alfさんの映画レビュー・感想・評価

alf

alf

映画(763)
ドラマ(1)

無宿 やどなし(1974年製作の映画)

3.1

二大眼力渋共演。
女優さんもド美人はん。

なんちゅー完や。

ジョイ・ラック・クラブ(1993年製作の映画)

1.2

誰のいつの話やねん。
最後も全く感動できんぜよ。

中国式ルールがエグい。

ワールド・オブ・ライズ(2008年製作の映画)

4.2

いやー凄いなディカプリオ。
このヒト、表情のギャップがたまらんぜランキングの世界第3位に入るわ。
他作品とはまた違った、ギラついた眼つき顔つき。
アイシャの安否を確かめる眼たるや!
ホントに良い役者さ
>>続きを読む

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

2.7

陸海仲わるっ!
ポツダム宣言受諾が決定してからの、クーデターやら暗殺やらの会議会議報連相報連相…
やっぱ日本人勤勉やな〜。

ただ今作には台詞重視の役柄が多く、まとまりに欠けてしまっていた。

ちょう
>>続きを読む

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

2.9

娯楽ホラー。
どてっぱら貫通時の目がこわい。

ブルースウィリス=薄かった。
女優ふたりのカゲに埋もれて。

秘薬売ってるお姉様が美しき。

ビッグ(1988年製作の映画)

3.6

ある日いきなり12歳から大人になっちゃう話。

なかなか面白いトムハンクスが観れる。
電気とか。

社長との足連弾も名シーンで胸じーん。
ヒロインがほっこり美人。
そして何よりの親友ビリー。
冒頭の少
>>続きを読む

何がジェーンに起ったか?(1962年製作の映画)

3.2

ずっと怖ぇよ〜
じわじわ系で、目が離せないホラー感。

ジェーン(妹)の正気と狂気の混在っぷり。
おばあさんの少女。少女のおばあさん。
ブランチ(姉)のブザーの鳴らし方も充分あぶないぞ。
この2大女優
>>続きを読む

おとうと(2009年製作の映画)

3.8

吉永小百合って今まできちんと観たことなかったけど、すごいんだなー。
むちゃくちゃ演技うまい。
蒼井優と本当の母娘みたいだった。メヂカラの独特さ加減とか…。

前半ジブリの家庭っぽくて、後半泣かせるんだ
>>続きを読む

ビバ!マリア(1965年製作の映画)

3.7

独特なハイセンス。2人ともおてんばすぎ。
オレは断然BB派。
あんなカジュアルに爆破する美女、見たときないです。


役者は暑化粧するの
化粧の下に恐怖を塗り込めるために

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

周りはみんな大絶賛。
僕には、きっと童心に響くんだろうな〜作品。
でも昔観たときもそこまで感動できず、めちゃ走ってるー(汗もかかずに)くらいの感想だった。

ゼメキス節にしてはジェニーさんがざんないし
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

IMAXで宇宙もの。
しかも昨日観た「ワンスアポンのハリウッド」の興奮冷めやらぬまま贅沢ブラピ続き。

前半いい感じだったのに、月経由あたりから流れが悪くなって落ち着いてしまった。
最初の落下事故なん
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.7

アホですねー、タラちゃん!
確実に進化(神化)してる。
無駄なシーンがメインなのに、ハイセンスなオリジナルアート作品に感じる。
暴力はエゲツなさすぎるけど、僕には笑いの方が勝ってるんでセーフ。
最後の
>>続きを読む

オール・アイズ・オン・ミー(2017年製作の映画)

3.3

何かいまいちデンジャラスさと、曲のヤバさが伝わって来なかった。
本人もっと進んでるのに、ただ安い再現ドラマでソフトに追ってる感じ。
最初の方、詩を書いてきたっていったラブレターが良かった。


こんな
>>続きを読む

男はつらいよ 知床慕情(1987年製作の映画)

4.3

ええでない!
みんな気持ちのいい演技や!
涙腺にきました。

厄介者の寅さん。もう存在感が草w
三船さんも男はつらいよにうまくミックス。

つくづくさくらっていい女やな〜。
竹下景子もおキレイで。
>>続きを読む

セブン・デイズ・イン・ハバナ(2012年製作の映画)

3.0

7人の監督による、1週間7つのオムニバス。
順位をつけたら、火金月水木土日。
火金がよろしかった。
全体的に音入れが良かった。

リベンジ・マッチ(2013年製作の映画)

3.6

ロッキーやん。

どうせだったらデ・ニーロvsイーストウッドの対戦観てみたい。

ベスト・キッド(2010年製作の映画)

3.7

どこか姿勢を正してくれる、ジャッキー映画観たさに。
がっつり出てくるのが遅すぎだけど。

変顔もブレイクダンスも関係なし。
カンフー愛。

眠れぬ夜のために(1984年製作の映画)

