buccimaneさんの映画レビュー・感想・評価

buccimane

buccimane

観たそばから忘れてゆく

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.5

つくづく生まれ変わったらオダジョーになりたいわ。
原作どうだったか忘れたけど臼田さんがPAやってることにしたのがナイス整理テク。
お水の仕事と時間帯被ってるんじゃないかと思ったけど。
ヒモ男は泥臭くし
>>続きを読む

離婚しない女(1986年製作の映画)

3.5

倍賞姉妹の姉妹丼とか男のロマン過ぎるな…。
さすがショーケン業が深い。
姉妹でめっちゃ雪の海辺を歩くとことかありがたくて拝みたくなるし神代監督らしいシーン。
なんかやたらクドい台詞ばっかだけど。
しか
>>続きを読む

喜劇 女の泣きどころ(1975年製作の映画)

4.0

何も後ろ盾がないのに女2人で手を取り合って姿にジーンとくるけどしかしこの太地さん関わり合いになりたくない性格だし絶対やったらダメなタイプだ…。
セルフパロディー的な小沢さんが場面の切り替わりで登場した
>>続きを読む

ラストデイズ・オブ・サードエンパイア(2004年製作の映画)

3.0

邦題もジャケも全然内容と違うし酷いもんだ。
本編見ないでつけたとしか思えない…。
ていうか自分もエーデルワイス海賊団て知らなかったけどかといって自分の知ってるものに押し込めようとする態度よくない。
>>続きを読む

100発100中 黄金の眼(1968年製作の映画)

3.0

前作と続けて見るとあらゆる点でスケールダウンしてる感じするけど特にインチキ外国のシーンとインチキ外国語が少なくなったのが悲しい。
佐藤充もあんまりタイミング良過ぎる。
前田さんのナイフ使いももっと見た
>>続きを読む

100発100中(1965年製作の映画)

3.5

宝田さんは帽子も髪型も変だけど浜さんが最高にホットだった。
そりゃ007からも声かかるわ。
トラックの荷台で汗かいたりシャワーシーンなどサービス旺盛だし終盤ではビキニが眩しい。
笛で爆発させる特技も気
>>続きを読む

フレディのワイセツな関係(2001年製作の映画)

5.0

息苦しいほど笑いっぱなしだったんだけどこれがラジー賞なのか。
レストランで見栄張るとことか最高だった。
タイトルが弟なのもまたウケる。
しかしオタクなのにスケボーできるのはイケてるな。

アンダルシアの犬(1928年製作の映画)

3.5

初めて劇場で見た。
紐を引っ張るといろいろついてくるやつと手首を画面の外で箱にしまうのが好き。

砂漠のシモン(1965年製作の映画)

3.5

そうは言ってもシモンさんかなり大したもんだよな。
肉体から逃れられない人間だから最低限は食べるよって普通のこと言うのに妙にグッときたり。
お母さんが何もしないのも良かった。

モデル 欲望のランウェイ(2016年製作の映画)

3.0

主人公、生き急いでるわりには遅刻し過ぎ。
クールな業界人が避妊はしないの不思議な感じがするけどそういうものなの。
あと副題ついてるからランウェイシーン見たかったのに。

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.0

橋本さんと会った時にまず部屋に行かないのが変な感じしたし、歴史を遡るアプローチしかしてかないの凄い不思議だった。
だって炭鉱って安易過ぎないか…。
それよりあの山椒魚みたいなの取っ捕まえて欲しいのに。
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

ソウルステーションを先に見たので主人公が勝ち組のヤな奴だったのなんだよ〜と思ったけどそれでも圧倒的迫力で目が釘付けになったし細かいとこいちいち意味ありげ。
マ・ドンソクさんまさに男の中の男って感じで最
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

4.0

階級闘争としてのゾンビパニック。
ハード格差社会の描写が直接的で芯に迫るものがあった。
フィナーレの場所が高級住宅街てのも皮肉が効いてる。
地下からなんとか駅に出たって分かった時にすぐ向かわず折り返し
>>続きを読む

皆殺しの天使(1962年製作の映画)

4.0

シュールて言葉を使うたびに思い出しそうな感じ。
チラシでキクナル威勢のいいこと書いてたけどあなたも帰れなくなるクチじゃないのと思った。

私は告白する(1953年製作の映画)

3.5

半ケツが出てもアレしないのが渋かったしそもそも犯人がなんでわざわざ告白したかを思うと宗教の存在意義がズシンとくる感じ。
しかしこんなイケメン神父やっかまれるだろうな。
セクシー奥さんの話で一気に話がク
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.0

何日が前にテレビでやってたのをダラ見したからあんま覚えてないけどホリエモンとかの顔が思い浮かびつつあんなにエゲツなくサクセスした奴が1人の女性ににこだわるようになるの考えられないな。
無料の弁護士って
>>続きを読む

悪魔のサバイバル(1985年製作の映画)

3.0

序盤のサバゲーはまじヌルくて何なのと思うけどその経験が後々生かされていく様子は地味に胸がすく感じはあるけどそれ本当にサバゲーで培ったの?と思わなくもない。
だって足吊られて脱出できると思わないじゃない
>>続きを読む

ビヨンド・ザ・ダークネス/嗜肉の愛(1978年製作の映画)

4.5

監督作多分初めて見たけどゴスいしめちゃ好きなやつだった。
女中さんの鉄仮面が崩れてく様子は否が応でもエモくなってしまう。
トークショーで話題になってたディスコガールの扱いヒドイのにもウケたけど衣服がめ
>>続きを読む

XYZマーダーズ(1985年製作の映画)

