雪だるま殺人事件さんの映画レビュー・感想・評価

雪だるま殺人事件

雪だるま殺人事件

ジェシー・ジェームズの暗殺(2007年製作の映画)

4.0

シック!
大人向けの作りで起伏弱めだが終盤の着地が見えてくるあたりで面白くなってくる。
他の人に勧められるタイプの映画ではない

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.4

ライトハウス前に観たかったけどしょうがなし。

神話とか宗教とかの知識が必要になってくる監督と言えどもう後で調べる以外にわかりようがない。

ライトハウス同様の広義のワンシチュエーションホラー。
面白
>>続きを読む

ICHI(2008年製作の映画)

4.8

座頭市系は見たことなかったがまあかなり普通。特にひねりはないし際立った演出もない。それでも好きなのは綾瀬はるかが主演ということをのぞいても曽利監督の作りが嫌いではないのであろう

クローズZERO(2007年製作の映画)

5.0

扱うテーマ的にお呼びでないと思っていたが凄すぎる。

山田孝之がカッコ良すぎる。
豪華役者陣の演技を見てるだけで面白い。
その他のキャラもいい!

ストーリーに関してはやべきょうすけ周りがいいアクセン
>>続きを読む

ゼロ時間の謎(2007年製作の映画)

2.0

アガサクリスティ実写はあたりにくい…退屈で驚きもない。なんだこの雰囲気は…

イーグル・アイ(2008年製作の映画)

4.0

既視感の塊。
だけどもシャイアラブーフの当時の勢いを楽しむには十分な出来。


映画館にハッと被ったままのやつがいて邪魔だった思い出

返校 言葉が消えた日(2019年製作の映画)

2.9

んー。テンポが…。

内容も
もっと統制されていた時代のエグさが前面に出てくるかなっと思っていただけに消化不良。

ハッピーフライト(2008年製作の映画)

4.0

物凄く面白そうな設定から跳ねなかった。
正露丸とかもっと爆笑伏線なのかな?と思ったのに普通だったり。
もっとはっちゃけて欲しかった

アメリカン・ギャングスター(2007年製作の映画)

5.0

重い感じが漂っているけど流石のリドリースコット作品で、かなりエンタメ度は高い。

隙間から令状投げ込むとか随所の演出が抜群。

主演2人の演技が凄まじいからよりハイクオリティに感じる

NEXT -ネクスト-(2007年製作の映画)

2.9

フィリップKディックの短編の実写化だったかな?

超大作っぽい雰囲気出しておいて、なーんか素っ気ない、味っけない

バイオハザード III(2007年製作の映画)

3.0

超能力アクションに成り下がった。
ゾンビものの良さは消えた

ストレンヂア 無皇刃譚(2007年製作の映画)

5.0

掘り出し物!!メジャー大作じゃないことで制限なしの面白さを追求している!

地球が静止する日(2008年製作の映画)

2.9

話はしょぼめだけどロボットデザインが好き。
リメイクしました以外の何者でもない感じではある

ワールド・オブ・ライズ(2008年製作の映画)

4.0

渋い。主演2人×リドリースコットからは想像していなかった渋さ。
悪くないけど求めていたものではなかった

キスキス,バンバン(2005年製作の映画)

4.8

アイアンマン3を語るにはこの作品が必須になってくる映画史的にも重要な一作。

ちゃんとしたサスペンスの軸を持ちながらこち亀ばりのハイテンションエログロナンセンスコメディが炸裂!

抱腹絶倒間違いなし!

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007年製作の映画)

5.0

ミュージカルかー、、
と思っていたが気にならないくらいブラックコメディ炸裂!
とんでもないことしてるのに笑える!

シルク(2007年製作の映画)

4.0

雰囲気がいいのとキーラが可愛く見えるので目の保養には充分すぎる映画。

ゲーム(1997年製作の映画)

5.0

傑作!!
殺人ゲームに巻き込まれた男のサスペンス!
後半の畳み掛けがたまらん

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

5.0

傑作。
終盤のカメラ回転しながらの改変シーンが感動的すぎる。
この手の話をしっかりサスペンスに持ち込んでいて凄い

ウォーリー(2008年製作の映画)

5.0

ピクサーならではの心温まる世界観!
序盤の孤独シーンがとてもいい

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR(2004年製作の映画)

3.0

頭おかしい世界観。
すんなりは入ってこないものの
ウォンテッドでも知った凄まじい映像ビジュアルに引き込まれる。
しかし続編を見ようとは思わない

ディナーラッシュ(2000年製作の映画)

3.0

悪くなかったけど映画の尺でやるストーリーではなかった

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

5.0

フークア監督作品の面白さ!

脚本デヴィッドエアーだとは!!

悪徳警官と新人刑事の行先。
最後の最後まで目が離せない!

20世紀少年<第2章> 最後の希望(2008年製作の映画)

4.8

お祭り映画!原作の話数に対して尺が足りないものの頑張ってる印象。
木南晴香がとにかくいい

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

5.0

オシャレ映画。とんでも発想を綺麗な映像で魅せる。
面白いとかとは別のベクトル

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

4.9

細田守に求められているものをぶち込んだ作品。
時かけで見たカット、サマーウォーズで見たカット。今までの作品の強みをそのまま組み合わせ。そこに美女と野獣オマージュと常田さんの音楽をさらに組み合わせ。
>>続きを読む

フェイク シティ ある男のルール(2008年製作の映画)

3.0

よくある系の1本でしかない感じ。
当時フォレストウィテカーがお気に入りだったのでその点では満足

ジェネラル・ルージュの凱旋(2009年製作の映画)

4.8

ジェネラルルージュと呼ばれる医者のあだ名の由来がわかる瞬間に高評価作品確定!

サスペンスとして面白かったチームバチスタとは違うベクトルの面白さ。

ウォッチメン(2009年製作の映画)

2.0

ザックスナイダーは好きだし、最初のバトルも最高だけどDr.マンハッタンが受け入れられず…。
大人向けすぎた

ボーン・コレクター(1999年製作の映画)

4.9

安楽椅子探偵のジャンルになるのかな?
バディものとしてかなり面白い

オープニングのタクシーがめちゃ怖い

おっぱいバレー(2008年製作の映画)

4.0

もっと何かに振って欲しかったが青春ものとしては高評価

GOEMON(2008年製作の映画)

5.0

激甘採点。
邦画でこういう世界観、映像が作れるのは評価するべき。
背脂たっぷり塩気濃いめのジャンクフードだけどキャシャーンで知識が入っている以上そうと知ってみればやりたい事がハッキリしていていいと思う
>>続きを読む

天使と悪魔(2009年製作の映画)

5.0

ユアンマクレガーが出ていることでより超大作系に変化した続編。
謎解きよりもアクションに若干シフトしたように思える。
サントラがとにかくカッコいい

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

3.0

長い。どっちが味方か敵か判別つかない。
ずーっと爆発、破壊を繰り返してるだけなのにこの長さは…

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)

4.0

バルセロナというオシャレ空間で大人たちのめんどくさーい恋模様が行ったり来たり。
とにかくオシャレ

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

5.0

ピンチを迎えた時に力が結集してくる。
胸熱すぎて涙無しでは観れない。

こいこい もいいし、
最後のコードロックと解除の攻防戦も神がかっている。

ボクらのウォーゲームを昇華させて形にした手腕がすごい

>|