ariantさんの映画レビュー・感想・評価

ariant

ariant

  • 23Marks
  • 5Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ザ・ゴールドフィンチ(2019年製作の映画)

3.7

大学生活の終わりに、大学生活で最も思い出深かった小説が原作の映画を観ました!

雰囲気は好きだったし、演技も素晴らしかった!!
原作が分厚い本4冊分もあるので、そんな長いストーリー(とドナ・タート特有
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.6

こういう映画大好き!
寂しさや喪失感がに襲われつつも、強く生きようとするその力に心を打たれます!

人生には何通りもの生き方があって、そのどれもが美しいものであることを教えてくれます。そして如何なる生
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

4.0

日本人として観るべきかと思い観てみました。映画なので全てが事実なわけではないことを前提に、感想をいくつか。
・当時の東電の経営システム(?)が良くなかったのは、現場が素早く行動しなければならない時に経
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.5

よくある恋愛映画かと思ったけど、良い意味で期待を裏切られました!
相手に対して理解を求めるより、自分が相手を理解しようとすることが大切なんだなぁとしみじみ感じました。
主演2人の互いの気持ちが少しずつ
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

1.3

面白くなさ過ぎる作品でした笑
初めから中盤にかけて、暗く、気味悪く、単調でつまらない時間が続きました。終盤何か展開があるのかと思って期待しましたが、展開はあったものの予想範囲内のつまらなすぎる展開でし
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.9

煉獄さんが、ただただかっこよかった!
言葉選びや演出は子ども向け感が強いですが、ストーリーは家族愛、兄弟愛、生死観などが散りばめられていて、とても勉強になる作品でした。
煉獄さんの、強さとは身体的なも
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.8

映画としては、非常に良い作品だと思いました!「政治家とは」を分かりやすく表現してくれたと思います。
ただその一方で、この作品に限らず第二次大戦を描く映画では安易に戦勝国側を過度に英雄視し、まるでそこに
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.1

すごく分かりやすい、誰でも楽しめるミステリー作品!
真犯人が発見された時、「まさか!?」と思いました。展開がコロコロ変わるのが小気味よく、観ていて本当に楽しかったです!

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.5

2人の友情に、涙が出そうになります。心が動かされました。
黒人差別、人種差別が完全にこの世からなくなることを、切に願います。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.6

主役の、「音楽は自分の頭(心)に残り続けるんだ」というセリフがとても印象的です。V.E.フランクルの『夜と霧』を思い出しました。
人生を通して、何度も観返したい素晴らしい作品です!

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

評価されている作品には、それなりの理由があるんだなぁ、としみじみ。
観た後に、勇気が湧いてきて、元気になる、不思議な力を秘めた作品です!

ターミナル(2004年製作の映画)

4.0

大学の授業で観た作品。トム・ハンクスの東ヨーロッパなまりの英語アクセントがものすごく上手で、プロとはこんなものなんだなぁと痛感!
トム・ハンクス演じる主演の恋を、空港で働く仲間たちが後押しする姿が、と
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.7

面白い!何も考えず、純粋に楽しめます!
映画館で観る方が良く感じる作品でした。(家の音響ではちょい微妙)
エド・シーランが良い味出してました。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

クイーンをそこまで知らなくても、面白い!
知ってたらその100倍面白かったはず!

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.9

この作品、大好き過ぎます。
ロバート・デニーロ演じる主役は、人として、ビジネスマンとして、パートナーを持つ者として、家族や信頼する友人を持つ者として、お手本にしたい人です。社会の中で生きる人間として、
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.8

ただひたすらに、「恐い」映画。幽霊系のこわさとか、グロいからこわいとかじゃなく、内からこわくなる。ジョーカーは社会から除け者にされ、その社会に対して反撃するのだけれど、ジョーカーのように行動には移さな>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.0

自分の教養や知識がないからだと思いますが、面白くなさ過ぎて寝ちゃった!

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.7

この映画は、映画館で観るからこそ素晴らしい作品になるんだなあと思いました。(DVDで観ると、そこまでだった。)
ストーリー自体は、友情や家族愛というありふれたものですが、ワンカットに見せるカメラワーク
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

アジア映画で初めてアカデミー賞作品賞を受賞するほどなので、やはり面白かったです!
韓国社会だからこそつくれた設定で、伏線も張られていて「そういうことか!」と終盤でスッキリ。笑えるし、考えさせられる映画
>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

4.4

2008年、アメリカから端を発した世界恐慌「リーマンショック」までの軌跡の中で、それを推測していた4人のアウトサイダーを描いた映画。
まず、サブプライムローン問題やリーマンショックに関して理解が乏しか
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

映画で泣いたのはこの作品が初めてかもしれません。宇宙空間を彷徨うマシューマコノヒー演じるメインキャラへ、子供達が送ったビデオレターが最高でした。本当に、マシューマコノヒーの演技は心に刺さります💘
終盤
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.8

一度では完全に理解することができず、観賞後に解説をじっくり読み、もう一度映画館で鑑賞しました。めちゃくちゃ面白い!
ストーリー、映像技術など、映画に詳しくない自分でもすごく楽しめる良い作品でした。
T
>>続きを読む