YukiHachiyaさんの映画レビュー・感想・評価

YukiHachiya

YukiHachiya

映画(87)
ドラマ(0)

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

カジノシーンが目立ちますが、栄光から転落。ドラックにハマって、強盗に襲われて、落ちた彼女を救ったのは厳しかった父。
弁護士親子を自分の親子像とリンクさせてるのも良く、大事なところはしっかり人間ドラマが
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.9

エンドロールで全てを物語るエリオの表情に泣いてしまいました。

人に惹かれる瞬間って些細なものできっと誰にでもあることだと思います。
それが、いい事か悪い事か判断するのは自分自身その先に進むかどうかも
>>続きを読む

ミザリー(1990年製作の映画)

4.2

キャシー・ベイツの鬼のような形相はこびりつきます^^;
アカデミー主演女優賞も納得ですね。

人の狂気が存分に出てる映画です。アニーも過去があって、人間として歪んでいる可愛そうな人。大切にしたい気持ち
>>続きを読む

恋におちたシェイクスピア(1998年製作の映画)

4.4

グウィネス・パルトロウがかわいい!

切ないストーリーだけど、台詞回しや喜劇が混じるところはシェイクスピアらしさがでてる気がします。

アメリカン・ハッスル(2013年製作の映画)

3.7

ストーリーもラスト間近に一気に騙してくあたり面白く、なんといっても俳優陣の魅力がいい!

ジェニファー・ローレンスのおばさんっぷりがすごい!

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

5.0

今も昔も1番好きな映画です。
ホロコーストをテーマにした映画はいくつか見ていますが、この作品は自然と温かく涙が溢れてくる素晴らしい映画です。
愛が溢れれば、人は自然と笑顔になると教えてくれるような。
>>続きを読む

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

3.6

人生を見つめ直し新たなスタートを切ることがこの1600キロの到達点なのかなと感じました。

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.5

ロザムンド・パイクの演技にゾクゾクしました。怖い…でも素晴らしい。

夫婦ではまずみてはいけない映画笑

サンドラの週末(2014年製作の映画)

4.0

1人の復職でボーナスがなくなる。
究極の選択だと思う。サンドラも罪悪感あるだろうし、選択する側もなんとも言えない気持ちだと思う。

友人だと思ってた人に門前払いしたり、脅されてボーナスを選択し申し訳な
>>続きを読む

ブギーナイツ(1997年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ポルノの世界も栄光と衰退があって、それぞれのキャラが堕ちていく過程は、前半のキラキラした時代があっただけにグッとくるものがありました。

ラストは、居場所=家族に落ち着いてよかった。

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年製作の映画)

4.0

ラッパー映画だけではなく、人種問題、エイズ、警察官の暴力など当時のアメリカが強く描写されていたと思います。

ラッパー映画なんて8mile以外観たことなかったけど、これも素晴らしい。

グローリー/明日への行進(2014年製作の映画)

4.5

学生時代に英語の題材にあったキング牧師。
投票権の獲得の裏にこんな悲惨なことがあったとは知らなかった。

ものすごく心が締め付けられるようでした。州軍隊の無慈悲な殺戮。怒りを覚え、その後涙が出てきまし
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

何かがおかしい。言葉の変化、態度の変化、主人公と同じ目線で観れた気がする。
信じていた彼女すらもだんだん疑わしくなってくる。この過程がとても良かったです。

アカデミー賞ノミネートされて、近年では異色
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.7

とにかくThis Is Meが最高!
歌詞が素晴らしいし、涙が込み上げてくる!

JOY(2015年製作の映画)

3.9

強い女性。

ジェニファーローレンスの演技は静かなようで、うちからものすごく強いものがくるような感じがします。またさらに彼女が好きになりました。

何気にプレイブックのお二人とデニーロ。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

ゲイリーの演技に脱帽!
頭に血がのぼるような演技もあれば、ユーモアのある演技もあってゲイリーらしさが所々ありました。

ラストの演説シーンは震えました!

>|