ゆささんの映画レビュー・感想・評価

ゆさ

ゆさ

映画(55)
ドラマ(5)

神様メール(2015年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

神様である嫌な父から家でして使徒を集める。
寿命をみんなに送る。
なんやかんやと集まった。ゴリラと愛し合う人や子供の頃に出会った美女と再会したり。
最後は女神(母)がゲームのコンセントを抜いてしまい再
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ファンのやってほしいことを詰め込みまくった感じ。
シナリオはやっぱりつまらなかった。
さすがにギャグシーンがしんどかった。近くのおばさんの笑い声がさらに不快感を煽って席から滑り落ちて仕舞えばいいのにと
>>続きを読む

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

2.3

蒼井優さん好きじゃなかったけど好きになった。
松山ケンイチ最高に気持ち悪くて最高。
引きの画ばかり長くて夜中に見てたからしんどかった。
10年後くらいに観たらなんとなく泣きそう。

ボビー・フィッシャーを探して(1993年製作の映画)

2.5

天才チェス少年と親父の成長。

決勝の周囲の大人の教えを全て吸収して戦うジョシュの姿が良かった。

公園のボスの攻撃型チェス好き。

お母さんの言った「優しさは世界で一番大切なものよ」

エヴォリューション(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

難しすぎる。
音楽が無くて無音の世界だった。生活音以外ほとんどなかった。
結局船の上の夢オチ?
成人男性禁制?成長させない薬?
ステラは好きになったのか?
観覧車とか車とか世俗のものを知ってるのは元は
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

3.0

有名だけど初めて観た。
アイディアすごい。
銃撃戦アニメ的表現で好き。
スローモーション楽しい。

バクマン。(2015年製作の映画)

2.5

あの二人が高校生は流石に無理がある笑
でも面白かった。
原作読んだ身からするとツッコミどころ満載。
途中の一位争いのときの演出笑っちゃった。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.0

文化違いすぎて評価できない。
幼少期、少年期、青年期の3部に別れている。
別の人間なのに一人の人間の成長過程に見せるのがすごい。
映像が綺麗だった。
ファンのどっちの手?ってやるシーン良い。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.0

面白い。
17歳とは思えない頭脳と行動力。
カールと仲良くなるの謎。カール優しい
父親を助けたかっただけ。お母さんひでえ。
コメディ調だけどちょっと悲しくて最後ほっこり。
最後に実話なの知ってすごすぎ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.5

ほっこり。
祖母ひどい。
叔父がいい人だからいい子に育った。
途中のお別れシーン泣ける。
環境大事。

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.8

四年ぶりくらいに観た。めちゃくちゃ面白い。最後の襲撃、ひさびさに映画で息が詰まった。マチルダ空気孔から逃すところしんどすぎ。
マチルダ可愛すぎてロリコンなのではと錯覚した。
レオンもかっこよくて、だん
>>続きを読む

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

3.0

途中で迷路みたいになった。
自分で選択してるように思わせて主人公の作っていたゲームと同じように結局決められたコースに乗せられてる。
コリンが生きてるか生きてないかでハッピーエンドに行けると思ったけどそ
>>続きを読む

覗くモーテル(2017年製作の映画)

1.8

ドキュメンタリー。
ドキュメンタリー作家が覗き魔を取材し、その本が出版されるまでの過程。
こういう異常な性癖の人とか自分にありそうでなさそうな話は惹かれる。

内容としては特段面白くなかった。

爺さ
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


知的障害アメリカ人の風に流されながら成功したりいい人であったりの話。

欲がないからまっすぐ生きてて気持ちが良い。
実際のアメリカの歴史に沿ってて時代背景わからないけどアップルとかスマイルの話とか他
>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

1.0

2019年1本目

つまらなかった。
主人公にイライラする。
お涙頂戴で安っぽい。ひさびさにつまらない映画見た。
結局妄想。

濱田岳のエピソードだけ好き。

シャイニング(1980年製作の映画)

2.1

キューブリック初めてみた。
音が怖い。

何かあった時の音とアップで笑いそうになる。

やっぱり少女とおばあちゃんは怖い。なんでなんだろう。

二重生活(2016年製作の映画)

2.5

どんどん引き込まれた。
難しい。
菅田とたまちゃんの関係がモヤモヤする。

冒頭の若い同棲の生活感えぐい。グッときた。

なぜたまちゃんはキスをしたのか。論文を書きたいから?
わからないこといっぱい。
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.1


引き込まれた。主人公に感情移入できた映画久しぶりかも。

実際にボクシング上達してるし長い撮影期間だったことがわかる。それだけに最後の試合もしっかり試合しててよかった。

ダメ大人の成長映画。

>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

1.9

このレビューはネタバレを含みます

最後の最後にやられた。
役者がうまいし脚本もうまい。
気づかせない。気づかなかった。
途中なんかだれた。なんで。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

2.0

ドイツの社会問題について現代に復活したヒトラーがコミカルに触れていく。
ヒトラー自身は素のヒトラーでみんなを笑わせる。

いまのネットある情報社会の世の中でもヒトラーはヒトラーであれるのかなと思った。
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

期待しすぎた感はある。
やっぱり洋ホラーは宗教色強くてちょっとわからないところがある。

この作品はよくある洋ホラー〈びっくりさせるやつ〉と違って邦ホラーぽさがある。ねっとり怖い感。

最後のお母さん
>>続きを読む

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(2014年製作の映画)

3.0


高校生ぶり。

あのときとはちがう気持ちで見てる。
感情移入した。
音楽いいね。

インセプション(2010年製作の映画)

3.4

高校生ぶりに見た。
アイデア面白い。

もっといろいろできそう

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

2.8

起承転結もよくわからんしとにかくわからん。けど面白かった。

薬のシーンすごい

カッコいい。なんであんなやつらとつるんでたのかわからん。親が優しいかもわからん。わからんづくし。

音楽好き。
UVE
>>続きを読む

>|