あやねさんの映画レビュー・感想・評価

あやね

あやね

映画(150)
ドラマ(0)

愛は痛みをともなうもの(2014年製作の映画)

3.2

冒頭がよかった。途中の停滞感が否めないけど予想外のラストは最高。

パンダ・インフルエンザ(2014年製作の映画)

3.4

ほんの8分の映画だけど笑えるしなんかハッピーになれる

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.8

3作目でも飽きない
音楽と映像に磨きがかかってた
メイン的な刺客が弱かったのがちょっと…

海がきこえる(1993年製作の映画)

3.8

大学生ってほんとうはもっと大人な気がしてたんだけどなぁ

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.7

こんな2人になりたい

子供の頃に深夜テレビで観た時はよくわからなかったのに今回は泣けた

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

いやはや全く分からないな
???のまま終わってしまった
だけど不思議と嫌な感じはしない

人生には分岐点が散りばめられていて
どれを選んでも正解だし自分の人生
そう言いたいのはわかった

《考察》
>>続きを読む

ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界(2014年製作の映画)

3.5

登場人物がたくさんいて、みんなそれぞれ色んなキャラクターで色んな感情とか境遇の人たち
人は何かしら不満や孤独な気持ちを抱えてて、知らないうちにそれを他人にぶつけて傷つけて、それでも許し合って生きていく
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.5

他人にありもしない希望を与えるのが人間の最大の罪って言ったの誰だっけ?
日本の映画ってずるいよなぁって思った

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.9

道徳の時間とかに見て欲しい作品
人は必ず何かを抱えてるけど、支え合って生きていこうみたいなテーマがよくわかる良い映画だなと

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.6

ローズが可愛い!
展開が速いから飽きない
男の方の心情が読めない

何者(2016年製作の映画)

3.2

人生の恥ずかしさを凝縮した感じ
要所要所で寒かったり笑ってしまったり
見てるのが辛かった

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

3.9

最初の30分は本当に辛くて見てられない
命の大切さを痛感した
やっぱり音楽だなって思う作品