angryaoiさんの映画レビュー・感想・評価

angryaoi

angryaoi

本棚を見せてるような、恥ずかしさ。

映画(2099)
ドラマ(32)

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

本谷有希子に会いたくて東京に出てきて、久しぶりに映画で会えてよかった。

⼗年 Ten Years Japan(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

藤村監督の作品、心が躍る胸の高鳴りと不安からくる胸の動悸が混在する、振れ幅が豊かなとても好きな作品でした。

全体として、
人に対しての無関心、自分がよければという価値観で構成されていく中で、
石川監
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

3.5

足を踏み入れましたー!!!誰がどこの派閥かすぐ分かるキャラクター作りが上手すぎる!!!

search/サーチ(2018年製作の映画)

-

リアル脱出ゲームのデモンストレーションを見ているみたいで楽しいね!
画面というものに縛られて、監視カメラを設置してくれるし、中継が途切れる面白さ。映画を成立させるために登場人物が動いていく配置感がとっ
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.4

遠くへ走り出したくなる気持ち、めっちゃ夜、車でお台場とか行きたい!

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.1

「響」単体だと、指揮者や奏者の物語とかで普通なタイトルというか、や、だからなんだよ?ですけど、「HIBIKI」のローマ字表記がつくから文豪バーにありそうなウイスキーの名前っぽくていい。

や、だからな
>>続きを読む

消えた16mmフィルム(2018年製作の映画)

3.6

ここで描かれるシェーカーズは本当に傑作なんだろうな、と思わせる見せ方。Twitterで流れてくる4枚の場面写とともに語られる異国の知らない映画に惹かれるようなドキュメンタリーだった。
観れないことが評
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.2

小学校の時に観た『13階段』や『模倣犯』を思い出し、あの背伸びして観た感じ、まだ体験できてて良かった。

13回の新月のある年に(1978年製作の映画)

-

明日の予定がカフカの城読むだけって、超幸せなことですね…
屠殺まじまじ見ちゃった…

中学生日記(2006年製作の映画)

3.6

土日ぐらい、あるあるネタだけ浴びてたいねぇ。

>|