やんすけさんの映画レビュー・感想・評価

やんすけ

やんすけ

映画(252)
ドラマ(0)
アニメ(5)
  • List view
  • Grid view

野球どアホウ未亡人(2023年製作の映画)

1.0

気になっていた作品で、トークショー付きということでシネマート新宿へ。で、感想ですが・・・

うん、これは酷い。

インディーズ作品にしても学生の自主制作以下のレベル。ナンセンス・コメディなのでしょうが
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.8

チープな言い方だが、古典絵画をそのまま映画に落とし込んだかのような作品。色彩とか構図が美しいとかではなく(それもあるんだけど)、エロスやグロテスクは人間が本能的に惹きつけられてしまう「何か」なんだなと>>続きを読む

正しいアイコラの作り方(2024年製作の映画)

4.5

掘り出し物を見つけた感じ。とても面白かった。

最初はミステリーだと思っていたら、
途中は普通の青春映画じゃんと思い、
最後はしっかりミステリーだった
・・・という一本。

ミステリーとしての伏線回収
>>続きを読む

違う惑星の変な恋人(2023年製作の映画)

4.2

愛くるしい気持ちと嫌悪感が入り混じる、なかなか変わった映画体験でした。男女4人による恋愛映画なんですが、好きのベクトルがコロコロと移り変わるストーリー。そんな節操のない話ながらも、そこにコメディ要素を>>続きを読む

梟ーフクロウー(2022年製作の映画)

3.8

よく練られたストーリーラインと、ある一つの特殊な設定(仕掛け)で、最後まで楽しませてもらいました。
宮中が舞台のミステリー作品はアニメなどで最近トレンドですが、本作はイケメンや美少女は出てきませんw。
>>続きを読む

劇場版 SPY×FAMILY CODE: White(2023年製作の映画)

2.5

う~ん・・・作品の良さが消されちゃってるかなぁ。劇場作品だから仕方ないけど「騙し合い家族」がこれだけ派手なドンパチをやっちゃうとね。コメディ部分はTV版同様の安定した面白さだし、キャラもしっかり描けて>>続きを読む

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

4.2

完成度高いですね。こんなに実写版がハマるとは思ってませんでした。マンガ原作に多いコスプレ作品の印象をまったく受けませんし、そうでありながらも原作リスペクトを強く感じます。中でも玉木宏がハマり役(ニヤけ>>続きを読む

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(2024年製作の映画)

4.5

…詰め込みましたねぇw。ファンにはたまらん、特に『Destiny』でストレスが溜まった人(シン・アスカのファン)には痛快極まる一本でした。約2時間の間にシリーズ全てのキャラクター及び全てのMSに見どこ>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

4.5

完璧じゃないですかね。原作未読ですが、ストーリーの着想と起承転結がお見事。映画脚本としてはコメディとドラマの混ぜ方が文句なしのバランス。オープニングがらエンドロール後のちょっとした伏線回収まで、パーフ>>続きを読む

翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~(2023年製作の映画)

3.5

格付けチェックの後に観たから面白さが少し増したw。大人がバカをやるときは全振りしないと寒いけど、二階堂ふみの崩れた顔面を筆頭にみんな真剣勝負だったw。中でも片岡愛之助がハマっていて良いキャスティングだ>>続きを読む

レザボア・ドッグス デジタルリマスター版(1992年製作の映画)

4.5

公開当時は大学生だった。タランティーノにしろR・ロドリゲスにしろガイ・リッチーにしろ、古くはスピルバーグにしろ、やはりデビュー作品は強烈で荒削りでアイデアに溢れている。それまでの映画作品にはなかった衝>>続きを読む

ブルーを笑えるその日まで(2022年製作の映画)

3.8

エンドロールのクレジット(役名)で、「そういうことか・・・」となった作品。まだ若い監督さんの過去や経験が元になっているお話みたいですが、心にじんわりと痛みが刺さる良い作品に仕上がっていると思います。正>>続きを読む

BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-(2024年製作の映画)

3.3

ハイテンションで進むアクションとストーリー。初見では厳しいなと思ったら、これTVアニメ版があるんですね・・・。これから観る人は、少し予備知識を入れておくといいかも。3DCGアニメですが、世界観を含めた>>続きを読む

ある閉ざされた雪の山荘で(2024年製作の映画)

3.3

クローズドサークルと舞台オーディションを混ぜることで、殺人事件(ホント)なのか舞台演技(ウソ)なのかを分からなくしたミステリー。さすが東野作品で見事なプロットなのですが・・・映画(実写)にするのには、>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

4.5

日本映画はアニメ作品以外にもう希望はないと思ってましたが…そうだ、僕らにはゴジラがあったんだw。

NHKの朝の連続ドラマ的な展開で魅せる序盤は、映像よりも物語に引き付けられました。山崎監督は『ヤマト
>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

4.3

ポスターやパッケージから女の子2人による友情モノだと思っていたら・・・全然違ってました(汗)。主人公イーニドの目線で物語は進み、思春期を少し過ぎたくらいの(上手くいかない)(自分が分からない)(大事な>>続きを読む

シャクラ(2023年製作の映画)

3.7

CG&ワイヤーアクションと中国時代劇を満喫出来る一本。ストーリーは難解ではないが、正直とっつきにくい部分あり(人物の相関図がよく分からん)。観劇前にあらすじだけでも知っておいた方がベター。ただストーリ>>続きを読む

ボビーに首ったけ(1985年製作の映画)

3.8

アニメで青春を描くことがまだ黎明期だった頃の作品(のイメージ)。同時上映が『カムイの剣』であったり、最初の角川アニメ映画は『幻魔大戦』であったり…公開時は「アニメ=SFアクションもしくはファンタジー」>>続きを読む

ヤジと民主主義 劇場拡大版(2023年製作の映画)

3.8

なかなか興味深いドキュメンタリー作品だった。作品内では主体的に扱われている原告側(ヤジを飛ばした人たち)の主張が正しいことは明らかではあるが…それでも彼らが完全なる被害者(もしくは正義)には思えなかっ>>続きを読む

⻤太郎誕生 ゲゲゲの謎(2023年製作の映画)

4.2

公開から数週間が経っても、映画館が満席になる事が頷ける一本。

序盤は横溝正史テイスト
中盤は京極夏彦テイスト
終盤は最新アニメのアクション炸裂
でも終わってみれば、しっかりと水木しげる先生の世界観に
>>続きを読む

市子(2023年製作の映画)

4.0

なかなかに重いテーマを扱っていてズシンとくる映画だった。主人公女性の失踪事件から始まり、彼女に関係する複数人の視点で事件(というか彼女の壮絶な人生録)が次第に明らかにされていきます。時系列も前後するの>>続きを読む

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(2023年製作の映画)

2.0

ファン向けの劇場作品。総集編とかではないので、初見の方はほぼお断りになります。

主人公の性格というかキャラ付けがよりハッキリした感じ。めちゃめちゃ存在感のある主人公と、もはやモブに近いようなサブキャ
>>続きを読む

駒田蒸留所へようこそ(2023年製作の映画)

3.8

完成度高いですね。お仕事作品として非常に面白かったですし、ウイスキー業界という着眼点も興味深かったです(ウイスキーブレンダーは初めて知りました)
。分かりやすく貼られた伏線とその回収、起承転結がしっか
>>続きを読む

法廷遊戯(2023年製作の映画)

3.5

原作での墓荒らしのパートがまるまるカット。それでもストーリー的には成立するんだなと感心しました。「過去の冤罪」と「現在の無罪・有罪」を天秤にかける構成は、しっかり映画化出来ていると思います。

残念な
>>続きを読む

火の鳥 エデンの花(2023年製作の映画)

