Bangchangさんの映画レビュー・感想・評価

Bangchang

Bangchang

映画(319)
ドラマ(1)

破壊の日(2020年製作の映画)

3.3

観賞後に調べたり記事を読んだりいろいろ掘り下げたくなったのでそれだけで自分にとっては観応えのある作品なんだけど、感じるか感じないかが重要な気がする。

今がまさにその時、っていう強烈なメッセージがスク
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.2

メッセージ強い。〝共に生きる〟考えは今こそ暮らしと密接に関わるテーマ。

何の気なしに歌ってた主題歌の歌詞をちゃんと見たら削ぎ落としてるのに奥深かった、し勘違いしてた。〝森のせい〟にしちゃってました。
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.5

当時じぃちゃんに連れてってもらい映画館で観た初めてのジブリ映画。千尋と同い年だった。橋渡るとき、同じように息とめてたな〜〜

豚も湯婆婆もとにかく恐ろしかったし、カオナシもなんなのかわかってなかったけ
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.8

目に焼き付くほどの赤と青の対比。人間はきっとどこかで黄色信号を出せなきゃいけないし、気付けなきゃいけないよなぁ。願ってやまない想いが残る。辛くて痛いけどずっと温度が高かった。

劇中音楽にそそられて期
>>続きを読む

ユーロビジョン歌合戦 〜ファイア・サーガ物語〜(2020年製作の映画)

3.3

ちゃんちゃらおかしいのに泣けた。ラーズとシグリット2人だけの世界がみんなの幸せになってこっちも満たされる。

レイチェルがほんとに可愛い。ヤォヤォ・ディンドン!!

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

2.8

この監督のMVも観たけどどうやって撮ってんの?!が炸裂しすぎてるし、オナラからここまで物語を紡ぎ出せる想像力も半端じゃない。が、ほんと、何なのって言いたくなる。

エスター(2009年製作の映画)

3.3

この手の作品は複数人でやいやい言いながら観ると本当に楽しい。ネタバレしてたから今まで観てなかったけどいざ観てみたらわかってても面白かった。もう11年前の作品なのか〜〜

とりあえず意地が悪すぎてめちゃ
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

5.0

キャスティングがツボすぎて期待値高かったけど想像以上に好きだった…

姉妹特有の関係性とか長女次女三女末っ子それぞれの育ちとか少女/女性の心情の描き方がグレタ監督、さすが。結婚はいつの時代も女性にとっ
>>続きを読む

ザ・ファイブ・ブラッズ(2020年製作の映画)

4.5

戦場を経験した者の痛みや悲しみも覚悟も同胞への想いも愛も計り知れない…知らないことは調べて本当に知らなきゃいけないと思った。

メッセージだけじゃなくて映画としてとても観応えがあった。気になる演出が散
>>続きを読む

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

4.3

頑なにボリュームを下げないのは怒りや憎しみを黙って抱えていられない想いと警鐘。決定的な何かじゃなくて積み重ね。日常の積み重ねが引き起こしたものがほんとうに悲しいし辛いし何をどうしてたら、って一言で言え>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

3.5

ドラン作品6本目、観た中では1番古い作品。この頃からすでに独自の手法を開拓しててびっくり。〝魅せる〟気合いすごい

同じ人を好きになる友達同士はライバルであり理解者。黙ってる表情の内側がこちらにも手に
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

5.0

小さい頃からテレビで放送されるたびに父親と観てたのを思い出した、映画と一緒でタイムトラベルした気分◎

ずっとワクワクさせられるし、キャラクターみんなナイスやし、なによりドクとマーティの関係性がいいな
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

2.5

ん〜〜話も感触も物悲しい、ナタリー・ポートマン×リリーローズ・デップが強力なだけに。解説調べて、なるほどね…って感じ。おっさんの話やん

ガールズ・トリップ(2017年製作の映画)

3.4

お下品で言いたい放題やりたい放題やけど自分に素直な女たち、見てて清々しい!嫌いやけど好き、好きやけど嫌いが成立する女の友情。

〝派手キラキラーズ〟ってネーミングセンスがこっぱずかしすぎる〝我等永久不
>>続きを読む

ミスター・ロンリー(2007年製作の映画)

