Izumiさんの映画レビュー・感想・評価

Izumi

Izumi

何にも起こらないような、静かな映画が好き。基本的には雑食

美しい星(2017年製作の映画)

4.2

結構好きな映画。
リリーフランキーや中嶋朋子の声や話し方、聞いていてすごく落ち着く。
あと食事のシーンの音が好き。

黒木の台詞で印象的なものが多かったからメモ
---------
「正月の東京は、青
>>続きを読む

家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

3.8

高齢者の運転免許証返納だとか孤独死だとかの問題をクスッとしながら見れるようにするのはすごいなぁと思う。

蒼井優が妻夫木聡と車の中でラジオの天気予報を聞いた時の、「涙の雨ね、」という言い方が凄く良かっ
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.1

なんか色んな要素がどれも中途半端だったような気がする。
夜な夜な変な棒で足をスリスリしてたのはなんだったんだろ

偉大なる、しゅららぼん(2014年製作の映画)

3.2

美しいか美しくないかで生きてる淡十郎いいなあ

ポソポソとした話し方も落ち着く

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.8

お涙頂戴系じゃないところが良かった。
ただひたすら逃げることに専念する人がいて、それを助けようとする人がいて、それだけなのが良かった。
見てるこっちまで伝わる緊張感と、青の綺麗さが印象的。

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!(2014年製作の映画)

3.6

豆戦車かわいい〜
アンツィオ高校の生徒たちも良いアホさ加減でかわいい。癒し。

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

3.6

鮫の目はふだんは真っ黒な死んだ目をしているけれど、
えさを食べるときは目がひっくり返って、白色の目になるという話をたまに思い出す。
水族館にいきたいなあ

ゾンビーバー(2014年製作の映画)

2.7

B級映画はすぐ乳を出しがち
最後に残る人がちょっと意外だった

ガールズ&パンツァー 劇場版(2015年製作の映画)

4.2

戦闘開始直前のシーンは胸熱展開だった。
あと爆音上映がヒットしたのも頷けるくらいのど迫力だった。
カチューシャかわいい〜

デイブは宇宙船(2008年製作の映画)

3.5

宇宙人が人間に紛れ込んでる系は夢があって面白い

帝一の國(2017年製作の映画)

4.4

漫画がちゃんと実写になってた。すごい。
むしろ、実写風な漫画のような映画だった。
竹内涼真の爽やかさは本当に2次元の男の子みたいだな、、

モール・コップ ラスベガスも俺が守る!(2015年製作の映画)

2.9

お婆ちゃんの死に方が海外ホラーのそれ並みに突然だった

思い込みが激しくて人の話を聞かない主人公に若干イライラ

しあわせのパン(2011年製作の映画)

3.2

好きな系統の映画かと思ったらそうでもなかった。
ちょっとハートフルな感じに寄りすぎてたからかも。
でもパンは美味しそうだった

ビッグママ・ハウス2(2006年製作の映画)

3.3

子供が可愛い〜
マッサージでもギリバレてないし、前回よりもビッグママのクオリティが上がってる!

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.0

ソフィアブテラ本当に綺麗。
ミイラになっても綺麗。
何気に相棒のヴェイルがいいキャラ

モール★コップ(2009年製作の映画)

3.4

ケヴィンジェームズかわいすぎる

モールの人混みをセグウェイに乗ってスイスイいくの気持ち良さそうだし、セグウェイで警備するお仕事楽しそう〜

銀魂(2017年製作の映画)

3.3

映画としてはそんなにだけど、芸能人のコスプレを見てると思えばとてもお得な感じ

長澤まさみと吉沢亮がすっごい綺麗だった
あと定春がめちゃこわい

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

3.4

「可愛い」は呪いのようなもの。
あの芸術家はなかなか残酷だった。


森川葵、小顔すぎてずっと画面の遠近感狂ってた。
あと木口健太、ずっと溝端淳平だと思ってた、、、

知らなすぎた男(1998年製作の映画)

4.2

ビル・マーレイ可愛いおじさんすぎる。
何にも考えたくない休日に見るには最高の映画。

ビッグ・ママス・ハウス(2000年製作の映画)

3.1

何にも考えたくない休日に見るにはぴったりの映画。
変装よくできてるな〜

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.2

キスのシーンよかったな。
あと、ベンがレスリーとお別れするときにいったセリフはロマンチックすぎたし、ボウとのお別れの時も、父と子って感じでよかった。

あとナイが可愛い。みんなかわいい。

愚行録(2017年製作の映画)

3.7

愚行の記録。

とにかく不穏な感じのBGMとじめっとした空気感が好みだった。
あとは妻夫木聡と満島ひかりの、壊れてるような、壊れてないような、ギリギリの感じが良かった。

宮村さん、見ててこっちが恥ず
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(1988年製作の映画)

3.2

アンディがめちゃめちゃ可愛い。
チャッキーの不気味加減いい。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.9

相変わらずの湯浅監督感がたまらなかった。
みんなで踊るシーンとか、こっちまでわくわくしちゃう。海の緑も、良かった。
あとゆーほちゃんかわいい!

女神は二度微笑む(2012年製作の映画)

3.4

踊らない歌わないインド映画を初めて見た気がする。

思ったよりもずっとしっかりした映画で面白かった。インドのおじさん可愛い。
邦題とは逆で、主人公は2回も夫を失ってよく泣いてたのが印象的。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.9

とっても面白かった。
ホラーの中だと結構上位で好き。

なんでパッケージの写真こんな盛れてないんだ、、ってくらい、映像で見ると死体の女の人が本当に綺麗で、普通に見惚れた。
解剖のシーンも良かった。
>>続きを読む

>|