angryaoiさんの映画レビュー・感想・評価

angryaoi

angryaoi

本棚を見せてるような、恥ずかしさ。

映画(2058)
ドラマ(31)

乱れる(1964年製作の映画)

4.3

地元清水が舞台で、ここのロケ地通ってたー!って、逆聖地巡礼でした。
神保町シアターにいる、恐らく幼少期にこの映画と出会ったであろう人たちから、すすり泣きが聞こえてきた。それを受けてグッときたけど、どう
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.4

恐竜が歩いてる画、強い…こんなの観れる時代まで生きてて良かったってなるねぇ。5000年後の学者がこの映画みつけて、21世紀に恐竜がいたって世界史を掻き乱してもらいたい、ねぇ。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.5

ヒーロー禁止条例みたいな設定は納得したとして、でも、ヒーローの力を悪が利用することの危険性こそ問題で、寧ろそこに起因してヒーロー禁止条例はより強固なものにすべきなのに、お咎めなしみたいなのがおい!市民>>続きを読む

黒い罠(1958年製作の映画)

3.5

悪代官って言葉は日本のものだと思うんですけど、オーソンウェルズの悪代官役を見たい。利権の申し子みたいな眼差しと口の曲がり具合。こんな人に「冒頭ワンカットで撮るよ?」って言われたら、スタッフみんな頑張っ>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.9

人は死んだらワイドショーで報道されるものだと思っていたけど、近所のおばちゃんが亡くなってもテレビの取材は来ず、なんでだろうと思っていた幼少期、世界のルールに少し気づき世界がひらいた瞬間を思い出した。す>>続きを読む

冬物語(1992年製作の映画)

3.9

5年の重層を、2時間で見せてくれてることに、なんてズバ抜けた魔法の装置なんだと、映画そのものへの感想につながってしまう。たとえパリの街に住んでいたとしても、パリを旅行してる空気を感じるような、街そのも>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

トムクルーズの顔つき体つき声帯をひと通りスキャンして、この先100年、ミッション:インポッシブルシリーズを続けていってほしい!

悪は世界を滅ぼすことに、善は個人を守ることに照準が置かれている。
その
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

浜辺美波の演技は説得力の塊。高2と高3の演技の使い分け、絶妙な変化が輝いてた。

そういえば最初のすき家のシーンだって、現実的ではないシーンなのに、一気に浜辺美波のテンションで惹きつけられて、違和感の
>>続きを読む

くちづけ(1957年製作の映画)

3.7

「ちょっとご飯食べてダンスしようか」「ええ」の文法を、当時生きてても使えなかったと感じさせる軽やかさ。夜空はいつでも最高密度でハイカラに、被写体はずっと動いてる。

スプラッシュ(1984年製作の映画)

3.8

人魚物語…
人魚の鳴き声でモノが壊れる演出、人魚の鳴き声はチューバッカに引き継がれてるような気がするねぇ!

>|