miffyさんの映画レビュー・感想・評価

miffy

miffy

ときめく映画を たべるよ 、もぐもぐ 。
#___ガエルガルシアベルナル がすき。

星の旅人たち(2010年製作の映画)

3.5

聖地巡礼って もっと厳しくて険しいイメージなんだけれど、
この作品では とってもとーっても
あたたかいものとして描かれていた。
国籍も 年齢も 性格も違う仲間ができ
友情を育みながら 歩みを進め
頑固
>>続きを読む

ラン・ローラ・ラン(1998年製作の映画)

3.9

ひゃー!
ローラ 走ったね〜!
走りまくったね〜!
なにしろ 1時間20分の作品の中で
ほとんどが 走るシーン!
オープニングから エンディングまで、
観ているわたしも いっしょに駆けぬけたかんじ!
>>続きを読む

彼は秘密の女ともだち(2014年製作の映画)

3.7

クレールとダヴィッドの関係を
これは不倫では?と思ったりもしたけれど、
ダヴィッドは見た目が女性だし
でも、男性のことは好きにならず、
恋愛対象は 女性みたいだし
クレールは女性としてのダヴィッドを
>>続きを読む

ストロベリーショートケイクス(2006年製作の映画)

3.8

魚喃キリコさんの漫画の世界が、
そのまま映像化された作品だったよ。
なんというか、
いまを生きる女子たちの空虚感、みたいな。

「スペシャルなひとの スペシャルになりたい」
ほんとそう。
なのに、それ
>>続きを読む

(1954年製作の映画)

3.4

殴られたり、浮気をされながらも
健気にザンパノに尽くすジェルソミーナが、
重くて 重くて 重すぎた〜。
逃げ出すチャンスは 何度もあったのになぁ。
悲しい終わり方なのだけれど、
最後の最後に映るザンパ
>>続きを読む

先生と迷い猫(2015年製作の映画)

3.4

猫ぎらいの偏屈な校長先生が、
だんだん 猫に愛情を持ちはじめ、
いなくなった猫を 一生懸命探す姿を見ていると、
かわいらしくて にまにましたよ。
猫の魅力は、どんなひとのきもちも
まーるくしてしまうの
>>続きを読む

黒猫・白猫(1998年製作の映画)

3.9

ひゃー、たのしい!
はちゃめちゃすぎる〜!
この にぎやかさ!
くふくふ笑って、さいごは「HAPPY END」!
さいこう!

黒猫=不吉な予感
白猫=幸運なできごと
最後まで くるくる変わる展開で、
>>続きを読む

ロボジー(2011年製作の映画)

3.7

「あっ、おじいちゃんが入ってるって バレそう!バレるやん〜!」って、
ハラハラしつつ 笑いながら観てしまった。
観てるうちに、ニュー潮風=鈴木さんが
だんだん愛おしくなってきちゃったよう。
最後のシー
>>続きを読む

ブエノスアイレス恋愛事情(2011年製作の映画)

4.1

わー、かなりすき!
なんてすてきな作品に出会えたんだろう。
観終わったあとの、この ほっこり感。
なんか しあわせ〜。

ブエノスアイレスの街の無機質な建造物に
現代人や 現代人の恋愛事情を たとえて
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

4.0

ベルセバと グラスゴーが好きな人にとっては、最高の作品だと思う!
この作品の世界観の全部が、
スチュアートマードックらしさであふれてて、感激するよ。
観終わったとき、もう耳がネオアコになっていて、
>>続きを読む

ももいろそらを(2012年製作の映画)

4.6

だいすきな作品。
ひさしぶりに観たら、やっぱり楽しかった〜!

