Bangchangさんの映画レビュー・感想・評価

Bangchang

Bangchang

ミニシアターにロマンス

映画(267)
ドラマ(1)

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

4.0

物心ついた頃から何度も観てきた‬ターミネーターシリーズ‬。‪…きたぁぁぁぁ!!!!‬って前のめりになるシーンの連続で‬めちゃめちゃ面白かった!‬キャスト全員とにかくかっこいいし‬アクションは圧巻!‪そ>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

4.6

こんなキャラ濃いメンバー最強最高!女同士の友情における認め合う大切さがしっかり描かれててガールズパワーの底力に感動した!アカペラのミックスめちゃめちゃかっこいいな〜〜口の悪さや汚い言葉もとことんポップ>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.4

ジョーカーの言ってること滅茶苦茶面白い。混乱が人間の本質をあぶりだすとな。半端ない心理戦。

王様になれ(2019年製作の映画)

4.0

the pillowsの楽曲がここまでストーリーに寄り添うなんて…嗚呼。ピロウズ好き云々抜きにしても青春映画として素晴らしい作品だと思う。何かに突き動かされようと待っていてもはじまらない。もがく少年の>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.9

心えぐられた。いろんなものえぐりとられた。悪と正義は表裏一体。悔しさと清々しさと観終わった後に残ったのは、こんなに素晴らしい演技を撮りおさめた製作チームは最高に幸せだろうなという多幸感。ホアキンの役者>>続きを読む

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

-

今の私には全然響かなかった…思春期の苦悩や葛藤はもちろん共感できるけどストーリーとしてもう少し変化を見せて欲しかった。そんな劇的に何かが変わるわけではないのがリアルってこと?かな…過去から踏み出す一歩>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

5.0

ビンテージなフォント、頭に巻いたスカーフ、爆音でかけるレコード、すべては1969年のアメリカ。知らなかった社会的背景、壮絶な実話、色々すごいし何よりブラピとレオ様の初共演はアツすぎる。どちらも最高にか>>続きを読む

さよならくちびる(2019年製作の映画)

3.0

そういう矢印なのか、っていう三角関係。
互いに素直になれず会話も少ないが、旅中の心境の変化から歌が変わってくるのがすごくリアルでよかった。

鑑賞後はメロディーを思わず口ずさんでしまうほど。秦さん流石
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.7

ストーリーには???が浮かんだままで想像してたのと違ったけど、たしかに〝忘れられない夏〟だ。

この先ふと思い出すんだろうなぁってシーンが散りばめられてて、それを暑い夏がまた戻ってきたこの時期に観られ
>>続きを読む

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

3.0

身体が言うこと聞かなくなって家族に当たってしまったり、他人に厳しくなってしまう身近な人と重なった。周りの人で少しずつ支えることが大切。その優しさに触れて心がほどけてく様子を観ていて優しくなれた

シンプルメン(1992年製作の映画)

4.9

男と女のペアショットずっと何かが起こりそうな、やわらかなドキドキ。兄弟同士、男同士の会話がバカらしくて可愛い

〝トラブルと欲望だけ〟
〝欲しいものと必要なもの〟

ジャケットで見たぱっつんバング黒髪
>>続きを読む

パピヨン(2017年製作の映画)

3.8

無実で終身刑、島送りって本当にこんなことが許される時代ががあったんですね…

オリジナル版も観たくなった。

チャーリー・ハナム演じるパピヨンのなんとしてでも生きて脱出するという凄まじい精神力。男の友
>>続きを読む

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた(2018年製作の映画)

4.8

のっけからヘッドフォンで爆音Tweedy、あの子に勧められる「Your Best American Girl」、閉店セールのトム・ウェイツ、複雑でシンプルなAminal Collective…でもって>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.8

オールキャストいたずらっぽい会話がなんとも愛しくて終始クスクス。ウィルスミスは登場から空気を変えた!笑

悪役がとことん悪役に徹してくれてる。芯が強く屈さないジャスミンには惚れるし、まっすぐで仲間想い
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.5

一切 笑顔がないのが面白い。いたってマジメで本気。なのにどこかクスクスさせてくれるムードが纏ってて可愛いくってしょうがない。

スージーの魔法のために忘れ物とりにいくシャカスキー、好き

映像だけどワ
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.9

ステキなシーンたくさんあるのになんでジャケットの2人がああなのか。嵐に遭って心の中にあったものが溢れかえって、昔を取り戻した2人だったのね。

愛してるは伝えなくちゃ

お母さん、、、、っっっ

21世紀の女の子(2018年製作の映画)

3.0

セクシャリティの自由をそれぞれの視点が物語ってる。表現は自分を見つけられる。いろんな人がいろんなままで居られたらいい。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

最初見終わった時は「思い通りの恋愛をしてる人なんて世の中にどれぐらいいるんだろう」と冷静に30代前後の恋愛の難しさや人間の不器用さに共感してたけど

観た人らとそれぞれの感想を言い合ってるうちにめっち
>>続きを読む

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

3.6

小さな町の世界の狭さは考えの狭さそのもの。そんな物語の中で小さな少女が密かに心の中で炎を燃やし続けたという…クリスティーナ、よくやった!!

