あおちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

あおちゃん

あおちゃん

映画(242)
ドラマ(24)

愛のむきだし(2008年製作の映画)

2.5

いくらなんでも4時間は長い。もはや映画の程をなしていない。個人的に映画は90分もあれば十分に面白いものが作れると思っている。せめて2時間以内に収めて欲しい。

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

2.0

退屈だった…。シネマンションの斉藤&あんこコンビが絶賛していたので観たのですが…。僕には合わなかった。

エイリアンVS. プレデター(2004年製作の映画)

3.5

基本エイリアンもプレデターもキモいものは嫌いなのですが、これはそこそこ興奮できました。

となりのトトロ(1988年製作の映画)

4.0

とにかく癒された。毎年のようにテレビ放送されていた、息の長い作品ですね。

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

3.5

世間ではあまり評価されてないみたいですが、個人的には面白かったです。同じシーンを違う人目線で繰り返す手法も良かったです。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.5

大昔に観たので、細かい部分は忘れてますが、それなりに面白かった印象が残ってます。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

2.0

クソ映画でした。原作がまだ未完というのもあるかもしれませんが、ストーリーも纏りがありませんでした。

タイタニック(1997年製作の映画)

3.0

すごく流行ったけど、ベタなラブストーリーで、自分は乗り切れなかった。テレビで観たので、カットが多かったのかもしれません。

フォーエヴァー・ヤング/時を越えた告白(1992年製作の映画)

3.5

かなり前に観たので、所々記憶が曖昧になっているが、いかにもこれから泣かせますみたいな感じだったかと。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ん〜。まぁまぁかな。基本ハッピーエンドなんだけど、108歳から老いてもな…。そこから本名で生きても、はたしてどうなのか?

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.0

映像はそれなりに良かった。細かいことを言うようだが、最初の事件で佐藤健が指紋を全く残した気配はなく、木梨憲武がそこらじゅうに指紋を残したのに、佐藤健が容疑者になったことは気になる。普通は木梨憲武が容疑>>続きを読む

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

3.0

つまらないとは言わないが…。中途半端な終わり方。微妙な感じだった。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.0

暗い。最後、後遺症が残ったのか等、気になる終わり方だった。軽く観れる感じではない。つまらなくはないんだけど…。

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

3.5

想像してたよりも面白かった。しかも、今では考えられないくらいの豪華キャスト。藤原竜也、前田亜季、山本太郎、栗山千明、柴咲コウ、安藤政信、ビートたけし、数え切れないくらいビックネームが勢揃い。あまり名前>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.5

凄くいい話だけど、矛盾あるよね。なんとかっていう土地に来てって自分の記憶の中の彼女に言われただけなのに、本当の彼女もそこに来るなんて。そこは気になった。

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

2.5

大昔、映画館で観ました。やはり私は戦争映画が嫌いなんだと再認識しました。

“隠れビッチ”やってました。(2019年製作の映画)

3.0

最初は面白いんですよ。軽いノリで笑えるし。でも途中からDVの話になってきて、重くて観てられませんでした。

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

2.5

つまらなかった。ウトウトした。凄く評判が良く、期待してみたのだが…。
新感染やパラサイトで韓国映画の底力を感じたのだが、エクストリームジョブでズッコケた。
どこで笑っていいのか、わからなかった。

罪の声(2020年製作の映画)

2.5

いや〜、酷かった。小栗旬が好きだし、アンナチュラルの脚本家ってことで、物凄く期待して観たんだよね。クソつまんなかった。これだけのスタッフで、2時間半近くの尺使ってコレかよと。
フィクションだと注意書き
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.0

微妙でした。前評判が良すぎて肩透かしくらった。イチカ役の新人さんは素晴らしかった。あと、エンドロール後のシーンいります?

記憶屋 あなたを忘れない(2020年製作の映画)

2.5

ん〜。ラストがモヤモヤする。結局、記憶屋は主人公の頭の中の自分も消したってことなのかな?よくわからん。

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

2.5

有村崑のお勧めだったので観たのだが、クソつまらんかった。アリコンとは好みが合わないことだけはわかった。

メッセージ(2016年製作の映画)

2.5

結局世界をひとつにってことなんだろうけど、わかりにくい。
有村崑がSFベスト3にあげていたから観たのだが、イマイチだった。アリコンの感覚がわからない。

BLEACH(2018年製作の映画)

2.5

途中まで退屈だった。
あと、あんな怪物からどうやって母親が子供を守ったのか?話が破綻している。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.5

面白かった。これ実話だと知ってればかなり面白いよ。創作だと思うと、だから何?ってなるよね。評価が低いのは、実話だって知らずに観ちゃってるんじゃないかな。

>|