主人公の女子高生が
30万円が入った財布を拾ったところから始まる ものがたり。

主人公のいずみを演じる子の演技が すごく良くて花マル!
>>続きを読む

めがね(2007年製作の映画)

3.6

荻上直子監督の作品は いつも優しい。
やわらかくて あったかい気持ちになれる。

できることなら、
ひとりで ふらりとこんな島に旅したいよ。
朝起きて メルシー体操して ごはん食べて、
きれいな海を見
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

4.4

ほんとは 生きる意味は とてもシンプルだ。
世の中を、見て、聞いて、感じること。
だけど、生きているうちに
その意味は シンプルから どんどん かけ離れて行って、
気づくと 複雑なものになっている。
>>続きを読む

キングス&クイーン(2004年製作の映画)

4.0

とにもかくにも 主演のふたりの演技のすばらしさ。
賢いんだけど 少し鈍感、という 主人公ノラ。
ノラには 共感できないけれど、ノラを演じる エマニュエルドゥヴォスの演技には とても好感がもてた。
そし
>>続きを読む

しあわせの雨傘(2010年製作の映画)

3.9

カトリーヌドヌーヴの魅力が あふれ出ていたよ〜。
天真爛漫な明るさ&コミカルな演技に、歳を重ねても輝く美貌!

「何にもできないお嬢さん?そう思ったら、大間違い!わたし意外と怖いのよー!オーッホッホッ
>>続きを読む

ニシノユキヒコの恋と冒険(2014年製作の映画)

3.3

ニシノさーん!
次々と女の子を好きになって その気にさせて、そりゃいかーん!
でも、わかる、わかるよ!
ニシノさんにときめく女子たちの気持ち!
どうしたら女子が喜ぶかを、ちゃんと知ってるんやもん。
>>続きを読む

ロシアン・ドールズ(2005年製作の映画)

3.7

だいすきな作品「スパニッシュアパートメント」の続編!
今回も期待を裏切らない グザヴィエの情けなさ!
ほんま 情けなくてアホなダメ男やねんけど、憎めへんねん〜。
だいすき〜!

前作と今作とそのまた続
>>続きを読む

なまいきシャルロット(1985年製作の映画)

3.8

シャルロット〜、
きみの気持ち、わかるよ!わかる!
思春期って 自分のことが嫌いで、
でも そのイライラやモヤモヤの持って行き場がなくて、
つい親や周りのひとにぶつけがち。
なりたくないのに、反抗的に
>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

3.6

考えが大人びてて、言うことが いちいち詩人で、ひとりで怖がらず旅もできちゃう。
そんな10歳のT.S.が とっても魅力的!

でもね、大人びてるのに ピュアな子供らしさも全然あって、すごくかわいいのだ
>>続きを読む

ペンギンのクリスマス(2005年製作の映画)

3.5

ほっこりした〜。
3分という短い時間のなかに、ユーモアと あたたかさが ぎゅーっと詰まっていたよ〜。
いろいろを削ぎ落としたシンプルさ。
こういう飾らない作品も いいもんやな〜って思ったよ。

エイプリルの七面鳥(2003年製作の映画)

3.6

七面鳥を焼くまでに トラブルが多すぎて、
「家族が来るまでに ちゃんと焼き終わるの〜!?間に合うの〜!?」って、
もう ハラハラドキドキしたよー。

エイプリルとお母さん、ギスギスしていたけれど、不器
>>続きを読む

スパニッシュ・アパートメント(2002年製作の映画)

4.2

うきゃー!
もう めっちゃおもしろーい!
このシリーズ、最高!
わたし、やっぱり グザヴィエが大好きだー!
情けないし、あかんたれなんやけど、憎めへんねん〜。
すごく友だち想いやったりするし、
愛しい
>>続きを読む

5時から7時の恋人カンケイ(2014年製作の映画)

3.5

このふたりの関係は、きっと お互いに 一生きれいな思い出のままであり続けるんだろうな。

不倫は許されない、と一言で言ってしまうことはできるけど、
どんな恋愛でも 本人たちにしかわからないことってある
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.2

「大人になって 今を振り返ったときに、”あの頃 こんなことしようとしてたよな” で、終わっていいのか?」と語り合ったふたりが、
それを実行したことで得られたものは、
友情、勇気、甘酸っぱい想い、かけが
>>続きを読む

真夜中のパリでヒャッハー! (2014年製作の映画)

3.4

いやー、ほんま ヒャッハー!
もう しっちゃかめっちゃか!

