Naさんの映画レビュー・感想・評価

Na

Na

グッド・シリアルキラー(2018年製作の映画)

-

これは子供産んでない限り一生理解しきれない大きな感情なんだとは思うけどほかに解決策はなかったのか?という難しいテーマ。

PIGGY ピギー(2022年製作の映画)

-

ちょっとストックホルム症候群的。誰もじぶんを愛してくれないだろう、というコンプレックスがそうさせてしまってる絶妙な感じ。成長していく所が見れて最後良かった。しかしバイクの男の子が、デロデロのタンクトッ>>続きを読む

死神とワイン醸造家(2021年製作の映画)

3.9

死神も味見しにくる時点でこの世で最も美味なワイン…気になるとても。ダークファンタジーっぽさも良いし、実際、疫病にこういう言い伝えはつきものだと思う。彼がもし樽を開けていなかったとしても、運命は変えられ>>続きを読む

ユー・アー・ノット・マイ・マザー(2021年製作の映画)

-

アイルランドでは精霊が女性や子供と取り替えられる伝承が昔からあるとのことで、日本における神隠しや妖怪的な感じなんだろうか。これもそうなんだけど、ホラーってなぜジャケットがいまいちな作品未だに多いんだろ>>続きを読む

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

-

あまりの不運と不安に笑えていたのは途中までで、あとはずっと目が覚めない悪夢を見ている気分。気がつけばボーに共感したり哀れんだり、だんだんボーを愛しく思う。アリアスターは母親と屋根裏になにか恨みでもある>>続きを読む

ファミリー・ディナー(2022年製作の映画)

-

概ね想像通りの結末に向かっていくので衝撃はないが、家庭内で起きる親から子への暴力・歪んだ感情は絶対的に親が強いから、誰にも助けを求められないという点では集団カルトとかより断然怖いテーマだと思う。まして>>続きを読む

「進撃の巨人」〜クロニクル〜(2020年製作の映画)

-

多くの鬱シーンがある進撃だけど、これはシリーズの中でもランキング上位のシーンがありつらいね

劇場版 進撃の巨人 後編 自由の翼(2015年製作の映画)

-

特にシーズン1までは何周か見た気がする。これ漫画流行ってたときわたし高校生だったんだよなあ。教室でみんな読んでたし奇行種が話題になってた青春。

劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢(2014年製作の映画)

-

進撃、いつ見てもファン1日目のような新鮮な気持ち。まじで立体機動装置を使いこなすことが本当にすごすぎると思うのだけど、巻き取りが引っかかるリスクも怖いしあの速度でワイヤー次々出して宙に浮き続けるなんて>>続きを読む

鬼滅の刃 兄妹の絆(2019年製作の映画)

-

初めて鬼滅をみたとき、すでに日本中でブームになってからだいぶ経っていたんだけど炭治郎があまりにも心のきれいな主人公だったので、広い世代に愛される理由がやっとわかった。

オオカミの家(2018年製作の映画)

-

チリに実在したカルト教団、コロニアディグニダ側の視点から描かれることで見ている側は無意識のうちに洗脳されていきかねないという手法すごい。こういう疑問こそ次の世代に伝えなければいけないので、映画とは素晴>>続きを読む

エスケープ・ルーム2:決勝戦 エクステンデッド・エディション(2021年製作の映画)

-

これ続編あったのか〜!気づいたらベンのことめっちゃ好きになってた。終わらない終わり方ってベタで大好き

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

-

また18日の月曜日から出られない!良い感じに色々回収されてく。予想外に愛のある展開ですごく好きだった!多元宇宙論では現実で悪人でも他でそうとは限らない。ループもの見るたび、人生選択の連続と感じるし、ル>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

-

とても暑いので夏休み気分でワールド全部見返した!この先また何度でも見たくなるだろうなあ。

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

-

映画館ぶりに!とっても良い、夢がありすぎる!やっぱりこれは大画面で見たいなあ。集大成なので主人公いっぱいいて見どころ大渋滞で好き!恐竜の一部は鳥類としていまも身近で進化しているのだと思うととてつもない>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

