みえこふさんの映画レビュー・感想・評価

みえこふ

みえこふ

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.8

英国式泥臭さお洒落クライムサスペンス!
そしてマコ兄はやっぱり最後までアニキでした。
ゲスいヒューさんもええわー。
スリリングな会話劇と、最後までどんでんどんでん返しな展開。見映えだけでは見応えも充分
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.2

まず、これ脚本書いた人すげーな。
事前にあらすじとかの情報まったくチェックしないで観たら、わけわからん話だな〜って頭の中???で観てるんだろう。でもその、まさにこのわけわからん展開が実際に認知症になっ
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.0

最初はあまりつかめない映画だなぁと思っていたけど、最後の方でやっと納得。
これはおばあちゃんと孫の物語であり、やっと最後が家族のスタートラインなのだな。

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.8

前半は思ったとおりの男子会映画。でもあまり事前情報を読まずに観たら後半の展開は意外だった。昼間のギンレイは割と中高年のお客さんが多く、この方々にはアラサー男子の青春ばか騒ぎがどう見えたのか聞いてみたい>>続きを読む

世界で一番しあわせな食堂(2019年製作の映画)

4.0

アウトドア派なら憧れるであろう、広い森林や湖に囲まれたフィンランドの暮らしと、中国料理の豊かな味わいと医食同源の心の融合。
身体の健康と心の健康のバランスが幸福を生むということが丁寧に伝わってくる。
>>続きを読む

MISS ミス・フランスになりたい!(2020年製作の映画)

2.5

テーマは良いのに、ちょっと物語全体の構成のしかたが雑に感じた。

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.0

何十年も裏社会と刑務所で過ごしてきて、それゆえに実直な主人公の姿を通して、普通の暮らしがあるはずの社会の不条理さが浮き彫りになる。
今、そしてこれからは、主人公のような経歴じゃなくとも、社会との接点が
>>続きを読む

海の上のピアニスト イタリア完全版(1998年製作の映画)

3.9

2時間半以上の長い映画を観に行くのは、自分にとってはある意味“賭け”。これも本当は通常の尺のバージョンが見たかったけど、今は長いのしか劇場公開してないもんだから、ちょっと勇気出して映画館へ。結果、3時>>続きを読む

グレース・オブ・ゴッド 告発の時(2018年製作の映画)

3.8

声をあげること、あげ続けること、次の世代へつなげること、社会の変革や進化に影響を与え続けること、事実を風化させないこと、闘いもやらなきゃいけないこともまだ終わらない…さまざまな事件や社会問題で発足され>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.0

ベタは良い。でもこのタイプの探偵ドラマは子どもの頃テレビでよく観てたから、ちょっと飽きてる。そうかTVで観た方がむしろ良いか。
うちの親の世代は好きだと思う。

これはこれでシリーズ化しそうな感じだな
>>続きを読む

テルアビブ・オン・ファイア(2018年製作の映画)

3.5

パレスチナのユルい笑いは今日も健在。ちょっと眠くなったけど。

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.8

ダニー・ボイルといえば「もしも世の中が〇〇だったら」映画ですよね。
なんか「ドラえもん」を観ているような気分にもなれるSF(少し不思議)。
ライブハウスにコンサート、営業自粛や中止が続くなか、やっと再
>>続きを読む

COLD WAR あの歌、2つの心(2018年製作の映画)

4.0

華やかでもの悲しい響きの東欧の民謡が、政治や社会情勢に翻弄されながら生きる人間の悲喜やたくましさを、都会的で乾いたジャズの響きが、くっついたり離れたり、求めながら傷つけあったりと、一筋縄ではいかない男>>続きを読む

洗骨(2018年製作の映画)

4.0

深刻な家族のやりとりと、周囲の人々のコメディのバランスが絶妙で良かった。笑えるのに深い、命のドラマ。映像も美しい。

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.3

美しい作品でした。
が、ちょっと眠くなりました。
まだまだ続きそうだなと思っていたら、そこで終わってしまいました。ふーん…。

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

4.2

タイトル、ポスター、古き良きイギリスの港町の風景、可愛らしい家々やインテリア、衣装などの映像がもたらすイメージから、ハートウォーミングな作品と思わせて、もちろん温かさもあるけれど、現代にもある政治や権>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

80〜90年代のミニシアターブームのときに、文化村とか銀座の映画館でかかってたような雰囲気で、なつかしい感じでした。
こういう映画で客席が満杯になっているところを見ると、まだまだ映画界も捨てたもんじゃ
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

4.5

もしも寅さんが紛争地を旅したら…。イメージはそんな感じかなあ。庶民の温かさとユーモアを交えた人情味あふれる映画だからこそ、光州事件の悲惨な光景が、市民の悲しみが心に刺さる。
世界中にいるジャーナリスト
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.8