4.5

脚本きめ細かいし愛くるしいキャラばっか出てくるしめちゃ面白かった。
カーチェイスまで発展するとは思わなかったし。
ホラーのつもりで構えてたからもっと残酷に殺して欲しい感じもあったけど。
絨毯引くやつす
>>続きを読む

猟奇!惨殺魔/ザ・ミューティレーター(1984年製作の映画)

3.0

斧が刺せるしサイズ的にもすごい便利そうだな。
前フリ無く見たら青春映画だと思ったのにスラッシャーだ!と思ったかもしれないけど。
体育会系のやつはあの自慢気なカレッジリングでワンパンチぐらい入れて欲しか
>>続きを読む

下宿人(1926年製作の映画)

3.0

疑いだしてからの家主?のオバちゃんの顔芸が良かった。
下宿人の初登場シーンのスロー加減いいね。
下宿人のアゴの細さに比べて刑事役はいかにもガサツな噛ませ役て感じで気の毒。
捕まるとこ見せてとは言わない
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.0

見てて恥ずかくなる系のやつだーと思ってダラダラ見てたけどなかなかハードなストーリーに驚いたけどそれでも恥ずかしさが勝っちまうな。
数年ズレてんのが都合よくし過ぎてない?
バイトの先輩はとてもいいですね
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

4.0

あたしゃ言論の自由と戦ってるんじゃなくてそれを悪用してるやつと戦って言論の自由を守ってんだって言う記者会見でのコメント完全に素晴らしかった。
裁判官からの質問はハア何言ってんの!?と思ったけどあくまで
>>続きを読む

テイキング・オブ・デボラ・ローガン(2014年製作の映画)

3.0

アルツハイマーだと思ってたけど実はそうではなくてってことだけどこの映画の話するときアツルハイマーのやつって言ってしまいそうだからアルツハイマーて言葉が一人歩きして実際のアルツハイマーのかたと結びつけら>>続きを読む

吸血処女イレーナ・鮮血のエクスタシー(1973年製作の映画)

3.5

いきなりヌードも驚いたけど胸だけ透けてるキャミソールには笑ったわ。
しかしこういうドラマが無くて日々の生活を切り取ったようなのもいいと思う。
ムードもあるし。
なんであのヒゲ男が良かったんだろうての
>>続きを読む

皆殺しのスキャット(1970年製作の映画)

3.0

会長宅の敷地広いハッタリ良かったけどさ庭をもうちょい手入れしたほうがいいと思った。
あのバーといい変な空間が多いと言うか限られスペースでの工夫が伝わってくる。
穂高さんも若者を抑え続けるの渋かったけど
>>続きを読む

愛の渇き(1967年製作の映画)

4.0

設定がギョッとする割には物語はそんなに転がらないけどそれがドゥーム感あって好き。
いちいち何かあるたびに浅丘さんの顔面を大写しにしてくれるのがなんともユーザーフレンドリーと言える。
個人的にはデパート
>>続きを読む

ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男(2014年製作の映画)

3.0

タナー'88てドラマシリーズ面白そうだな。
時系列過ぎてちょい味気ない気もするけどM*A*S*Hが衝撃的だったのよく分かる。
奥様?のボブはそういう人なの的なコメント暖かった。

ドント・シンク・トゥワイス(原題)(2016年製作の映画)

3.5

Kate Micucciさんが存在感で完全に他を圧倒してて釘付けだったわ。
シンガーソングライターでもるのか。
クレジット確認損ねたけど劇中の漫画も彼女が描いたのであってほしいぐらい。
https:/
>>続きを読む

(秘)女郎残酷色地獄(1973年製作の映画)

3.0

タイトルに女郎とあるのに大奥?と思ったけどそういう払い下げシステムがあるのか。
奴女郎というのも初めて知った。

ママ役の女優さんがまじヘビみたいな悪いツラ構えで良かったけど演技は固かったな。
それに
>>続きを読む

マイ・ファースト・ミスター(2001年製作の映画)

3.5

終盤かなりウルウルきちゃったけどそれでもなお序盤のあの部屋とか完成されたスタイルを見せつけられた後だとゴスみが薄まってあの母親と仲良くするのがホントに彼女にとって良いことだったのか疑問に思っちゃうな。>>続きを読む

火事だよ!カワイ子ちゃん(1967年製作の映画)

3.0

オヤジ連中をクサす目的としても不美人アップで笑いとるのイラッとくるな〜。
しかし給仕のコが1番可愛いとは思ったけど。
前署長が歩き出したりするのを笑うのはイラっとよりも可愛さが勝った。
記念品の斧で誰
>>続きを読む

ダゲレオタイプの女(2016年製作の映画)

3.5

海外作品と言ってもめっちゃ黒沢清監督だなって感じでいうかにわかファンだからどこがどうとか言えないけど今までの監督作で見たことあるみたいなデシャヴっぽいのがちょいちょいあって手持ちのテクを駆使したんだな>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.0

会話とか面白みがあったけどか浮気してそうなやつが浮気してたり◯◯っぽいひとが◯◯だったりステレオタイプをそのままなぞるのは道徳的にも良くないと思った。
医者のやつが持ち上げられれてたから一気に突き落と
>>続きを読む

35杯のラムショット(2008年製作の映画)

4.0

試聴機のCDまでよく映すのに誰のコンサートかはフセるの不思議だったけど解説でプリンスと聞いて膝打った。
父娘の恋人っぽいレベルは小津に揃えたんだろうけど、やっぱフランス人からしても少々ストレンジなんだ
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.5

動物をハームしてないですよって言うためにCGワザとらしくしてる感じでそんな印象悪くない。
後半のいつ死んでもおかしくなさ見事だったしすべてが全てがひとつのメッセージに集束していくの感動的。
酒場でのビ
>>続きを読む

>|