4.0

オープニングからラストまで、怒涛の超展開が続く作品。途中で置いていかれるか、鑑賞後にぐったりするかのどちらかですねw。望郷篇は読んだことないですが、本作でも手塚治虫先生の狂気性は充分に伝わりました。初>>続きを読む

攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間(2023年製作の映画)

3.8

かなり時間が開いた総集編の後半。前編と繋がりがあるので『持続可能戦争』は観ておくのが前提です。

舞台挨拶付きの上演会を観れましたが、主演の田中敦子さんの感極まった涙が印象的(ストーリー的にはシリーズ
>>続きを読む

ガールズドライブ(2023年製作の映画)

2.5

セリフシーンは真正面のカメラカットで捉える・・まさにアイドル映画。スクリーンの大画面でもしっかり画になるのは、さすがアイドルです。セーラー服のまま夜の学校のプールに飛び込むシーンなど・・まぁ王道ですね>>続きを読む

愛にイナズマ(2023年製作の映画)

3.7

女性主人公の目線を基に、前半が仕事ドラマ、後半が家族ドラマとはっきり分かれた作品。今年公開された佐近圭太郎監督の『わたしの見ている世界がすべて』と非常に似ている(つーか…ほぼ同じ)構成で、現代版の社会>>続きを読む

SISU/シス 不死身の男(2022年製作の映画)

3.8

邦画が全盛期だった頃を思い出させてもらった作品。規制もコンプライアンスもなく、やりたい放題出来れば・・きっと面白いアクション映画は作れるのだろう。

作品としては初期のタランティーノや「グラインドハウ
>>続きを読む

人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした(2023年製作の映画)

4.2

大きな事件(出来事)が起こる訳ではないので平坦な作品ではあるが、プロットや構成が上手く練られており、約2時間の上演がス~ッと心と体に沁み込む良い作品だったと思います。シンプルな演出と日常感にあふれた演>>続きを読む

おまえの罪を自白しろ(2023年製作の映画)

3.0

現職大臣の孫の誘拐事件を描いたクライム・サスペンス。「身代金ではなく汚職の自供を求める」というアイデアが斬新で面白い。中盤までは政界と命のバランスを掛けた、大人のせめぎ合いがテンポよく濃密に描かれてい>>続きを読む

北極百貨店のコンシェルジュさん(2023年製作の映画)

3.8

実直でドジっ娘な主人公の奮闘を、絵本のような独特なタッチで描いたファンタジーアニメ。一時期流行ったお仕事ムービーですが、今作はパッケージを含めて完成度は高いですね。敵を作らないというか万人向けというか>>続きを読む

ふまじめ通信(2023年製作の映画)

2.8

短編オムニバスの群像劇。登場人物は共通しており、ショート・ストーリーながらも連続性はあります。ゆる~いお話で、正直ココロに刺さるような内容ではなかったですね。ただ尺が短くてライトな映画が観たい時には丁>>続きを読む

ミステリと言う勿れ(2023年製作の映画)

2.5

さすがにこれはムリがある。戦前・戦後の頃の日本ならまだしも、現代においてこの動機で殺人が行われるのはあり得ない。一方「…いや、フィクションだから」で考えると、一族内の天然パーマだけが殺されるという話も>>続きを読む

沈黙の艦隊(2023年製作の映画)

3.8

ハズレが少ないサブマリン映画。それは緊張感がテーマとなるから。その点、今作は最初から最後まで緊張感が保てていて、完成度の高い一本に仕上がっていると思います。素直に面白いです。

一方、原作ファンや原作
>>続きを読む

コカイン・ベア(2023年製作の映画)

3.5

もっとコメディ寄りの作品なのかと思っていたら、完全にスプラッターだった。R-15ですが、鑑賞には注意が必要(でも昔は「13日の金曜日」とか地上波でやっていたもんな…)。クライマックス終盤のシーンなんか>>続きを読む

>|