タカハシさんの映画レビュー・感想・評価

タカハシ

タカハシ

映画(102)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

人生は小説よりも奇なり(2014年製作の映画)

3.9

柔らかい映像の中に、どうしようもない現実を見た
同性婚を認めたからといって、全てが解決するわけではない

シャザム!(2019年製作の映画)

4.0

今までのアメコミ映画で1番楽しかった!
ラストシーン、色々な意味で心臓が止まりそうだった。いじめは悪という、徹底したアメコミの精神を感じた。
聞くのが苦ではなく、面白いフレディとビリーの会話がリアル、
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

-

サム、めっちゃいい奴
アラゴルンとレゴラス、ギムリのトリオがいい塩梅で格好良さと存在感

ハロウィン(2018年製作の映画)

4.0

ツッコミ所は多々あったが、三世代の友情は強く、悪魔は牢獄で燃える
ママが真価を発揮した瞬間が最高

忍びの国(2017年製作の映画)

-

映像が安っぽ
合わない相手とは手っ取り早く離れた方が良い

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

ルークの格好良さに痺れる
レイとベンの関係性も良い
爆発とキス
どの世代でも、人を憎むより愛する人の方が強い

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.0

今観ると微妙な表現もあるが、差別は何であろうがしてはいけない、というメッセージを全編通して伝えていて良かった
歌もファッションも可愛かった

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.2

ツッコミ所も多々あったが、全体を通してバンブルビーとチャーリーの楽しかった思い出や遣る瀬無い感情を描いていてgood
ヘイリーがめっちゃかわいい

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

-

解り易い、故に、共感できた
ハン・ソロとカイロ・レンの会話が良かった
レイも魅力的

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

5.0

力ではなく自分に立ち向かう事こそ難しく強さである、と言う「アイアンマン」から続くMCUの信念を引き継ぐ新たなヒーローの誕生。
彼女に笑えと、感情的になるな、無理だと言うな。
何度倒れても立ち上がるキャ
>>続きを読む

12人の怒れる男 評決の行方(1997年製作の映画)

4.1

人は皆、差別する。皆、陪審員4番や10番になりうる
極上の脚本、カメラワーク、演技があれば映画は成立することの証明

死霊館(2013年製作の映画)

-

もみあげが強い
個人的には怖かった
マッケンジー・フォイちゃんは、子供の時から天使だった

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.9

サイコパスなクソ女と聖人の皮を被った強かな女
何処まで行っても、自分の味方は自分
二転三転するストーリーが飽きさせない
アナケンも、ブレイクも方向性の違う魅力で突き抜けていた
ファッションもgood

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

-

人間の持つ一番恐ろしいものは執着
やり手だがクソ野郎
若干駆け足の脚本をマイケル・キートンの怪演が封じ込める

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」(2019年製作の映画)

4.0

復讐することを望む少女と、復讐を終えたことにより過去に取り憑かれた一匹狼の傭兵。彼女と過ごし、事件に関わることによって自分の罪と向き合っていく。
PSYCHO-PASSの人間ドラマとアクション、サスペ
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.4

何処にも馴染めなかった者が、正義を為すヒーローであり、王になる冒険譚
テンポの良いストーリーの中に海洋問題を取り入れる
最後の海底対戦が凄い

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

差別してはいけない、というシンプルだが忘れがちなメッセージを、温かくわかりやすく伝えてくれる笑って泣けるバディムービー
マハーシャラさんの笑顔がめちゃかわ
サントラもgood

天国でまた会おう(2017年製作の映画)

4.5

戦争を始めた、止めなかった、それで金を儲けた無数のプラデル、マルセルを断罪する。
戦争は善人を悪の道に走らせる
エドゥアールの仮面もさる事ながら、浮遊感溢れるカメラワークや、美術がまさに夢を見ているよ
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

-

愛を伴わない痛みは多く存在するが、痛みを伴わない愛は存在しない
ラストシーン、サラの言っていた事が正しいと知るも、ウサギを助けることも、アビゲイルを解雇することもできずただ跪かせる事しかできない女王陛
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

-

脚本の粗を役者の力で強引に封じていた
アニメーションとCGの融合した映像が遊び心がありgood
エミリー・ブラントの細やかな演技に感服
登場人物皆かわいい

>|