chickenさんの映画レビュー・感想・評価

chicken

chicken

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.8

リアル風だけど、実はかなり荒唐無稽なのが変な乖離を感じてよい

アクションシーンがわかりづらいのが惜しい
あと全体的にもうちょいコンパクトでいいよな気がする
やっぱレイチェルはケイティホームズだな
>>続きを読む

インソムニア(2002年製作の映画)

3.4

見てるこっちが眠くなる不眠症映画

宿の女主人は何者だったのか

メメント(2000年製作の映画)

3.9

構成が本当に凄い
最終パートで話の全体像が大体ハッキリしてスッキリするけど、内容的は後味悪くて全然スッキリじゃないのが面白い

2019/12/25
2021/2/1 目黒シネマ「 〜ノ
>>続きを読む

フォロウィング(1998年製作の映画)

3.7

時間軸操作、階層構造、心理描写とノーラン映画の十八番が詰まってる

サクッと見れて面白いけど時間軸操作が「興味の持続」という点以外でうまく機能してるかという点では微妙だった

落下の解剖学(2023年製作の映画)

4.0

サスペンスというよりは法廷ものだった
事件を検証して行く中で見え方が変わっていくので、長時間ながら飽きずに鑑賞できた

主演の方や子役の子はじめ皆さん演技が良くて夫婦喧嘩のシーンや裁判のシーンは迫力あ
>>続きを読む

ザ・ロストシティ(2022年製作の映画)

3.7

チャニング・テイタムは筋肉アホキャラが最高に似合う

ヴァチカンのエクソシスト(2023年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

異端審問を悪魔のせいにしたのは受け入れ難い

愛にイナズマ(2023年製作の映画)

4.1

バーでの松岡茉優と窪田正孝の初対面のところで心を鷲掴みにされた

笑えるシーンが結構あって好きだった
後半の家族の掛け合いのシーンが良かった
恐竜博士にいちゃん好き

「1,500万」やたらとでてきて
>>続きを読む

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

3.9

通常盤と大きく違うところはなかったような気がするけど、今回のが楽しめた
2回目だから落ち着いて見れたのが大きいのかも
主人公にも前回より感情移入できた(もしかしたら通常盤より人物描写が丁寧になったかも
>>続きを読む

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

3.4

なんだこれは、、

「家族の呪い」「運命論」的なとこで監督の前二作品と通ずるものを感じた
現実なのか、嘘なのか、夢なのか、妄想なのか、幻覚なのか、、、
全体通して意味不明なとこ多い
この感じで3時間は
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

感情荒ぶるトニ・コレットがよすぎる
ミニチュアセットの使い方が印象的

2020/8/27
2024/2/16

カラーパープル(2023年製作の映画)

3.7

スピルバーグ版よりテンポ良く(特に前半)描写もマイルドになってた印象、テンポいい分カタルシスはスピルバーグ版に劣るかもしれない
ミュージカルのシーンはどれも圧巻で良かった

総合的にはスピルバーグ版の
>>続きを読む

ハスラー2(1986年製作の映画)

3.8

ポール・ニューマンがカッコ良すぎる
トム・クルーズは威勢のいいクソガキを上手くやってた

カラーパープル(1985年製作の映画)

4.3

2022/2/19
2024/2/14

2度目の鑑賞だがしっかり泣きそうになった
手紙を読むシーンや教会に乗り込むシーンのカットバックがよい
にしてもこれがアカデミー賞無冠なのはやはりおかしい

オール・ザ・キングスメン(1949年製作の映画)

3.5

最初は高い志を持って悪に立ち向かおうとするも、当の本人もそのうち悪に塗れるという政治家あるある

監督は赤狩りの犠牲とった1人

ハスラー(1961年製作の映画)

3.7

ポールニューマンカッコ良すぎる
ミネソタファッジもどっしり構えて良い

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.8

90s感が良い、終盤スカッとする
でもシリーズ終盤で無理に登場する必要はなかったのでないかとも思う

冬の光(1962年製作の映画)

3.8

神の沈黙ここに極まり
殻に閉じ籠り考えこみすぎるとよくないね

処女の泉(1960年製作の映画)

4.0

シンプルながら深く美しい、神の沈黙との葛藤

ネットワーク(1976年製作の映画)

3.9

最初の30分くらいでテーマや登場人物たちのキャラクターが分かるようになってて見やすかった

>|