alfさんの映画レビュー・感想・評価

alf

alf

映画(1000)
ドラマ(4)

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ヴ、ぅおうッ、、ってIMAX映画。
初!GTテクノロジー体験。

現役の〝映像〟世界王者ですね、ノーラン博士。時代のトップ。
着想から想像膨らまして撮影、製作とどの工程もレベルが突き抜けてるんで、とて
>>続きを読む

ミッション(1986年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

1750年イエズス会の布教と、国の領地争いの狭間で蹂躙された先住民ガラニ族。
歴史的背景、宗教に無知すぎて枢機卿って何?レベル。視察楽しそうだったじゃない。
「地獄の黙示録」よりはこっちのロケ地をゴー
>>続きを読む

クレージーモンキー/笑拳(1978年製作の映画)

4.1

Jチェンのバトル好きにはマストな良作。
タイトルとジャケのイメージとは全然違い、ほぼ戦いっ放し。でも笑える。
修行シーンも楽しい。上半身ごつっ!
椅子とか甕を使ったり、真剣使いを三人同時相手にした身の
>>続きを読む

家族(1970年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

長崎から北海道へ酪農開拓に移住する3世代一家。
おじいちゃんと民子さん(噛んでても美人)の関係がなんかいい。

ひたすら列車で移動。車窓からの風景もありのまますぎて、無駄な加工がない。

不意な不幸。
>>続きを読む

アポロ 11 完全版(2019年製作の映画)

2.5

1969年人類初月面着陸8日間の旅。

なんでかなぁ、興奮できず。
ドッキングとかランデブーにはドキドキしたけど。

いっつも思うけど、打ち上げの初動速度おそっw
各駅電車よかノロいから底焦げつかんの
>>続きを読む

月世界旅行(1902年製作の映画)

-

1902年製作て!とんでもなく稀少〜
NASA設立の1958年よか半世紀前。
ある意味フランスが世界初でしたね。

この頃の人類のマジカルなイマジネーションにも、逆に現代までの傘の進化のNASAにも驚
>>続きを読む

ニューオリンズ(1947年製作の映画)

3.9

クラシックオペラ歌手のメラリーと“ラグタイム”のサッチモによる、瞳キラキラ〜 vs 退屈の真逆をいく黒光り対決1917といった話。(嘘)

家帰ったらビリーホリデイが弾き語ってはる〜!

【憂鬱な時も
>>続きを読む

心の旅路(1942年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

これはすごい。脚本が完璧中の完璧!
めずらしく邦題までも完璧。
時間の経過、細かな演出も巧い。
いろんなドキドキを味わった、目頭ジワジワ系最高峰名画。

1918年英国。
戦争で過去の記憶を一切失って
>>続きを読む

地球の静止する日(1951年製作の映画)

2.6

【私は あなたほど人を疑ってない】

警備うすっw
描写とかキャラ使いがいろいろ勿体なくみえちゃう。

静止とはそういうことか。
被害例考えてみると楽しい。ワシントンは正午でもよそは時差もあるし。
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

3.9

撮影、セリフ、音楽なんかが、江戸っ子には少々バタクサく映ってしまった。
浮かび上がれぬ状況に暗ーくなる。
乱暴はいかんぜよ。。

でも、事件が起きるたびに何度もじ〜ん来る。
演技も幅広!(「ルーム」の
>>続きを読む

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

探検家ゆえにパジャマに着替えてからトンネル掘ったのか?
暗いマックスであろう行進時の音楽に、何故かやる気感じなくて減点。

ナチ映画あるあるの美男美女いるいる。
ヴェラファーミガの演技力はバケモン。

こわれゆく女(1974年製作の映画)

4.3

ジョン・カサヴェテス“レトロスペクティヴ”
フォローしている方のレビューで知り、今作だけすべり込みセーフ🙏


これまた読解力のほしくなる映画。
こっちはホロリきたーって瞬間、劇場は笑いに包まれてたり
>>続きを読む

BULLET BALLET バレット・バレエ(1999年製作の映画)

3.0

タツヤ観たさで、チャカ関係。
クソ東京で注射禁止系のあたい系。

【夢ん中でひと殺したら罪になるか?】

白黒のよさと疾走感は伝わったが、手ブレと鼻息の荒さが気になりました。



別腹はシャーベッツ
>>続きを読む

スモーク(1995年製作の映画)

4.3

今までに散々おすすめ映画として小耳に挟まっていたこいつをついに。

スロースタート?スローダウン?
掴みどころのないくゆったお話。
繋がり、存在、行い、罪。そして友達。

ジャケ勝ちクリスマス・ストー
>>続きを読む

ドライビング Miss デイジー(1989年製作の映画)

3.7

エイクロイドはん、何か好き。
おもろ顔だしいい人って感じ。

【心配するな 世界の終わりじゃないよ】

フリーマンさんのツボ笑いに誘われ、タンディさんとの墓参りにホッコリ。
ハンスジマーマジックも。
>>続きを読む

シャイニング 北米公開版(1980年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

このバージョンは初めて。
前観た120分版の記憶もとぼしく、観たことのないシーンが多くてより解明が進んだはず。

今作のジャックは、僕が今までに観た彼の中でベストアクトだと思う!
独り徐々に壊れはじめ
>>続きを読む

キャピタリズム マネーは踊る(2009年製作の映画)

