ちひろさんの映画レビュー・感想・評価

ちひろ

ちひろ

大学生

バレンタインデー(2010年製作の映画)

3.9

ラブアクチュアリーに似たものを感じた。
オムニバス。

バレンタインはこんなに大イベントなのか。チョコをばらまくのをやめて、1人の大事な人に花を贈られたいと切に願いました。笑
自転車をがんばって漕いで
>>続きを読む

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

4.0

結構好きでした!
アン・ハサウェイが本当にかわいくて美しくて、見入ってしまう。

母の言ったdo your bestを、わたしは努力してるのよ、と訳してあったのが少し不思議に思った。

失いたくない思
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.9

おもしろかった!笑
イエスと言ってやったことが良い方にも悪い方にも転ぶのが現実っぽくてよかった!
批判とか否定は簡単だけど、イエスというのは難しいから、それが言えるようになる練習は必要かなと。
最後に
>>続きを読む

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

-

タイトル秀逸。
周りにもいるし、わたしもまったくの別物とは言えない感じの主人公が、最終的にたどり着く結論がタイトルなのかと思うと笑ってしまう。
森川葵ちゃん髪長い方がかわいい…

甘いもの食べたい…

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.0

あったまりました。
身勝手なエドワードに付き合わされたようにも見えるけど、そんなことないとわたしは思います。
わたしが幸せな夫なんだ、ってずっとわかってたはずで、それをわかってくれてることは奥さんもわ
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.1

電話が切れた後になって、会いたいの、たまらなく、と言ってしまうテレーズの、届いていないとわかっていながら口に出さずにはいられない気持ちが痛いほどわかる。

人はみんな作家だ。っていうのはいい言葉だ。
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.0

有名なものにはやっぱりそれなりの理由があるなと思いました。

アン・ハサウェイかわいい…

綺麗な服に身を包んで街を闊歩する女性ってそれだけでものすごく美しい。
悪魔だって悪魔じゃなくて、じぶんの決断
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.0

理想の人なんかよりずっといい、と言ったトムの友人の言葉に泣きそうになった。
好きなタイプとか、こういう人がいいとか、そういうのを語るのは嫌いではないけど、実際には好きになる人にあんまり当てはまらないの
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.8

やっと見れた〜

なんかすっごくリアルでかわいくて、なんていうかちょっと哀愁ただよう4コマ漫画を映像にした感じ。
1人で見ていてクスクス笑えてしまう映画ってあんまりないからこれはすごい。
ライスのくだ
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.5

よかった!!!すごく!!!
特に期待せずに見たけどすごくよかった!
怒鳴って駐車禁止をしつけるのも好きだったし、後半、止めないようにお願いしますと頼むところでは涙が出た。
オペラの鑑賞中に喋るのも、ク
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.0

ディカプリオ様…
綺麗…
実際にこんな人がいてしかも今報酬までもらってるとかそんなんありなの…アメリカらしい…
ずっとハラハラして退屈せずに見れましたおもしろかった!!

クリスマスに電話をした彼を、
>>続きを読む

パリ20区、僕たちのクラス(2008年製作の映画)

-

あああなんでなんにも解決してくれないの。2回見たけどイライラとわからなさとやるせなさの塊だと2回とも思ってしまった。生徒を教育できないと思ったら他の学校にとばしてしまうのは責任逃れではないんだよ、とフ>>続きを読む

リトル・フォレスト 冬・春(2015年製作の映画)

3.8

夏秋を見ずにこっちだけ。
橋本愛ちゃんってこんなに芯の強さを演じられるような子だったのね、素敵。
声もよくて、いい意味で淡々としてて、最後まで観れました。料理したくなった〜〜。
でもなぜお母さんは出て
>>続きを読む

恋人たち(2015年製作の映画)

-

わかりません。去年友人たちとクリスマスに気分あげよ〜!っていうテンションでタイトルで判断して見たら全然そういうものじゃなくて意味わからないねって笑ってからほぼ1年。
もう一度見返してみたけれど、生々し
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

-

評価が難しい。
生々しくて綺麗じゃなくて、だからこそリアルで、そのまま切り取られたみたいな。
大衆受けするかどうかっていう観点だと映画っぽくないとも言えるかな。
おばあが亡くなるまでは軽く付き合えてた
>>続きを読む

ハナミズキ(2010年製作の映画)

-

これ見た中学生の時にはリアルに感じられなかった遠距離の危うさがわかるようになってしまって、こんな簡単に連絡の取れる時代じゃなかったころってどんなだったのかなと今思う
がっきーはこの頃からかわいい、ずっ
>>続きを読む

アオハライド(2014年製作の映画)

-

東出くんの声の良さ一択
演技力とかいろいろあれど、若いっていいなぁ、高校生っていいなぁ
これ見た当時は高校生だったのになぁ、笑

世田谷ラブストーリー(2015年製作の映画)