3.3

あとからあとからシーンが頭に浮かんでマイケルの言葉がこだまする。この先ふと思い出すような作品かも。人間である以上、一生のテーマ。

キングダム(2019年製作の映画)

3.2

戦闘シーン目で追えんぐらい迫力あった。顔面偏差値高すぎ。山崎賢人くんの演技初めて観たけど表情がすごく良いな〜〜〜

究極のハピネスを求めて(2017年製作の映画)

3.0

この状況になってよりシンプルに生きたいなぁと思う中でこういう行動を起こせることにますます惹かれる。美しい景色って生命力に直接訴えかけてくるんやなぁ。ぼーっとしたい時にまた観よう

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

3.5

全員ナイスキャラで楽しい。あどけなさと色気が絶妙なミラジョボヴィッチ、別格

いいオレンジ!

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.9

久しぶりに観た。前はまだ誰も亡くしたことがなかった頃だったのかも、冒頭の語りとかおにぎりへの想いとか、印象になかったや。

美味しいご飯と美味しいコーヒーはゆったりとした生活を送らせてくれるね〜〜いい
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.8

うーわなんだこれめっちゃいい映画!美味しそうなローカルフードに陽気なラテン音楽、ごきげんになるしかない!父親と息子のひと夏の旅とか胸アツすぎるなぁ〜教えも素晴らしいし、素直だし、父ちゃんあんた最高だ!

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

4.0

朝の身支度がパパに似てくるところ最高やった。本当に大切なことに気付ける大人でありたいね。

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

4.3

変わってほしいセリーヌと変えられたくないジェシー。
変わったセリーヌと変わらないジェシー。

一言一句聴き逃せない、痺れ上がる怒涛の台詞合戦。すごい!!

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

4.8

なんとまぁ華麗な…!!!!
ハイセンスな会話に見事な回収!!

探り合う駆け引きも面白いし、あけすけに下ネタも言えちゃうあたりが成長した女感出ててめっちゃリアル。

今の年齢で観れてよかった、刺さる

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.8

コントラストになる夫婦も良かったし、口説き方も良かったし、言葉要らないってとこまで持っていくのも素晴らしい。

なにより会話がめちゃめちゃ良い
電話のシーン、あんな掛け合い楽しすぎるね

一緒に朝を迎
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

4.8

何っっ回も金曜ロードショーで観たはずやのに「はじまりこんなんやったっけ?!」ってなったけど子供の頃の記憶にこの映画があるだけで幸せ。ピークを超えるピーク、合唱って聴く方もする方も心が震えて目頭が熱くな>>続きを読む

しあわせのパン(2011年製作の映画)

4.0

しあわせってなに、ってなったらこの映画観るといいかも。美味しそうで優しくて包まれた。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

3.3

粋な返しって嬉しいし「理解してくれてる」って思うけど、トリッグみたいなめでたいヤツも好きだぞ。

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

3.3

なんでどうしてが巡る先が正直に、とはいかないしそうなれないのが本当のところでドランはそういうものを描くよなぁ。エンディングがめちゃめちゃかっこよかった。戻ってみたらオープニングもかっこよかったわ。

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.6

ウェス・アンダーソン節炸裂。カメラの横移動、使い分けるアスペクト比、インテリアへの美的感覚。正直、画力に見所ありすぎて物語入ってこず…

落っこちてトラックの荷台でお菓子の箱に埋もれるの最高に可愛い。
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.1

これが10年前の作品で、1作目から考えると「トイ・ストーリー」はもう20年以上も心の中に棲みついてるという…我々世代の相棒すぎる

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

3.5

お喋り好きの祖父と重なった。冗談ばっかり言う人だからボケ(認知症)なのかなんなのかわからなくて、ウィルみたく父は気疲れしてたけど私は祖父のユーモアある生き方が羨ましいなぁ。まぁ何回も同じ話聴くのはしん>>続きを読む

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

3.8

美学感じる。人物にも画にも台詞にも。「殴られた顔みたいな道」でもどうか愛されてくれマイク。

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.3

どうしようもないのかと思いきや、なんだよ超愛おしいじゃないか。

考えも行動も突拍子がなくったって理性より心で生きたいもんね。あけすけな関係、いいなぁ。ファニーで楽しかった!

インテリアや子供との描
>>続きを読む

>|