ちえさんの映画レビュー・感想・評価

ちえ

ちえ

映画館で観る映画が大好き。
観たい映画があれば1人でも映画館に行っちゃいます。
好きなジャンルはヒューマン系、実話、サスペンス、ホラー、コメディ、ミュージカル、ドキュメンタリーなどなど幅広いです。
アクション、SF以外なら好きというところ。

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.6

全作映画館にて鑑賞してたので、今回も。
残念なのは、エグさグロさが弱めだったこと、、、
物足りず。
ストーリーとしては面白かった。
さすがにもう続編ないかな、、、
まだ見届けたい。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

前作をまたまた最近知ったばかりで、すぐ後の新作鑑賞は映画自体の進化を感じるばかり。
前作は80年代の良き味が出てて、今観ると今の時代の話なのに髪型がレトロっぽかつたり、、、
きっと今作も2049年に観
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.8

祝日鑑賞だからなのか、だいぶ映画館混雑の中の鑑賞。
意外に?人気の映画なのかも、、、
戦争と恋愛まではありがち設定。
ただここに動物たちとファンタジー、そして音楽が重なって不思議な気分で終始観た。
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.0

楽しめる映画。
たまにはこういった映画も元気が出て好き。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.2

思ったより衝撃は少なかった、、、
もっとエグくてもよかったかなぁとは思う。

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

やはり泣いてしまいました。
若干安っぽく見えるシーンもあったけど、歌も映像も好きな感じ。
ビーストがあまりにカッコ良すぎて、王子が残念に見えてしまった、、、

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

だいぶピュアな気持ちをもらえた感じがした。
自分では選べなかった環境と切ない気持ちと葛藤と、、、
重いなぁと思いながらも、あのピュアさを観ていたら、自分の心汚れてる、、、と思って反省してしまった。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.2

待ちに待ったドラン監督映画。
やはり奥が深い。
今回は風景はあまりなく人物に寄った映像が多かったけど、引き込まれた。
ただちょっと難しくてよくやり取りを見ていないとついていけなくなりそうな感じが、、、
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.8

ブラッドピッドが好き過ぎて今まで全部の映画を観て来たので、今回も欠かさず観て来た。
最後の最後で泣けた。
ストーリーは何となくありがちだけど、愛する人を信じ抜くブラッドピッドがかっこよすぎ。
マリオン
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

4.5

期待通りの大満足の映像でした。
もう終始釘付け。
ガンシーンもめちゃくちゃカッコイイ‼︎
アドレナリンが出きっちゃう感じ。
本当に心がスッキリと出来た。
7人全員愛すべきガンマン。
全員カッコイイ。
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.4

何か物足りない感じだったのは私だけだろうか、、、
短い時間に内容を詰め込み過ぎたのか、逆に内容が薄過ぎたのか、、、
お好みの感じの設定や映像だったけど、何か不完全燃焼、、、
ティムバートンだからと期待
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.7

芸術的な映像を楽しむ映画だと一見思ったら、ヒューマンドラマあり、恋愛的要素あり、サスペンス要素あり、ホラーあり、、、実は色々詰まった映画だった。
映像美や音楽もさることながら、最後で全て消されるほど持
>>続きを読む

ザ・トライブ(2014年製作の映画)

3.2

字幕なし、全て手話での映画。
内容はかなりの衝撃だけど、全て手話だから理解しようと映像から目が離せなかった。
色々な音に敏感になり、気付かされた。
かなりズシンとくる。

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

3.8

子供は大人が思っているよりも、ちゃんと見てるし知ってるんだなぁと。
子供だからってわかっていないと決めつけず関わらなきゃなぁと思った。
メイジー可愛い。

神は死んだのか(2014年製作の映画)

3.3

信じる者は救われるというけれど、これを見るとあながち嘘ではないかもしれないと思う。
ただそれが信じる者(もの)が宗教であれ、人であれ、物であれ、自分自信が何か強く想うものがあれば時に人は強くなれるのか
>>続きを読む

ラスト5イヤーズ(2014年製作の映画)

2.7

ミュージカル調なとこは良かったけれど、後味が悪くて、幸せな気分になれるのかとパッケージを見て思いきや、モヤモヤが残る映画。
ミュージカル調にするなら、ハッピーエンドだったらすごく良かったなぁ。

