Hirokiさんの映画レビュー・感想・評価

Hiroki

Hiroki

映画(28)
ドラマ(0)
  • 28Marks
  • 5Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.4

終始ドキドキで、特に前半はヤバかった💦
映画館のスクリーンと音響で、緊迫感が増した。。 
残念ながらどこでも起こる可能性があるのがとても怖い…
ホテルの従業員の方達が勇敢だった。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.4

痛快なアクションシーンが最高!
欲を言えばもっと欲しかった。
でもエルトン・ジョンの面白さに救われたw

108~海馬五郎の復讐と冒険~(2019年製作の映画)

4.0

原作が面白かったので一早く試写会鑑賞。
あの原作をどう映像化するのかと思ってたけど見事でした。
松尾さん多才!
ミポリンいい女優になりました。
他の役者さんもそれぞれ個性的で面白い。
公開したらもう一
>>続きを読む

シャークネード カテゴリー2(2014年製作の映画)

2.3

見なくてもいいB級映画だけど、見てもそれなりに楽しめるw

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

2.8

色んなエピソードが詰め込まれて、ほっこりする部分、面白い部分もあるんだけど、逆言えばごちゃ混ぜ感が否めず、1本の映画として、で何が言いたいの?てなる。。。

シャークネード(2013年製作の映画)

2.3

安っぽいCG満載のB級映画だけど、不思議と最後まで見てしまったw
主役がビバヒル出演者で懐かしいw

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.0

期待し過ぎたのか、前半は少し退屈に感じた時間もあったけど、後半からのCG満載の迫力ある戦闘シーンはさすが!

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

2.0

序盤までは良かったけど、途中からはん?どうゆう事の連続。。
妹に大変な事が起きて普通に帰宅する兄がまずわからない。
ネタバレ解説を読んで納得した部分も多くて、鑑賞中にもう少しわかりやすくしてくれたら怖
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.3

タロン・エガートンの演技が最高に光ってる!エルトン・ジョンの曲の良さを再認識🎶

ゲヘナ(2016年製作の映画)

2.3

オチの半分くらいは前半で気づく。
特殊メイクは良かった。
日本人俳優も日本語吹き替えではなくちゃんと演技できる俳優さんで良かった。
ラストのオチも悪くないけど、全体的にはイマイチ。

リベリオン ワルシャワ大攻防戦(2014年製作の映画)

4.0

第二次大戦末期の1944年、国内軍と市民によるワルシャワ蜂起の全貌を描いた戦争映画。迫力ある戦闘場面とアーティスティックなラブシーンは一見の価値あり。
2014年のポーランド興収No.1作品というのも
>>続きを読む

ゲットハード Get Hard(2015年製作の映画)

3.1

無実の罪を着せられ、ムショ行きになった男が刑務所収容までに、刑務所内で上手く生き残る術を身につけるコメディ。アメリカの刑務所ネタに必ず出てくる掘られネタ満載だけど面白いw

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

自業自得だけど、悪ガキの男の子助かってほしいな。
最後無線繋がったから大丈夫だろう。

ゾンビスクール!(2014年製作の映画)

2.6

ゾンビホラーコメディ。細かい笑いは良かった。あとは普通。

探偵物語(1983年製作の映画)

3.2

公開当時をリアルタイムでは知らないけど、角川映画黄金期、トップスター薬師丸ひろ子と松田優作出演で、物語とは関係なく映画全体に華を感じた。主題歌も好き。

クライム・ヒート(2014年製作の映画)

2.7

終始不穏な空気が漂って、何か大きな事が起こりそうなまま、結局何も起こらず終わってよくわからなかった。犬が可愛いのが救いw

普通の家族(2016年製作の映画)

3.6

マニラの街頭でスリで生計を立てる未成年カップルの生後1ヶ月の子供が誘拐される。
そう遠くないアジアの国で今なお存在するストリートチルドレンのリアルな路上生活、愛息を拐われた2人を見るのが辛い…。監視カ
>>続きを読む

ロスト・メモリー(2012年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ホラーからのミステリーで終盤から面白くなる。
ただ、子供の頃とはいえ、中々の経験をしてる記憶を忘れちゃうという設定は無理があるような…。
イジメられた方は忘れないけど、イジメた方は忘れるっね感じなのか
>>続きを読む

Re:LIFE リライフ(2014年製作の映画)

3.1

教える立場になる人は売れなくなったからなのか…と穿った見方をしてしまったw 教える立場になるだけでも凄い事なんだけどね。

サマー・ヴェンデッタ/ボドム(2016年製作の映画)

3.3

実際に起きた未解決事件のボトム湖殺人事件をテーマにしてるだけあって、とても興味深かった。練られた脚本も良い。

レイジング・ドッグス(2015年製作の映画)

3.3

銀行強盗を企てるが逃走途中に女を人質に取るハメになり、病気の子供を病院に送る途中の父親の車を奪う事になり…。後半のくだりに少し強引さを感じるも、結末の意外性は良かった。

ガタカ(1997年製作の映画)

3.7

近未来が舞台の遺伝子操作されたエリートの中に身分詐欺で入り込む男の物語。1997年の映画なのに今見ても古臭くない。映画全体のスタイリッシュな雰囲気に役者陣もピタリとハマってみんなカッコ良かった。