でもやっぱり根性悪いやつらばっかりで悔しい、、、

グリー
>>続きを読む

ユニコーン・ストア(2017年製作の映画)

3.7

こういうメッセージ、大好物。

大人ってなに?そんなのが大人っていうなら大人になんてなれなくていい!って一度でも思ったことがある者がこの映画を観て昔はそうだったなー、でもそういうもんなんだよなー、、な
>>続きを読む

ザ・ダート: モトリー・クルー自伝(2019年製作の映画)

4.8

見始たら止まらんかった…視点がコロコロ変わるけどメンバーそれぞれのキャラクターが立っててわかりやすかったしこだわりの再現っぷりが見事やった!!作品の中でちゃんと歳とってるのがめっちゃよかった

度を過
>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

4.6

ティム・バートンが描く「ダンボ」の物語が、子供の純粋な心と夢に味方する優しい物語で幸せな気持ちになった。。ダンボ愛しいなぁ〜〜

風変わりなフリークスたちを愛嬌たっぷりに、悪役はとことん悪に徹してくれ
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.8

映像すご、、、、アトラクション乗ってるみたいやった。そら、公開してから2週間で「3回観た」って人出てくるのも納得。

人間が想像できることは実現できる、なんて言うけど、あれほどの独創的なイメージできた
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.1

乗ってたリトルカブに名前を拝借して「バンブルビー」って名付けてた個人的な思い出もあり、相棒に名前をつけるロマンを思い出させてくれた!!!チャーリーの背景にも胸を打たれるものがあって感情移入しちゃう。>>続きを読む

母を亡くした時、 僕は遺骨を食べたいと思った。(2018年製作の映画)

3.9

家族の遺骨を持っておきたい思ったことがあったから、主人公の気持ちはわかる気がした。

死との向き合い方をユーモアたっぷり描いていて、こういった受け入れ方もあるんだなと思わせてくれる。知らないとできない
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.6

気持ちのいい映画!足りないところを埋められる関係は素晴らしいなぁ。2人の旅の話をずーっといつまでも聴いてたい。

クリスマスに観たい映画が1つまた増えた◎

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.9

見逃してた本作を機内でようやく。

ラストまでスピード感保ったまま、前のめりになるこういう作品は観てて気持ちがいい。才能人集まる系、ドリームプロジェクト的な。リアーナ大活躍。アンハサウェイはチヤホヤも
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

めっちゃ気になるクライマックス…

ニノのブチ切れ長台詞のシーンは迫真の演技で鳥肌たった。

そしてキムタクはやっぱりかっこいい。

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.1

〝2000年代に入ってもインドでは生理用ナプキンを使っている女性は12%〟この事実を知っただけでも価値のある映画。

インドの文化や常識が我々とはかけ離れすぎて、日本が良いのか悪いのかは別にして女性と
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.4

どっちも破天荒なステファニーとエミリーの駆け引きがスケールは違えど女同士のリアルな感じがして滑稽で面白い。暴露し合あって違いに認めたかとおもいきやそのネタで罵るあたりとか。笑

ブレイクライヴリーは歳
>>続きを読む

サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所(2017年製作の映画)

3.6

みるみるうちにありのままの自分になっていく主人公の変化と葛藤とがたった82分でもしっかり伝わってきた。

ミュージカルタッチに描くことで作品のテーマを華やかに彩っていたし、心境を表した花の演出がとても
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

4.6

劇中は、美しく不穏なトムヨークの音楽だけが救いだったけど観た後に不思議な安堵感…。

思い返せば思い返すほど深まるばかり、いろんな人の感想が知りたい映画。なるほど〝決してひとりではみないで〟を理解。
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.5

ふとこの映画のワンシーンを思い出すことがある。幼少期に観ると若干トラウマになりそうやけど(笑)そういう映画って良くも悪くもずーっと頭のどっかに残ってるから面白い。若者がパンクロックに夢中になった70年>>続きを読む

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.7

新進気鋭、二宮監督だから切り取れたまばゆいものと生々しいもののかたまり。物語は非現実的だけど、この感触知ってる…って感じ。色彩、人間模様、ゾワゾワした。

自然体な会話からリアルさが滲み出てて、役者一
>>続きを読む

マイル22(2018年製作の映画)

3.0

フルマラソン完走してから掴んだ距離感でいうと22マイル車移動で護衛はいけるやろ!!!!!と思ってしまったが、無茶苦茶な攻撃に見舞われて物凄い大変。

見所はやっぱりサラ・ベイカー。際立っててます。もは
>>続きを読む

>|