数学とか物理を扱う映画って、いろいろあったけど、ほんと脚本から役者に至るまで、制作に関わってる人たちすごいと思う。もちろん、学者や専門家が監修や考証に入っているはずだろうけど。シナリオを頭に入れるだけ>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

映画館を出ると外は寒いが、高揚感のある映画を観た後は、心と体がホカホカしてるのか、帰り道はあまりつらくなかったw

よく行く店のバーテンダーさんがイチオシで、音楽好きならハマるかもとおススメしてくれた
>>続きを読む

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

3.2

上映時間77分はちょうどいい長さだったと思う。足りなくもなく、盛りすぎでもないのが良かった。
昔のイタリア映画みたいだった。

フィリピンが舞台の映画は、お国柄だけどちょっと他のアジアの映画観るのと違
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

2.8

やっぱ『氷の微笑』っぽいわ。あんまり覚えてないけど、例えば音楽とかね。
しかし、昔はこういう大人の映画流行ってたよね。今はこういう映画自体少ないから、作ってくれるだけありがたいのかもしれないな。

>>続きを読む

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

3.8

マレーシアは民族、宗教、多言語が共存する国であることがよくわかる。アジアの国々の映画もいろいろと観たが、普通の感じで混沌としていて、まだひと味違う感覚。
甘酸っぱい恋愛映画と、音楽が好きな人にはすすめ
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

うぅぅぅっっ(-_-;)身につまされる。
明日は我が身…。
でも、観た後暗い気持ちにならないのは、今、日本人の私たちも、
登場人物たちや、ケン・ローチと同じ怒りを国や政治家たちに感じているからだね。
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.0

やっと観れた〜!見逃しまくって諦めてたけど、期待していたギンレイで観られた〜!
昔のヨーロッパの映画とか、ニューシネマ系のアメリカ映画みたいだった。
薄気味悪くて見応えあり。
人間の、“こわいもの見た
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.5

最後の方のシーンを観てるとき、中野量太監督の作品や、是枝監督の作品がふと頭に浮かんできた。
フツーじゃない家族の、波乱だらけでも温かい物語ってところは通じるところがあるのかもしれない。
となりの席にい
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

賛否はくっきり分かれそうだが、歴史の振り返り方、ドイツの方が大人かも。笑いをきっかけに考える、痛烈な社会風刺、そういうコメディが日本でも注目され、作品が増えればいい。
途中若干ウトウトしてしまった(日
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.5

前半は主人公のはっきりしない態度にイライラした。なぜそういう行動に出るのかわからない、そんな展開でも、岩井マジックでなんとか鑑賞に耐えた。後半はもう、前半で抑制していた(でも、"岩井あるある"な描写は>>続きを読む

すれ違いのダイアリーズ(2014年製作の映画)

4.5

経済発展著しい都会と、ライフラインもとぼしい水上集落の対比という、東南アジア独特の風景の中、米国インディペンデント映画のような、ちょっと風変わりな恋模様と、教師奮闘系学園ものを合わせたストーリーを、韓>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.7

報道で世の中を変えるきっかけが見つかったり、困ってる人を助けることにもつながる場合もあるんだと、改めて思う。

そして取材、聞き取り調査、公文書など資料による調査、ほぼその一見地味な動きの繰り返しで見
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

2.8

火星の人
出てくるセリフの半分以上は意味がわからないのに、誰もがハラハラしたり感動したりそれなりに最後まで楽しめる映画が作れる、ハリウッドはやはりすごいんだなと思いました。
宇宙のどこかでひとりぼっち
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

3.1

あんなに話題になりましたしね。
観ました。

映画を観たあとに、ときどき、この映画ってもし、キャストが今と違ったら…とふと考えることがあります。

不器用だけど優しい人物像の店長さんも良いけど、
やは
>>続きを読む

セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター(2014年製作の映画)

4.2

写真家ドキュメンタリー映画として、すごくいいなあと思った点は、とにかく、作品を大きなスクリーンでじっくり堪能できること。そして本人がそれについて語る。
それに集約してこの映画を作ったヴェンダース、さす
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.8

ゲスの極みジェイク!

結局何も解決しないで終わる、このキモさ!
着地点のない物語もまた、映画界には必要。

こういう映画に出られる俳優は、安定した人気を保てるんじゃないだろうか。

最後の方、客席後
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.8

お正月三ヶ日の神楽坂でアドレナリン全開。
今年も攻めるギンレイホールだな。
カーアクションをアートにするとこうなるんだな。
スピード感と音楽で2時間を感じさせない。砂漠のシーン美しい。
“ジャドール
>>続きを読む

サンドラの週末(2014年製作の映画)

2.5

がけっぷち中小企業で働く身としては、日常の延長線上のことのようで、映画の話にならない(笑)。
しかし、ボーナス時期にこの映画をやってしまうギンレイホール(偶然だとは思うが)、いいね。

>|