2.4

資本主義とは。

自分のところの従業員の死で儲けといて、〝くたばった農民〟呼ばわりしてるのは腐りきった外道。
一方、上層部なしの従業員で経営している企業があったが、給料まで皆平等ってうまくいくのか?
>>続きを読む

忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM #1 入門編(2014年製作の映画)

2.8

年代行き来のライブ総集編。
ジョンとヨーコのヨーコさんw
「イマジン」の日本語詞いいなぁ〜

【みんながそう思えば 簡単なことさ】

#2はあるのか⁉︎
あたしゃ「いい事ばかりはありゃしない」も好いと
>>続きを読む

仕立て屋の恋(1989年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ひさびさにルコントを。
おっかしな映画を作ること!
音楽が戦争映画ばり。

主人公イロビッチの力演。
ツルツルしている。お肌が。
あつかいヅラい、のぞき魔紳士。

あんなん他の部屋からも見られてると思
>>続きを読む

12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ(2013年製作の映画)

2.6

ポールマッカートニーを軸にした、超豪華スペシャルチャリティーイベント。
バンドの復活とかコラボとかいいな。
寄附金電話窓口のサプライズもうらやましいな。

ロジャーウォーターズ渋かっけー×パールジャム
>>続きを読む

新宿泥棒日記(1969年製作の映画)

1.1

これはつまりその、映画じゃない。

横尾はん
薄目で見ると
ジョンレノン

(嘘)

真夏の夜のジャズ 4K(1959年製作の映画)

3.9

映画館に行こう!
片桐はいり先生もええ事言っとります。
https://youtu.be/YaYz1Ag_0FE


ようやく劇場へ。
〝Newport Jazz Festival〟
始まりから音の波
>>続きを読む

バスキア、10代最後のとき(2017年製作の映画)

3.6

「DOWNTOWN 81」で彼の作品があまり見られなかったので続けてこちらも。

今作はがっつり回想録。
エピソードや人生の運び方、当時のNYの状態が語られる。
家がないから街の壁がキャンバス。なるほ
>>続きを読む

DOWNTOWN 81(2000年製作の映画)

3.7

81年NY、街角バックの夢物語。
手法はXラージ!
420型エンジン。

【自由という意味も知らないのに】

ヘンなサウンド多い中、モデル探しに寄った所のバンドがよかった。

ゴダールのマリア(1984年製作の映画)

1.6

マーラーの正しい聴き方ダンスが観れた。

〈その頃〉から一切わかんない。
美人さんがどこかもわかんない。
普通の会話じゃないしブツ切り音楽でわかんない。

ナイロビの蜂(2005年製作の映画)

4.8

スゴい‼︎
家で観て、映画館で極上の1本観終わって立てなくなるアノ感覚。初めてなった。

毎度画面に力がある監督。
今作もこの題材で“現実”的にまとめ上げる腕とセンス!
登場人物たちの善悪、ダブルミー
>>続きを読む

西部戦線異状なし(1930年製作の映画)

4.3

若い兵隊の〝破壊〟を淡々と追った、良質反戦映画。
BGMなし、無駄な装飾もなしの1930年アメリカ製作。
戦争の集団心理、前線で錯乱していく様が続く。
敵軍が出現してからの戦闘描写が激やば。
許しの場
>>続きを読む

サンタクロースになった少年(2007年製作の映画)

3.2

怖くなくてヒンヤリする作品観たさに、フィンランド映画。
1時間ちょいの急ぎ足ファンタジイ。

ロケーションがハッとするほどキレイだった。ホワイトハウス。
ロマンチストなハードロック先生、フェードアウト
>>続きを読む

パリの恋人(1957年製作の映画)

3.1

頭でっかち小ー顔ーヘプバーン。
デルモのジョー。
最初出てきた時のはしごスライドですでに絶世なんですけど何か問題でも?

パリカフェでのアンビエント(?)なダンスはMJ入っててむっちゃイケてた!
黒が
>>続きを読む

あゝひめゆりの塔(1968年製作の映画)

3.0

あってはならなかった沖縄の犠牲。

兵隊さんと看護する女学生さん。
御国のために粉骨砕身。
この映画上の描写ですら、自分がこなす覚悟は持てないし、最悪気が触れると思う。
弟が即死だと聞いて、直ぐ「苦し
>>続きを読む

白の故郷(2017年製作の映画)

2.2

オオカミ(イヌ?)、ウサギ、ヒツジ。コマドリ。

造形のベースが極端に綺麗で、バランス変。
マヌケ顔の人間、威嚇の表情スゴ〜

バード(1988年製作の映画)

3.9

真夏の夜にジャズシネマ。
イーストウッド製作、チャーリーパーカーの生涯。
全然詳しくなくてもOKだった。耳福。

即興プレーに生の反応。
ディジーやレッドとの仲。
音楽と死と薬の矛盾にもがく生き様。
>>続きを読む

アトランティスのこころ(2001年製作の映画)

3.1

義務教育世代によく合いそうなアメリカーンファミリー映画。
ほっこりもするし、そんなにってとこもあり。
ただ、子役カップルとレクター博士だけはもろにドンピシャなキャストすぎる!

とくに主演のボビー。
>>続きを読む

>|