-

久しぶりに見た!ワールドで1番好きなのはやっぱりこれかなあ。火山が噴火する中、取り残される恐竜たちを船から見ているシーンは辛すぎて忘れられない。

ヘルムートの誕生日(2009年製作の映画)

-

いいね!舞台美術!!場面転換がおもしろい、演奏も好き

Curve(原題)(2016年製作の映画)

-

目覚めたらカーブしたコンクリートの壁に引っかかってた。指とんでもない方向に曲がっちゃってるし、できれば反対向きになりたいのに角度が急すぎて体制変えれず、女性の運命は…。こんなん嫌すぎる。

スローンはネックフェイスに恋する(2020年製作の映画)

-

連絡先も住所も知らないし会ったこともない。でも街中のサインを目印に手紙交換する!!という、今の時代にあえてアナログな方法で思いを伝えあえるのちょっとおもしろかった。

ザ・メニュー(2022年製作の映画)

4.0

愛しすぎてつらい、今更やっと見たんだけどなにこれミッドサマー????コースが進んでいくにつれて不穏になっていく感じも含めて6品目が好き。最後最高すぎて頭抱えちゃった。わたしはなに食べてもうまいので高級>>続きを読む

100日間生きたワニ(2021年製作の映画)

-

原作Twitterで読んでた。映画化してこんな仕上がりになってたのかあ。タイトルは生きるを考える、ってテーマでストーリーも付け加えるにあたって変えたんだと思うけど、「100日後に死ぬ」というワードとカ>>続きを読む

2012(2009年製作の映画)

-

ノアの方舟、乗れる気がしないなあ。緊迫感のある派手な演出が多く、見終わってちょっと疲れた…

翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~(2023年製作の映画)

-

埼玉を代表するタワーが行田タワーだと瞬時にわかってしまったので胸を張ってしらこばとポーズします 東京出身の旦那が連合軍戦うシーン隣で泣いていた(なんで)

#フォロー・ミー(2020年製作の映画)

-

展開はほぼホステル!!!!エンタメとしてすばらしい世界の作り方!!!こういうラストシーンほんと大好き

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

-

視覚効果賞受賞が気になって視聴。シンゴジラが話題になってたときはあんまりハマれなかったんだけど、この体当たり作戦感がすごく好き、これは映画館で見ればよかったなああ!!

くもりときどきミートボール(2009年製作の映画)

-

ミートボールのパスタといえば有名なのはカリオストロの城、あとわんわん物語でしか見たことのない憧れの食べ物なんだけど、昨年ついにとしまえんのフードホールで発見!最高に美味しかったけど1,600円でミート>>続きを読む

名探偵コナン vs. 怪盗キッド(2024年製作の映画)

-

まじっく快斗とキッド総集編見返してからみる今年の中森警部とのシーンは泣ける

⻤太郎誕生 ゲゲゲの謎(2023年製作の映画)

-

閉ざされた一族のいざござから妖怪大戦になっていくのおもしろかった。最後へのつながりが綺麗で感動する。

鬼太郎自体はあまり見た事ない世代だけど子どもの頃から知っている、改めて偉大な作品なんだなあ。

みんなで模様替え(2010年製作の映画)

-

ミニオンは元気がないときみたい映画No.1かもしれないなあことしも楽しみだなあ

オクス駅お化け(2022年製作の映画)

2.5

怖くはないけど廃駅の雰囲気良い。人生誰からも恨まれたくないなあ

名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)(2024年製作の映画)

5.0

推しが久々に劇場版に出ておりましてもうラストシーン呼吸困難すぎてエンドロールの色々が頭に入ってこなかった、あと何回見に行けるかなアクスタ買っちゃった相思相愛良すぎん??????(早口のオタク)

通常
>>続きを読む

NOCEBO/ノセボ(2022年製作の映画)

-

ホラー映画ばかり立て続けに見ていて思うこと、単にホラー作品として見る楽しみはもちろんあるんだけど、その根底にある宗教や民族の違い、貧富の差、差別はなくならないし育った文化が違えば完ぺきに分かり合うこと>>続きを読む