しまさんさんの映画レビュー・感想・評価

しまさん

しまさん

今までジブリとディズニーくらいしか観てこなかった26歳。
2018年5月より産休に入り1日1~2本鑑賞。
知識もないし役者も知らないし難しいこともわからないけど率直な感想を自分の記録用として。

映画(146)
ドラマ(0)

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.7

実話を基にした社会派ドキュメント

教会というものに馴染みがない日本人にはピンと来ないかもしれないがその権力は強大。
その教会が犯した児童虐待、隠蔽を被害者と誠実に向き合い、言葉を引き出し裏取りをする
>>続きを読む

レナードの朝(1990年製作の映画)

4.2

レナードの朝という邦題が素晴らしい。
途中まではハッピーエンドかと思っていたが…
患者本人、家族、関係者
実話に基づいたとても考えさせられる映画だった。

SP 革命篇(2011年製作の映画)

3.8

堤さんがやりたかったのはこんなことなの…?

僕の初恋をキミに捧ぐ(2009年製作の映画)

3.3

井上真央が土下座するところで号泣
あのラストはちょっと狂気感じる

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.1

怖すぎるよー!
ハッピーエンドかもしれないけど全然ハッピーじゃない!

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(2000年製作の映画)

4.0

記憶の思い出させ方が素敵
やっぱり強い蘭姉ちゃんがかっこよい

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼(1997年製作の映画)

4.0

思い出補正もあるかもしれないが
扉を挟んで赤か、青かの選択を迫られるのはやはり良い

名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年製作の映画)

4.1

最近のコナン映画で一番好き!
赤井さん安室さんの絡みが素敵
この映画でガンダム声優さんだと言うことを知る
最後は切ない

火垂るの墓(1988年製作の映画)

3.5

辛すぎて2度と見たくないけど日本人として1度は見るべき

紅の豚(1992年製作の映画)

3.8

憎めない愛すべき悪役の代表格
最後の賭けがさりげなく描かれてて好き
大人向けジブリ

耳をすませば(1995年製作の映画)

4.0

雫たちより年下か、年上かで感想が変わる
バイオリン職人ってリスキーだよなぁ…
聖蹟桜ヶ丘で聖地巡礼してたら民家からカントリーロードが流れてきて感動した

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.1

誰もがホウキに跨ったはず
高山みなみさんさすがです

もののけ姫(1997年製作の映画)

5.0

ジブリでラピュタと並んでトップ
タタリ神が怖くてよくわからないけど面白かった幼少期から
内情が理解できるようになった今もずっと大好き

人ももののけもキャラクターが全て魅力的
劇場で観てみたかった…

ピーター・パン(1953年製作の映画)

4.0

何度観たことだろう
ティンクを捕まえれば空を飛べると思ってたあの頃
ハンガーを片手にフック船長ごっこをしてたあの頃
自分の子供にも観せたい

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.2

おじいちゃん家のビデオで20回は観た
子供の頃は理解できてない部分が多かったがそれでも楽しめた。
大人になり原作をよんだ今、より深く楽しめる

ファインディング・ニモ(2003年製作の映画)

3.5

なかなか衝撃的な出だし
ビニール袋で移動するのがかわいい

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.2

真面目な子が精神的に追い込まれて(追い込んで?)現実と幻想の区別がつかなくなり狂気に落ちていく…
本番前日からラストまでの畳み掛ける展開がよかった
官能的で芸術的だけどもう1度観たいとはならない映画

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

戦争の悲惨さは戦場だけではない。

スナイパーとしての才能を発揮し戦地と日常を行き来するクリス。
体は日常に戻っても心は常に戦地にある。
そんな行かないでほしい、以前のクリスに戻ってほしいと願う家族。
>>続きを読む