masakさんの映画レビュー・感想・評価

masak

masak

  • List view
  • Grid view

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981年製作の映画)

3.0

このテーマ曲って、本当に良いよね。
The娯楽映画。
ストーリーは正直よくわからないところ多数。

天国と地獄(1963年製作の映画)

4.7

極上のサスペンス。
緊迫感がすごい。
身代金を払うまでは5点満点だが、その後少し間延び感あり。
でも素晴らしい出来映え。

夕凪の街 桜の国(2007年製作の映画)

4.5

感動でした。
特に夕凪の街が良かった!
麻生久美子の演技が良く、広島弁も自然でした。

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.5

歴史好きな私としては面白かった。
でも歴史好き知らない人は、合戦シーン迫力あったな、ぐらいでは?
あと岡田准一が黒田官兵衛と演技が一緒で、三成のイメージに合わない。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.9

なるほど、これだけヒットしたのが分かるような気がする。でも、超良かったというほどではないけど。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.0

何でも巨大な生物が出てきて、生物同士が闘うという分かりやすいストーリー。面白い!

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001年製作の映画)

3.0

ゴジラがただ単純に街を破壊し、人を襲うストーリーは面白かったが、新山千春、宇崎竜童を筆頭に俳優たちの演技が下手すぎる。キングギドラも弱すぎるし。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

2.9

期待し過ぎたからか、チョットイマイチ。
エピソード8に期待。

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

4.0

堤真一がとにかく素晴らしい。
ストーリーも良し。

福山ではなく堤真一が主役の映画といって良い。

悪魔の追跡(1975年製作の映画)

4.0

B級映画感満載だけど、怖さも満載。
見て損なし。

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

4.0

やっぱりこの映画はラストシーンでしょう。
その衝撃は色あせない。

何度見ても飽きない作品。

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

4.0

サスペンス色が強い作品。
正直1回目を見たときは、内容を完全に理解できなかった。
その後見れば見るほど、良さが分かってくる作品。

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.3

アクション色が強い。
監督がジョン・ウーだからでしょうね。

秋刀魚の味(1962年製作の映画)

4.5

小津的王道ストーリー。
平凡な日常を描いているのに、何故かスゴく良い!
やっぱり小津は良いということ。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

3.0

名作と言われているが、あまり良いとは感じなかった作品。

スミス都へ行く(1939年製作の映画)

5.0

人として何が正しいかを考えさせられる映画。
ラストは爽快な気分になる。
何度見ても素晴らしい。

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.0

面白いような面白くないような…
ラスボス登場の展開がちょっと陳腐。
アクションは良かった!

エヴェレスト 神々の山嶺(2016年製作の映画)

1.8

阿部寛と岡田准一主演ということで期待して見たが、期待ハズレもいいとこ。

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

4.0

詰め込み過ぎの感はあるが、男気を感じる映画。
岡田准一がカッコイい!

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

ジェダイが出てこない寂しさはあるが、ストーリー的にはシリーズ中、一二を争う面白さ。
ダースベーダーが出て来たときは、興奮した。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

我が故郷呉、かつ実家近くで小さいとき遊んでいた辰川、長ノ木、畝原が舞台。
今や廃校となった母校も出てくる。
それだけでもたまらないが、ストーリーも良く、戦時中の日常をうまく描いている。
作品中で使われ
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

5.0

何度見ても泣ける。
古きよきアメリカ映画の王道。
人がこの世に存在する意義を感じる作品。

北北西に進路を取れ(1959年製作の映画)

4.0

ヒッチコック王道の巻き込まれ型サスペンス。ストーリーにさほど深みはないが、見ていて引き込まれていく。
間違いなく面白い映画。

>|