miffyさんの映画レビュー・感想・評価

miffy

miffy

ときめく映画を たべるよ 、もぐもぐ 。
#___ガエルガルシアベルナル がすき。

ソウル・キッチン(2009年製作の映画)

3.8

うきゃは♡ たのしーい♡♡♡
あっ、とりあえず、
韓国の話じゃなくて ドイツ映画だよ。
魂、の方のソウル。
ソウルキッチン、という食堂のお話。

その食堂を経営する弟と
刑務所から仮釈放で出てきたダメ
>>続きを読む

きいろいゾウ(2012年製作の映画)

3.5

こころが痛いよ、苦しいよ。
感情を隠せないツマを観てると、
モヤモヤして 腹立たしくなった。
でも わたし、ツマの行動が 少しわかるんだ。
女性なら きっと、
多少 ツマの行動が わかるんじゃないかな
>>続きを読む

ユー・ガット・メール(1998年製作の映画)

3.7

" Don't cry shopgirl "で 涙腺崩壊。
涙、ぶわーっ。

どんな出会いであっても
恋する気持ちや しあわせになる権利は
誰にも等しい。
インターネットで知り合い
メールのやり取りを
>>続きを読む

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013年製作の映画)

3.9

オスカーアイザックが演じる
冴えない主人公ルーウィン。
ついてないことの連続で かわいそすぎるんだけど、
どこか 諦めているところもあるように見えて、
そんな ふわふわした彼が
愛おしくて たまらなか
>>続きを読む

グッモーエビアン!(2012年製作の映画)

3.3

「さよならと ありがとうは、言えるときに言わなダメ!」
そのとおりだね、やぐちゃん!
そのとおりだよ、はっちゃん!

言いたかったことを 言えなくて
あとで振り返って後悔する、ってこと
ときには ある
>>続きを読む

重力ピエロ(2009年製作の映画)

4.0

号泣です、ううう。
岡田将生さんが演じる春の
ピュアすぎるからこそ、の屈折を想うと
泣けて泣けて、もう。
エンドロールの主題歌が ほんとにすてきだったから
MVを見てみたら
春として岡田将生さんが出演
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.7

ひゃー、楽しかった!
こどもの頃に、とくに男の子なら
夢見そうな 宝探しの世界!
こども時代に この作品を観てたら、
とんでもなく わくわくしてただろうなぁー。
いや、わたし すっかり大人だけど
充分
>>続きを読む

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

3.1

死ぬということは きれいごとじゃないから
こんなにも 冷静でいられる人は
そうそういないようにも思える。
ただ、残される家族を想って行動することや
最後に欲望を叶えたいということには共感できるなぁ。
>>続きを読む

恋するリストランテ(2010年製作の映画)

3.5

びえーーーん。
泣いても〜た〜。

自分が ぐっちゃぐちゃになった時でも
「大丈夫だよ、側にいるからね」
なーんて言ってくれる、そんな相手って最高!
ときめかずには いられへんやん〜!
恋って、恋って
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.2

2時間があっという間!
ピュアな気持ちで観て アホみたいな感想を書くとね、
すごいハラハラした!おもしろかった!
ジョン・ドウ怖いよ〜。
ほとんど出てこないのに ものすごい存在感!
怖すぎる!迫力あり
>>続きを読む

スウィート・ノベンバー(2001年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

11月中に観ようと思ってたのに、
いつのまにか 12月も半ばやん〜。
おーまいごー。

「わたしの11月にならない?」
このセリフにキュン♡
完全なる仕事人間のネルソンが
自由奔放なサラに出会い、恋を
>>続きを読む

約三十の嘘(2004年製作の映画)

3.0

裏切り者を探すために
それぞれが 駆け引きをしたり 騙し合ったり...
その中に 恋愛の要素も入っていて
誰が誰を好きなのか、っていう
入り組み具合も 楽しかった。
ミステリーっぽくはあるものの、
>>続きを読む

恋のクリスマス大作戦(2004年製作の映画)

3.0

邦題とは違って、
ラブストーリーというよりも
家族ものの ハートフルなコメディだったよ。

このお話の中では
たいへんな問題がいっぱい起こるんだけど、
でも 家族で過ごすクリスマスっていいなぁー
って
>>続きを読む

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

4.0

「あなたは しあわせですか?」
「あなたにとって しあわせとは何?」という、
“しあわせ” がテーマのお話だけれど
哲学くささは 全くなく
終始 コメディタッチで 描かれていて
すごく楽しめる作品だっ
>>続きを読む

あなたは私の婿になる(2009年製作の映画)

3.5

やっぱりアメリカのラブコメは
観ると 元気が出るね!
だいすき♡
この作品も、ラブコメの王道だった〜!

恋人のふりをした男女が
偽装結婚をしようとするストーリー。
サンドラブロックが演じる
高飛車な
>>続きを読む

親愛なるきみへ(2010年製作の映画)

3.0

美しいねぇ。せつないねぇ。
恋愛の きれいな部分を ぎゅーっと集めた、
キラキラした少女漫画みたいな作品。
前半の めちゃめちゃラブラブなのも
後半の うまくいかなくてせつないのも
どっちも キラキラ
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.0

あららら らー。
まいったなぁ。
やられたなぁ。
これ、もう一回観たい!
いや、観る!

