほしいって思うんだよな…



大学でアメリカに渡った中国人が書いた文学を少しだけ読んでた
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

-

お互い大してなにも言わないからこそいろんなこと想像しながら見れてとっても好きだった!!

ドランの作品を他に見たことないから見てみることにする。ぜったい私好みだ

エノーラ・ホームズの事件簿(2020年製作の映画)

-

エノーラの一人(alone)に対する考え方、とっても良い。


エノーラの生き様がかっこよかった〜これはお気に入りの映画になりそう

スキャンダル(2019年製作の映画)

-

声を挙げたくても自分の立場を考えるとできない… こんなジレンマが女性を苦しめてるなんて、なんて生きづらい世の中なのか


「あなたはフェミニストなの?」っていってるシーンが何回かあったけど、フェミニス
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

-

ゴシップガールでしかブレイク見たことなかったけど、これ見て彼女のこと大好きになった
オーラがものすごい

>|