たまご山の頂点さんの映画レビュー・感想・評価

たまご山の頂点

たまご山の頂点

映画(226)
ドラマ(1)

君の名は。(2016年製作の映画)

4.8

今までの新海映画に比べるとかなりとっつきやすく爽やかになってる。相変わらずMVのようなところはあるけど。話が良いし、作画も良いし、あとはキャラクターの顔がはっきりした。

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

皆がめんまを見つけるところ、secret baseが流れるところ、エンドロール後、実に良かった。 少し時代を感じるなあ・・・。

劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディ(2017年製作の映画)

4.9

ようこそ篇よりも、ストーリーが大味・王道。メインキャラクターがこっちになるのかあ・・・良いわあ・・・。くみこちゃんの主人公力に痺れるう・・・。

劇場版 響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ(2016年製作の映画)

5.0

『リズと青い鳥』を見たときは度肝を抜かれたが、こちらもやはり凄い。青春の残酷さ・・・。あすか先輩にはゾクゾクした。京アニはやっぱり目が綺麗。

グリンチ(2000年製作の映画)

4.1

アニメ版の後に見た 割と違う点が多いけどどっちもストーリーを活かしてる 実写のシンディー・ルーはまじでかわいいな 面白かった

グリンチ(2018年製作の映画)

5.0

見入ってしまうアニメーションの質!!!毛の質感、セーター生地につく雪があまりにリアルで最高。ストーリーもイルミネーションはいつもちょっとひねてて好きだ。

ONE PIECE ワンピース ねじまき島の冒険(2001年製作の映画)

4.1

一時代前の作画、すごく良いよね。滑らかな作画。ゾロとサンジがいちいちかっこいいけど、敵方の女性キャラ好みだった。

劇場版 フリクリ プログレ(2018年製作の映画)

3.9

オルタナに増してカオスである。そして癖が強すぎる作画である。ジンユかっこいい。

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

5.0

凄い色んなものが込められてて、目を逸らせなくなった。

TAXi2(2000年製作の映画)

3.8

日本のイメージがアレだがコメディ要素は面白い。

TAXi(1998年製作の映画)

4.1

軽ーいノリの映画って超高評価にならなくても、絶対必要だなあと

劇場版 フリクリ オルタナ(2018年製作の映画)

4.1

作画が見ていて気持ちいいクオリティ、ストーリーの突飛さと青春の同時並行が巧み。

時をかける少女(1983年製作の映画)

4.6

終盤〜EDが鳥肌立つ、ショットや台詞の足し引きが非常にしっくり。

わたしの名前は...(2013年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

人間の印象が揺れるものである一方で、無機物というものは実に美しい。

ラスト´沈黙の壁´ ゾッとする

スティング(1973年製作の映画)

4.1

この時代にしか出来ないような映画で魅力抜群。

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

5.0

アニメーション史に間違いなく残るし、映画史にも残るであろう作品、表現が秀逸でたまらん。

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower(2017年製作の映画)

3.9

クオリティーが良い意味でおかしい、ランサーVSアサシンのとこの作画が気合い入ってる。

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

4.8

見ていてワクワクする構成、俳優陣の演技に圧倒される、シンシア・エリヴォ凄いわあ。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

人生全て善きようにはふつう生きられないよね
Queenとフレディ・マーキュリーの歴史を見ながらも、ただの歴史物にしてない映画にした意義が感じられる良作ってかんじ
エンドロールのスタッフの名前とQuee
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

俳優陣の演技の凄絶さにびびった…、後を引きまくってる映画。
あとサウンドトラックがとても好みでした。

キャッツ(2019年製作の映画)

3.8

前評判がかなりやばかったけど、言うほどでもないのでは? まあ原作舞台とキャストの歌とダンススキルに助けられたところは大きいけど。 シュールでしたが

カサブランカ(1942年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

丸くおさまった感はあるけど、相当の覚悟を持っている人たちの話。

>|