masakさんの映画レビュー・感想・評価

masak

masak

Filmarks登録以降に見た映画を投稿してます!
時間があれば過去見た良作も投稿していきます。

映画(69)
ドラマ(0)

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.5

昭和の匂いたっぷり。我が故郷呉が舞台ということで、思い入れのある作品。飽きさせない展開でストーリーも良かった。役者の演技も全員◎。ちょっと残酷シーンが多いが、映画の内容的に致し方なしかな。呉弁がちょっ>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.0

単純怪獣映画!
映像の迫力があり、ストーリーも分かりやすい。こういう映画好きだー

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.0

80年代ネタ満載で面白くなくはなかったが、評判程ではなかったなー。

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.6

怪獣VS正義のロボット、という分かりやすく、かつ懐かしいストーリー。あまり考えずに見れて、素直に娯楽として楽しめる。

BRAVE HEARTS 海猿(2012年製作の映画)

3.6

命懸け・ハラハラの展開。
やっぱ良いわ。
この先制作されないのが残念。

LIMIT OF LOVE 海猿(2005年製作の映画)

3.5

前作は地元呉、今作は今住んでる鹿児島が舞台。何か縁を感じる作品。
シリーズ通じて仲間愛+命懸けのハラハラの展開。

海猿 ウミザル(2004年製作の映画)

3.8

地元呉が舞台なので思い入れあり。
仲間を思いやる心が美しい。
その後のシリーズの原点。

東京物語(1953年製作の映画)

4.3

見る度に良さが増す作品。
家族のあり方を考えてしまう。
やっぱ名作だ。

生きる(1952年製作の映画)

4.3

いのち短し恋せよ乙女~♪
何度見ても良い作品です。

青春デンデケデケデケ(1992年製作の映画)

4.0

何度見ても青春を感じるし、終始いいなぁと感じる作品。

オーメン(1976年製作の映画)

3.9

666を見ると、未だにオーメンを思い出す。ガラス板で首が飛ぶシーンが衝撃。

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

4.0

ストーリーが分かりやすく、皆カッコイい。デ・パルマらしい描写も良い。

カクテル(1988年製作の映画)

2.2

映画としては全然面白くない。
音楽だけが印象的。ビーチボーイズのココモやら、ボビーマクファーレンのDon't worry,be happyやら。

ハスラー2(1986年製作の映画)

3.9

ポールニューマンのかっこよさにつきる映画。
この映画が公開されてビリヤードが流行って、よく行ってたなー、ビリヤード場へ。高校の時。

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.5

映画館で3回も見た良作。3時間完全版の方が個人的には好き。最後のシーンは自然と涙が出てくる。
音楽もすごく良くて感動を後押ししてくれる。また見たくなってきた!

知りすぎていた男(1956年製作の映画)

4.2

中学生のときに見て面白いと思ったし、何度見ても良い。シンバルとケセラセラが印象的。ヒッチコック得意の巻き込まれサスペンス。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

映画として面白かった。
でも結局何一つ明確になってないのよね。
レイはなぜほとんど修行してないのにジェダイになったのか?スカイウォーカー一族じゃ無いの?
フィンは何でジェダイでないのにライトセーバーを
>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008年製作の映画)

3.0

相変わらずの冒険活劇だけど、ちょっとやり過ぎ。何が起きてもインディはやられない。

恐怖のメロディ(1971年製作の映画)

3.0

怖い。軽率な行動が引き起こした恐怖。
「危険な情事」と類似のストーリー。
最後はあっけなさすぎ。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

映像すごく綺麗。
ポアロもこれまでと違ってアクティブ。
豪華俳優陣も前作同様で良かった。
でもなんかポアロといえば、ピーター・ユスチノフかデビッド・スーシェのイメージが強すぎて、ちょっと違和感。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

4.0

アナキンが暗黒面に堕ちる衝撃。
メイスウインドウの腕が、アナキンに切られる場面の衝撃

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981年製作の映画)

3.0

このテーマ曲って、本当に良いよね。
The娯楽映画。
ストーリーは正直よくわからないところ多数。

天国と地獄(1963年製作の映画)

4.4

極上のサスペンス。
緊迫感がすごい。
身代金を払うまでは5点満点だが、その後少し間延び感あり。
でも素晴らしい出来映え。

夕凪の街 桜の国(2007年製作の映画)

4.5

感動でした。
特に夕凪の街が良かった!
麻生久美子の演技が良く、広島弁も自然でした。

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.5

歴史好きな私としては面白かった。
でも歴史好き知らない人は、合戦シーン迫力あったな、ぐらいでは?
あと岡田准一が黒田官兵衛と演技が一緒で、三成のイメージに合わない。

>|