3.9

実は豪華。80年代やな〜
なるほど、あたくしのベスト映画『ブルース・ブラザーズ』色がにじみ出てた。
タクシーとか。

とにかくギョロ目、Jゴールドブラム。
EDと書いてエド。ザ・いい奴。
美脚Mファイ
>>続きを読む

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー(1998年製作の映画)

4.1

自ら入った精神病棟で、医者よりも患者からパワーをもらい真の医者を志す話。

ユーモアで苦痛を癒やし、命の質を向上させる役割。
テンション高い、パッチのウザったさw
まんまと泣かされたわ、かん腸器具で。
>>続きを読む

オトトキ(2017年製作の映画)

4.5

バンドの再集結。
笑顔がすてきなバンド(家族)だこと!
あいかわらず、HEESEYの音とライン良いな。

「球根」は元から好きな曲だけど、格別でした!(泣)
明日パンジーでも育ててみようかしら?

赤ひげ(1965年製作の映画)

3.8

日本のこの時代の身分格差、虐げられ方をよく知らないから、ある意味よその国の作品として観られた。

死の間際。
子役の表情とかもやばいレベルだし、どの役者さんもすんごい気合いなんだけども、そのさらに数段
>>続きを読む

日の名残り(1993年製作の映画)

3.9

アンソニーホプキンスがクソやばい。
彼の演技にただ脱帽。
エマトンプソンさんもなかなか良き。

吉良吉影の好きな映画ってのに納得。

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.6

ギリギリ1人じゃ観れない怖さレベル。
死に方とてもエゲツな〜

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.9

Jフォスター監督作。
生の報道番組ジャックの話。
話が同時進行、二転三転してくのに小難しくは無く、100分と短めで楽しめた。
犯人の彼女のとことかウケる。

Jロバーツの顔、昔からすんげー好き。
Jフ
>>続きを読む

クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち(2004年製作の映画)

3.0

撮影がナルシス系。早送りが逆にやだ。
テーマの割に結末うすっ。

だけどもジャンレノ渋いぜ。

ギャング・オブ・ニューヨーク(2001年製作の映画)

2.0

スコセッシだし、タイトルからマフィアのドンパチもんだと期待してたのが見事に裏切られた。
画力がなくって面白みもなかった。

[リミット](2010年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

部屋を真っ暗にして観なさい、と先輩(ホラー好き・オス)が勝手にTSUTAYAで借りて来て置いてったやつ。

すんごい圧迫感。
こういうワンシチュエーションサスペンスは観慣れてないので集中した。

緊急
>>続きを読む

マインドハンター(2004年製作の映画)

3.5

FBIの演習。
孤島で身内の誰かが犯人で、順番に殺されていく。
全然解けなかった。アホだから。

バットマン リターンズ(1992年製作の映画)

3.4

キャストいいのにキャラ同士何したいのか…。
メイクや美術、雰囲気が前作の方がクオリティー高い。

バットマンスーツに顔おっさんはダサい。
デパートのマネキンのやつやりたい。

バットマン(1989年製作の映画)

3.9

おもしろかった。
キャストに脚本、そして音楽雰囲気がすこぶる良い。

笑っていいのか分かりにくい、小刻みなコミカルさ。
シラフではない、イカれノリノリジャック!
ボブもいいキャラだったけれど…。

>>続きを読む

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2011年製作の映画)

1.2

クソつまんねーw

ナルシスでペラペラなひどい演出に34個くらいつっこみ入れたい。

ガブリエラワイルドが超キレイで0.2
飛行船の先端にくくられてて1.0

マラドーナ(2008年製作の映画)

3.9

密着ドキュメンタリーと言うけれど、想像とちがってた。
監督自身へのインタビューや自作映画の挿入、イカれた変てこアニメがジャマだった。
知識不足なので、いつの何のシーンなのかほとんど置いてけぼり状態。
>>続きを読む

愛する人(2009年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

いまの俺が観る題材じゃなかったや。
ナオミ(鬼かわ)には悪いけど、ブチャイクさんがあの役だったらもっとリアルに観入ってたはず。
どの主要人物像にも、ぽい音楽と決まりきったセリフの多用にも冷めた。
小説
>>続きを読む

鉄コン筋クリート(2006年製作の映画)

2.2

序盤いつまでたってもなかなか引き込まれず、終盤までもシーンごとの意味合いがいまいちつかめずでした。凄みが感じれなくて残念。

蒼井優が越えちゃってた。声だけに。

グロリア(1980年製作の映画)

3.8

少年とおばはんの逃走劇。

グロリア顔こわいよー。
ガキンチョ(6才・天パ)が、容姿含めまじ絶妙。
この映画の勝利ポイント。

笑いもお涙も狙ってるわけじゃないけど、これぞ究極のシュールなのかも知れな
>>続きを読む

>|