小林さんの映画レビュー・感想・評価

小林

小林

映画(410)
ドラマ(10)

キングスマン(2015年製作の映画)

4.9

爆裂最高おもしろワクワク映画だった
恋してんのかって思うくらいドキドキした

-0.1は犬が死ぬ展開を想像してつらかったので…

キック・アス(2010年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

ストロボの銃撃戦サイコーだ…。

メインキャラからモブ悪役までキャラが立っててコミック!って感じがよかった。
音楽めっちゃ好み〜〜。

劇場版 SHIROBAKO(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最初、映画なのにTVシリーズみたいな音響だなあ残念かもって思ってたけど、
最後の最後に劇中劇で映画的音響になったところで、
その演出意図が(私なりの解釈かもしれないけど)わかって、めちゃめちゃ納得しま
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.4

ラストで何の涙か全くわからない涙が流れた。感情迷子。
ゴア描写と終始漂う不穏な空気はあるけど、ホラーではなくてセラピー映画だった。

アリ・アスターは不快な音響と不快な画面作りの天才では?

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

家族がずっと仲良しなのがすごく良かった
妹が汚水まみれのトイレでタバコ吸うシーン、デスクトップにしたい

ミロクローゼ(2012年製作の映画)

3.5

「ちょっと待てぃ!」ボタン500000回くらい押した
オー!タカユキー

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.9

どのカットも素晴らしいなって思った。
好きなシーンめっちゃある。
でも最後はちょっと置いてかれてしまった。一呼吸置いたら理解できたけど。

アリ・アスター、家族ともめてこの映画撮るのはやばすぎる。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

好きではないけど理解できる
良い映画でした

追記:
最後のセリフを思い出すと「理解できる」って言葉は違うな
「否定できない」かな

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

4.0

感情が高まりすぎて観てる間めちゃめちゃ手動いてしまった
気合いを入れて観ないと素晴らしすぎてファンは殺される
マロの前髪がMVP

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前作は好きな子のために世界を救う流れだったけど今作は好きな子と世界を天秤にかけて好きな子を選ぶ流れだった。
そういう世界規模の話のフリして一個人の気持ちの話だったっていうのが好きです。

女装ショタの
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

4.0

誰だよ映画版なら怖くないっつった奴…
ストーリーが圧倒的におもしろかったから原作を場面想像しながら読んでたら死ぬほど怖いんだろうなって思った。
CGが安っぽいのはむしろほっこりして救いだった。
竹内結
>>続きを読む

海獣の子供(2018年製作の映画)

3.8

自分の想定以上に視力が落ちてたからもっと大きいスクリーンの映画館で観ればよかったっていう後悔がでかい。
原作の好きな箇所結構はしょられてたのは悲しいけど許容できる。
「一番大切な約束は言葉では交わさな
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ観てないやつもあるけど愛溢れた
王道少年漫画の最終回

まく子(2019年製作の映画)

3.1

成長や変化に戸惑う思春期男の子が性癖すぎたって感じ

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.4

キャプテンマーベルのことめっちゃ好きになっちゃうな

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

池袋で観たら上映後拍手起きる噂マジだった
関東の映画館で観るべき映画超エンタメ

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.2

CGやばいし熱かったけどツッコミ所多くてストーリーあんましのめりこめなかった
冒頭〜1つ目の鍵見つけるまで最高

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

こんな素晴らしい天才がこの世からいなくなってしまったという事実で泣いた


追記
レビューを漁りまくって、みんながQueenを大好きでフレディを大好きで、孤独を感じてたフレディは、時代も国境も超えて様
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.7

教養があれば全開で楽しめたんだろうなあ〜と悔いた。
イラッとするキャラ多いけどあんま気にならなかった。
ラスト良い。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.4

映画上で描かれてないことが結構あって、なんで?みたいな気持ちがちょくちょく出てきてしまった。
ドキドキする映画だった。

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

3.8

小学生の女の子がある日突然事故によって両親を失ったというのに、泣きも喚きもするシーンはなく、幽霊たちに振り回されながら若おかみとしての日々を過ごしていく。
序盤はどこか人間味がないような少し怖い違和感
>>続きを読む

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

2.9

おもしろい作品と全然おもしろくない作品の落差がすごいから三木聡って二人いんのかなって思う。

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.0

わかりたくないのにわかるからしんどかった
趣里の演技力は圧巻

劇場版 フリクリ プログレ(2018年製作の映画)

3.9

え、よかった。
よかったです。

オルタナ観てショック受けてたので「頼むからプログレこのもやもや打破してくれ〜でもやっぱ余計もやもやするだけかな〜〜」とか考えながら観に行ったけど、1話の冒頭ですっきり
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.1

ブルブルしながら迫ってくるペニーワイズ
少年少女たちかわいい
結局街の歴史とかその辺の繋がりはなんやったんかよくわかりません

>|