アリスのままで(2014年製作の映画)

3.5

色々な病気があるけれど、やっぱり忘れるということほど辛いものはないのかもしれない。と思ってしまう。
彼女のつらさや家族のつらさ、家族の支えの大切さを思い知らされる。

サイド・エフェクト(2013年製作の映画)

3.5

初めは製薬会社と医者の陰謀かと思う、現実にありそうな感じだったけど裏切られた感もあり。
何が嘘で真実かを精神病を絡めることでよりわかりにくくさせていて、面白かった。
最後まで釘付け。

プリズナーズ(2013年製作の映画)

3.5

最後までドキドキするサスペンス。
ストーリーは好きな感じ。
どんどん犯人に近づいていく感じが逆にワクワクさを感じさせた。
父の気持ちもわかるし、母の気持ちもわかる時々歯がゆい感じだった。

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

4.0

ご高齢の監督作品とは全く思えない‼︎
驚いたし、面白かった‼︎
それぞれの11分間が最後見事に繋がり、さらに本当の最後の衝撃に恐怖に似たドキドキ感で終わるという、アドレナリン出たまんま興奮状態で帰った
>>続きを読む

パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト(2014年製作の映画)

3.7

音楽映画をはしご。
フラメンコギタリストの伝記。
情熱が伝わる映画。
フラメンコ奏者とダンサーの奏でる音の融合が好きで、これもまた生で聴きたい。
彼にもう会えないのが残念。

ソング・オブ・ラホール(2015年製作の映画)

4.5

とにかくすごく良かった‼︎
素晴らしい音楽に鳥肌止まらず、曲が終わる度に思わず拍手してしまった。
タブラは元々好きだったけどオーケストラともなればますます素晴らしい。
ジャズとの融合も最高だった。
>>続きを読む

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

4.2

ローマの休日やスパルタカスの作者だったとは、、、
政治や思想がここまで映画に影響するもしくは多くの人への影響を恐れるのかと思うと、やっぱり映画は時に多くの人を動かす力のあるものなのだと実感せざるをえな
>>続きを読む

AMY エイミー(2015年製作の映画)

4.5

かなり遅ればせながら彼女を知ったのは半年前くらい。
ジャズを聴いてた流れで知って、衝撃を受けた。
そしてまだ20代だとは思えない、重い歌声に感動して。
まさかこんなタイミングで映画を観れるとは。
彼女
>>続きを読む

8月の家族たち(2013年製作の映画)

3.7

両親の死を近くに感じつつ、家族を考える。
すごく難しい問題が山積みだけど、胸に刺さるものが沢山。
今を、それぞれの立場で精一杯、後悔のない生き方をしなければ。
親孝行しよう...

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016年製作の映画)

4.3

ディズニー映画もティムバートンも好きだから、ワンダーランドに浸りまくり。
映像が好き。
何よりエンディングロールがステキだった。
絶対ハッピーエンドの世界観は本当に幸せな気分。
家族は温かいものだなぁ
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.2

何度見ても大好き。
映像がキレイ。
色が好き。
明るい気持ちになれる。

或る終焉(2015年製作の映画)

4.5

終末期をケアする看護師と患者。
彼が患者の手を常に取るシーンに人間愛を感じたのは私だけ??
終末期の患者は時に不安、孤独感を強く感じるという。
個人的には彼のケアに温かさを感じたが、それがある意味深く
>>続きを読む

マクベス(2015年製作の映画)

3.5

舞台が見たくなった。
やっぱりこの時代の映画が好き。

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

3.6

夫婦にとって何が大切か、何を持って幸せかはそれぞれだから、細かいストーリー展開についてはともかく、長く良い関係を築くためのポイントが垣間見えて、自分自身の事も振り返るきっかけに。
反省点多々...
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

3.8

ディズニー映画は安定のハッピーエンド。
元気になれるから、多少ハラハラしても安心感がある。
ハムスターの会社員の皆様がとても可愛くてニヤニヤしてしまった。
同じ動物シリーズだとジャングルブックの実写版
>>続きを読む

>|