バナナと亀のぬいぐるみからの リアルマリオカート いいなぁー。
わたしも あんなことしてみたーい。
そして、リアルカールじいさんもかわいか
>>続きを読む

月世界旅行(1902年製作の映画)

4.0

公開されたのは1902年。
スペースシャトルなんか ない時代。
この作品で描かれている月へ行く方法は、
巨大な弾丸に人間を乗せて打ち上げて
それを月にめり込ませるなんてゆー、奇想天外な方法!
月へ着い
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

3.8

笑えて 泣けて 考えさせられる。
エンターテイメントとしての映画のおもしろさが、ぎゅーっと詰まってる!
宗教問題で考えさせられつつ、ラブストーリーやコメディ要素も ふんだんに織り交ぜられてて、楽しいっ
>>続きを読む

青いパパイヤの香り(1993年製作の映画)

3.8

なんて美しいんだろう。
主人公ムイの 頬や首元にへばりつく髪から感じられる、東南アジア特有の湿度、
虫や植物などの生命力を感じる映像、
そっと静かに進むストーリー、
少し不穏さもある独特の音楽、
ぜん
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.8

もう、ひたすらすごい!熱量が!
手を血だらけにして 耐えて耐えて練習するシーンが続いたあとの、最後の演奏のシーン!
激しすぎて、息継ぎができないくらい 魅入ってしまったよー。
かっこよすぎて感動!
>>続きを読む

ピザ!(2014年製作の映画)

3.8

前半は、インド社会の貧困層の現実を まざまざと見せつけられて、やりきれない気持ちになった。
一生懸命に貯めたお金を持っていても、新しいお洋服を着ても、スラム街のこどもということで、ひどい扱いを受けるこ
>>続きを読む

シャレード(1963年製作の映画)

3.7

ひゃー、やられた〜!
ベタといえばベタなストーリーだけど、
わたし、素直に観てたからか、
犯人が誰か 最後まで全然わからへんかった!
前半は 様子見な感じのストーリーだったのが、
後半には 追い追われ
>>続きを読む

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

3.3

実際に宇宙人がいたとして、
ポールみたいに 楽しくて、あかるくて、笑いもわかってて、気持ちがあったかくて、
そういう人間っぽさがあったら、おもしろいなーって思ったよ。
見た目は宇宙人でも ハートは人間
>>続きを読む

転々(2007年製作の映画)

3.5

観終わったら、わたしも 街をお散歩したいきもちになったよ〜。
まねっこして、東京の街を歩いてみたーい。
東京の下町の雰囲気が とってもすてきで、和むのです。

この作品、笑うところは きっちり笑わせて
>>続きを読む

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

5.0

人セク だいすき!
何回観たかわからないくらい観た作品。
邦画のラブストーリーの中で、いちばん好きかもしれない。

というのも なんだかわたし、
ユリちゃんに自分と同じにおいを感じるのです。
わたしは
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.4

ベッタベタなんだけど、ときめいちゃうー。
やっぱり、恋愛っていいよね!なんて 思ってしまったり。

とりあえず、キャメロンがキュートすぎる!
そして、ジュードロウの涙には きゅんってなった〜。

おき
>>続きを読む

ライフ・アフター・ベス(2014年製作の映画)

2.5

これは、ラブコメになるんかなー?
なかなかおもしろーい、って思いながら観てたんだけど、だんだん彼女が怖くなってきて、きょーふ!
彼女のゾンビっぷりが 見ごたえあり!
ラストに向けての展開が しっちゃか
>>続きを読む

>|