どんでん返しからの 大どんでん返しで、
カイザーソゼの正体がわかって
わぉ!ってなったんだけど、
ほんとの楽し
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.2

逃げて追いつかれて また逃げて、のくり返しに
最後まで ハラハラしっぱなし!
2時間20分があっという間だった!
この大胆すぎる詐欺の手口と逃亡劇が
実話を元にしているだなんて、
そうそう考えられない
>>続きを読む

おいしい生活(2000年製作の映画)

3.6

ほんま 笑った笑った〜。
最初から最後まで、もう全部コント!
登場人物も全員アホで、もう最高!
水道管が破裂して 水がびゅーんって出てくるシーンは、爆笑してしまった〜!
ベタなストーリーだけど、
とに
>>続きを読む

武士の家計簿(2010年製作の映画)

3.1

派手さはない作品だったけれど、
主人公が息子に伝えたかった、
そろばん侍としての「武士の生き様」は
わたしにも伝わってきた。
子どもは親に反発しがちだけれど、
大人になってから 子どもの時の親からの教
>>続きを読む

ローマでアモーレ(2012年製作の映画)

3.9

もう 全然飽きひん!
楽しいなぁー。
ほんまに 楽しいなぁー。
このドタバタ感、めっちゃ好き。

4組のカップルにまつわる どのエピソードも笑えて、
登場人物みんな 愛おしくなってしまった〜。

その
>>続きを読む

花とアリス殺人事件(2015年製作の映画)

4.5

花〜!
アリス〜!
ふたりとも だいすきー♡♡♡

中学時代も、やっぱり
花は花で、アリスはアリスだった!
思いつめてしまうくらい 好きな人には一途すぎる、そんなところが 花らしくてかわいい♡
マイペ
>>続きを読む

COMET コメット(2014年製作の映画)

2.0

めっちゃ文句みたいになってもいい?

主人公の男子、おいおいおい。
自己中やし
後ろ向きすぎるし
病み気味やし
言ってることも いちいちめんどくさいし
悲劇の主人公ぶってるし
相手を悪く言って 自分を
>>続きを読む

夫婦フーフー日記(2015年製作の映画)

3.0

ひゃー、永作博美さん かわいいなぁー。
ハンバーガーに おっきな口でかじりつき、もぐもぐ食べる姿が
もう めちゃくちゃかわいい!
永作さんみたいな かわいいおばさん(失礼)になりたいよ〜。
男勝りな役
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.9

うにゃー。
はちゃめちゃで 楽しかったー!
やっぱりアメリカのラブコメは 楽しいなぁ〜。
それぞれの恋愛が 最後の最後に繋がって、
その伏線の回収がダイナミックすぎて
もう めっちゃ笑ってしまった〜。
>>続きを読む

星の旅人たち(2010年製作の映画)

3.5

聖地巡礼って もっと厳しくて険しいイメージなんだけれど、
この作品では とってもとーっても
あたたかいものとして描かれていた。
国籍も 年齢も 性格も違う仲間ができ
友情を育みながら 歩みを進め
頑固
>>続きを読む

ラン・ローラ・ラン(1998年製作の映画)

3.9

ひゃー!
ローラ 走ったね〜!
走りまくったね〜!
なにしろ 1時間20分の作品の中で
ほとんどが 走るシーン!
オープニングから エンディングまで、
観ているわたしも いっしょに駆けぬけたかんじ!
>>続きを読む

彼は秘密の女ともだち(2014年製作の映画)

3.7

クレールとダヴィッドの関係を
これは不倫では?と思ったりもしたけれど、
ダヴィッドは見た目が女性だし
でも、男性のことは好きにならず、
恋愛対象は 女性みたいだし
クレールは女性としてのダヴィッドを
>>続きを読む

ストロベリーショートケイクス(2006年製作の映画)

3.8

魚喃キリコさんの漫画の世界が、
そのまま映像化された作品だったよ。
なんというか、
いまを生きる女子たちの空虚感、みたいな。

「スペシャルなひとの スペシャルになりたい」
ほんとそう。
なのに、それ
>>続きを読む

(1954年製作の映画)

3.4

殴られたり、浮気をされながらも
健気にザンパノに尽くすジェルソミーナが、
重くて 重くて 重すぎた〜。
逃げ出すチャンスは 何度もあったのになぁ。
悲しい終わり方なのだけれど、
最後の最後に映るザンパ
>>続きを読む

先生と迷い猫(2015年製作の映画)

3.4

猫ぎらいの偏屈な校長先生が、
だんだん 猫に愛情を持ちはじめ、
いなくなった猫を 一生懸命探す姿を見ていると、
かわいらしくて にまにましたよ。
猫の魅力は、どんなひとのきもちも
まーるくしてしまうの
>>続きを読む

黒猫・白猫(1998年製作の映画)

3.9

ひゃー、たのしい!
はちゃめちゃすぎる〜!
この にぎやかさ!
くふくふ笑って、さいごは「HAPPY END」!
さいこう!

黒猫=不吉な予感
白猫=幸運なできごと
最後まで くるくる変わる展開で、
>>続きを読む

ロボジー(2011年製作の映画)

3.7

「あっ、おじいちゃんが入ってるって バレそう!バレるやん〜!」って、
ハラハラしつつ 笑いながら観てしまった。
観てるうちに、ニュー潮風=鈴木さんが
だんだん愛おしくなってきちゃったよう。
最後のシー
>>続きを読む

ブエノスアイレス恋愛事情(2011年製作の映画)

4.1

わー、かなりすき!
なんてすてきな作品に出会えたんだろう。
観終わったあとの、この ほっこり感。
なんか しあわせ〜。

ブエノスアイレスの街の無機質な建造物に
現代人や 現代人の恋愛事情を たとえて
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

4.0

ベルセバと グラスゴーが好きな人にとっては、最高の作品だと思う!
この作品の世界観の全部が、
スチュアートマードックらしさであふれてて、感激するよ。
観終わったとき、もう耳がネオアコになっていて、
>>続きを読む

>|