-

これ映画の扱いなんだ笑
こんなかわいい男の子いいなぁと思わせてくれる
曲の流れ出すタイミングがめちゃめちゃよくて、ライブで聞いた時もこの映像が思い出されてなお感動した
歌詞から想像するのもいいけどこう
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.1

すごくよかった!
なんだか無性に泣きたくなりました
なんていうか、好きな人のためにこんなに全力になりたいな、っていうちょっとバカみたいな感想を持ちました。
まるで自分の記憶がなくなったかのように、相手
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.2

息をのむっていう表現がとっても当てはまる映画。見ている間ずっっと、喘息もちの彼が吸っていた酸素のやつを欲しがってました…
子どもの無邪気なシーンから急に恐怖のシーンにかわったり、ほんとに息つく暇がなく
>>続きを読む

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.0

わーかるーーおるよねーーって感じ。
なんかでもキャッチコピーほど恋したくならせてくれなかった。、。
志乃ちゃんのまわりイケメン多すぎんか…笑

甘くてぬるい時間、っていう表現すごく気に入った
1年半か
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.1

人を殴るのって殴られた方も殴った方も痛いから、こんな言い方はおかしいかもしれないけど、尾野真千子の虐待シーンはまだ救いがある。
タバコの火を押しつけるとか、そういう彼女が受けてきたものの方がよほど残酷
>>続きを読む

きみといた2日間(2014年製作の映画)

2.8

タイトル見て絶対心あったまるやつだと思ったのに…
女の子はめちゃかわいいけどそれだけ…
まったく展開に興味を持てなかった…

私の中のあなた(2009年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

アナはなんていい子なのだろう。裁判を始めたとき、わたしでもそうするなぁとか思ったけど本当の理由はぜんぜん違って、最後までいつでもずっとケイトのためで。
お母さんを最後まで好きになれなかったのでちょっと
>>続きを読む

一枚のめぐり逢い(2012年製作の映画)

3.8

ザックエフロンがものすごくいい。かっこいい。ドーベルマン連れて歩いてるだけで絵になる。ピアノ弾けるとか完璧すぎませんか…
全体的に犬が鳴いてたり、なんだかそういうのがあったかくてすごくよかった。

>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.7

いい歳のとり方だなぁ。
家ってそんな簡単に買えるものでも変えるものでもないから、やっぱり愛着とか思い出とかがすごくて、なんていうか家に限らず、ものとかそれを取り巻く空気にはやっぱり思いがぎゅって詰まっ
>>続きを読む

アリスのままで(2014年製作の映画)

3.8

自分らしさって何なのかなとたまに考えるけど、そんなあやふやなものでも失われていくとだんだん自分でなくなっていくってすごく皮肉。
脳を使うほど病気が進行する、みたいな小説を読んだことがある気がするのだけ
>>続きを読む

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.8

アレックスに会って価値観変わりました!みたいなストーリーだと思ってたから結末が予想外すぎて…感はあるけど。
妥協することは負けか?っていう言い合いのところがなんだかすごく響いた。
ほんとにかっこいい生
>>続きを読む

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

3.1

アンハサウェイが可愛すぎて…
自転車のシーンはその前に後ろから来てたバイクにヒヤヒヤしててなんだなんでもなかったのか、って思わせたところで急にきて、思わずひゃっと声が出た。
alone とlonely
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.5

空港って心踊るよなぁってつくづく思う。
意外と会える、別に映画だからとかじゃなくて現実も走り出すだけで会いたい人に会える場所な気がします。
いろんな話が詰め込まれすぎてちょっとわかりにくかったけど、心
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

3.7

昔家庭科の授業で見た
これアカデミー賞作品だったんや、

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

3.4

共感できないところが多くて泣けなかった。
わたしには強さも落ち着きもないからかな。
なんで新しい人と恋をしようとしたの?リーも、こっそり裏切ったドンもかわいそうじゃない、いつもTシャツで涙を拭ってくれ
>>続きを読む

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

3.8

堺雅人がすごくわたしのパパに似て見えて、コートのくるみボタンの感じとか。
パパとママにも似たようなことがあって、それを思って泣きました。
宮崎あおいがあったかくてすごくよかった。
堺雅人すごくいいなぁ
>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

3.7

エズラミラーのかっこよさを目当てに観ようと思ったのだけど、そこにだけは注目していられなかった、というのがまず一番。
でもやはりエズラミラーのあの美しさはなんなのでしょう…刈られてても素敵…

赤ってこ
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.8

録音してるときに警察が来たらどうする?っていう会話の時、it'll be beautiful.っていう答えをさせることができるほど、人を夢中にさせられる音楽ってすごいなぁと。
ただ音楽のトーンとか雰囲
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.8

あぁわかる…っていう言葉に尽きる。
どうしても許しがたい母の行動とか、ユベールの母に向ける言葉の1つ1つ、あと肝心な時に鍵がないところとか、笑
切り取ったように映る芸術と、音楽だけが流れて実際に割れた
>>続きを読む

>|