akさんの映画レビュー・感想・評価

ak

ak

映画(1469)
ドラマ(229)

ワールド・オブ・ライズ(2008年製作の映画)

3.0

落ちが微妙だったけど、ラッッセルクロウは絶対にいい人には見えないよね

ミート・ザ・ペアレンツ(2000年製作の映画)

3.2

お姉ちゃんがまぁまぁ悲惨。もう一匹のジンクスはどこに行ったんだ。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.0

最初にライアンが2人いたのは3で繋がりそうではあるけど、てかパラレルワールドってもう1人の自分いないんだっけ?

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.3

筋肉アピールが凄い映画だなーと見てたら予想外の展開。
イケメンと美女は勝手スーパースローモーションに見えるときがあるのね笑
サマーの瞳の色がめっちゃくちゃ好き

グランドフィナーレ(2015年製作の映画)

3.3

誤解を招く邦題
内容もよかったけど、映像が独特すぎて斬新で飽きさせられることなく面白かった

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

プリンがいっぱい。リーアムニーソンおじさん今度もまたたくさん巻き込む。今回はサムが1番可哀想でした。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.0

繰り返しすぎで一瞬飽きそうにもなったけど、ビッチで可愛い主人公すき。だけどループする理由はなんだったんだ

7月22日(2018年製作の映画)

3.2

最初無敵1人リアルサバゲー。
ノルウェーって死刑のない国だから、独房ってめっちゃやばそうって思って調べたら…めっちゃいいやん。しかもプレステ3を要求とかの記事まで見てなんかなんねんろ私ってなった。

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

3.0

ハートマン家かわいい。
外国の家って本当かわいいよね。

ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

3.0

ミルドレッドの肌の色薄すぎて日本人の私からすると日焼けレベルやん。こんぐらい許したれよアメリカってなるし、途中なに問題だっけ?って忘れるレベル。もう少し対照的であってほしかった

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

3.3

スタートレックってもっと評価されても良い気がする。日本だけ知名度低いのかな。このあとリアーナのmv見るとさらに浸れる

ザ・メキシカン(2001年製作の映画)

2.7

ブラピとジュリアロバーツっていう憧れレベルのカップルだけど、あんまり似合ってなかったな

天国からの奇跡(2016年製作の映画)

3.0

あの一瞬で全てを察知した航空券発券係の人グッジョブすぎる。その洞察力ならもっと凄い職種に就けそう

ポーラー・エクスプレス(2004年製作の映画)

2.7

子供たちのためへの作品に見せかけてトムハンクスのための作品。人間とエルフが気持ち悪い以外は映像美

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

2.8

ダ埼玉しか知らなかった
関東出身じゃないとわからないネタだらけかと思ったけどそうでもなかった

お葬式に乾杯!(2010年製作の映画)

2.9

人気者たち総出演。
もう普通のコメディじゃ物足りなくなってきてる

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.0

コストコめっちゃいい会社やん。
邦題が期待させすぎで思ったよりダメでも英雄でもなかった

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.5

日本の映画って本当糞だなって再度認識。
奥さん美人でいい人で可哀想だったけど、さすが監督賞。見せ方が良いし水使ったシーンは綺麗だった。

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(2018年製作の映画)

3.1

最後の方はドタバタと終わらされた感じだけどメアリーやな奴だわ。マーゴットロビーが演じるには早すぎたねエリザベス

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.5

まずスマホ落としたの北川景子じゃないんかい。
北川景子って美しいはずなのに何故か顔がウケ狙いで皆も感化されたのか途中からコメディ。
成田凌やるやん!

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.3

FBI、DTFの他にATFの存在を知れて感動
カッコ良さ狙ってないトムクルーズがめっちゃかっこいい

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.2

ポケモンめっちゃ可愛い。
そして意外と名前覚えてる自分にびっくり。
ゲームボーイの頃のポケモンしたくなる

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

2.9

内容は良いはずなのにすごく勿体ない作品。
絶対もっとおもしろくできたよね

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.3

前作は悲しいイメージだったけど、今作は旅立ちってことでこれが本当に最後なら前向きですごく良かった。ゴミに負ける玩具悲しい

バイス(2018年製作の映画)

3.0

進行役の人が誰なのかわかった瞬間まじか。って笑えた。構成が引き込まれそうで引き込まれない珍しい作り。

アド・アストラ(2019年製作の映画)

2.7

SF系は大抵駄作が多いけど、どんな役者も評価とか内容なんて関係なく一度は宇宙服着た役をやってみたいもんなのかな。とブラピだから余計感じる

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.0

最後の急展開には笑えた。犬賢すぎる。
ディカプリオってやっぱかっこいいわ

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

2.9

お洒落系メンヘラファンタジー
もっと酷い父親なんてたくさんいそうだけど、ゆうほどそんなに酷いか?もっと酷い設定にしてくれないとイマイチ伝わらない

スモーキング・ハイ(2008年製作の映画)

2.8

邦題もパイナップルエクスプレスでいいやん。
なぜに捻ったのか

シャザム!(2019年製作の映画)

3.0

大人になった時のフレディの影が薄すぎる。
最後はDCならではの夢が詰まってたね
いつのまにってかんじではあるけど。

>|