AnriKimuraさんの映画レビュー・感想・評価

AnriKimura

AnriKimura

映画(2279)
ドラマ(0)

サウンド・オブ・メタル(2019年製作の映画)

3.5

希望をもって手術した後の聞こえ具合に現実を突きつけられる姿が悲しい。特に音楽で生きていた人には…
静寂に向き合う強さを見つけていくシーンとラストの余白が良い イヤホン視聴推奨

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.5

こんなに仲睦まじくそれぞれの華やかさを持つ姉妹達の関係を素敵やあ…と思うと同時にあまり干渉し合わなかった自分の兄弟関係に少し安心した…
いつの時代も女には結婚がつきまとう
衣装のシルエットが綺麗

ラブ&ポップ(1998年製作の映画)

3.0

90年代ィ…
中学の最寄りの駅の公衆電話でふざけてみんなでテレクラしたなあ…
コギャル仲間由紀恵サイコーじゃん

ハスラーズ(2019年製作の映画)

3.0

こうしなきゃあの時代のNYで生きられなかったとかわかるけど、ずっと散財しすぎ
私たちサイコー!みたいなのは楽しめました

煉獄エロイカ(1970年製作の映画)

3.5

構図の鬼… 余白でこんな迫力でるんかい…
人物のヘアメイク服も好み

最高殊勲夫人(1959年製作の映画)

4.5

大映青春映画でも特に好きな作品なのでスクリーンで観れて嬉しかった!
おケーキをお切りになりますのでキャメラをお持ちの方は… 披露宴から始まり終わるこの映画、展開も人物もほんとにチャーミングやわ
昭和
>>続きを読む

コロンバス(2017年製作の映画)

3.5

終始落ち着いたトーン&建築物の中で登場人物にフォーカスしやすかった。スクリーンで観たかったなあ

ミスト(2007年製作の映画)

3.0

やっと観た!
ひどいよ…こんなのあんまりだよ…
って頭の中のまどかが泣いてました…(オチ知ってた)

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.0

底辺からの選択肢なんて無限にあるけど、そんな概念がないんだよな環境が作るから

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.5

前半オシャレなデンジャラスモッパンで危ういんやけど徐々に色味も落ち着いてヒューマンドラマに
人ってデリケート

ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー​(2019年製作の映画)

3.0

どシンプルに呪われた絵のお話。
さあ次はどんな殺され方かな〜?ってなってくる

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.5

若々しい俳優がやることでウディアレンの面倒くせぇ〜(いい意味)がこんなに観やすくなるとは!良い雨と終わり方や

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

3.5

起訴された側がこんなに力強い法廷物は中々観てこなかったからワクワクした 取り上げられてることは胸糞悪いんやけど

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.5

長回しのカットの中にうまく収まっていく死体や風景
こんだけの人が簡単に死ぬ場で想像もできんようなミラクルな事ってたくさん起きてたんやろうな 語る人がいなかっただけで

豚と軍艦(1961年製作の映画)

3.0

若い丹波の背中の南無妙法蓮華経と首の数珠の刺青イケすぎ

愛の渇き(1967年製作の映画)

3.5

みんなそれぞれオカシい
使用人の生の魅力に惹かれる死んだルリ子
食卓のシーンね…
アイライン最高でしょ

あばれ騎士道(1965年製作の映画)

3.5

カタコト人物たちandジョーの軽快な感じから始まってバイクレースの相手が弟渡哲也!おお!と思ったら結構シリアスになった 蛇が相棒のダンサー水谷八重子のコミカルさが良かった

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

4.0

普段どんだけアメリカ映画とジェネラルな映画演出に慣らされているか思い知らされたわ。こんだけわからんでもいい。5回くらい爆笑した。

Mank マンク(2020年製作の映画)

3.5

30年代のアメリカ世情に疎かったからちょっと難しかったけど凝ったモノクロフィルム映像とゲイオさんのマンクの演技で充分楽しめたしもう一回市民ケーン観たなった

ザ・プロム(2020年製作の映画)

3.5

キラキラカラフルみんなハッピー!なディズニー的映画 全部拾おうとしすぎてちょっと浅い部分もあるけど、この暗いご時世に全力明るい映画みれるありがたさ
カープールカラオケの人そのまんまや

夜の牙(1958年製作の映画)

3.5

半ば迄はヒッチコック的な感じでワクワク
 青年岡田真澄は何度見てもハッとする美

ザ・コール(2020年製作の映画)

3.5

過去と現在がリアルタイムでシンクロする演出とチョンジョンソのワルぶりが良かった
あれ、韓国映画にしては…と思ったけど容赦なかった

拳銃は俺のパスポート(1967年製作の映画)

3.5

マカロニな音楽と渋いジョー様
穴掘り爆破天才
ジェリーのシェーンばりの兄貴ィィの叫び

嵐の勇者たち(1969年製作の映画)

3.5

高飛車浜美枝の別荘で勝手にパーティしてる梶芽衣子吉永小百合山本陽子のデザイナー三人娘というだけで最高なのに渡哲也と石原裕次郎…?胸焼けするぜ!

不良少女 魔子(1971年製作の映画)

3.5

ゴーゴーシーン比較的長め
おもろいぐらいシャツの胸元開ける男たち

人間失格(2009年製作の映画)

2.0

なんやパッとせんと思ったら観るの間違えてた

女番長ブルース 牝蜂の挑戦(1972年製作の映画)

3.5

やっぱりスケの服装が1番好きだわ〜 
入るも自由、抜けるも自由のパール団
風間千代子さん脳裏に焼きつく美
回転扉殺しええね

ザ・スパイダース にっぽん親不孝時代(1968年製作の映画)

3.0

スパイダース映画にしてはどこか殺伐としとる アンチ大人
最初の方とか特にゴーゴー描写多かったので満足

ある殺し屋の鍵(1967年製作の映画)

3.0

殺し方明らかすぎるしなんかわかんないけどこの雷蔵はトレンディエンジェルだった

兄貴の恋人(1968年製作の映画)

3.0

兄貴大好き さんをつけろよデコ助野郎
サイケな内装の居酒屋みたいなスナックバーが気になりました

ザ・スパイダースの大進撃(1968年製作の映画)

3.0

ギャングに追われながらず〜っとヒット曲メドレー。真理アンヌに生まれて順ちゃんと青春を過ごしたかった。

映画 妖怪人間ベム(2012年製作の映画)

2.0

もっとアイシャドウ濃くして欲しいけど杏のベラのビジュアルは良かった。亀梨くんめちゃめちゃ声捻り出してた

夜明けのうた(1965年製作の映画)

3.0

浅丘ルリ子が映ってるだけで画の完成度が凄い。100分持つ。

>|