権左衛門さんの映画レビュー・感想・評価

権左衛門

権左衛門

映画(95)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

セッション(2014年製作の映画)

3.6

音大生ニーマンが鬼指揮者フレッチャーと出会い、彼の高すぎる理想のジャズを作り上げるべき、自分の限界を超えてドラムを特訓する話
・主人公を囲む人間関係を極力カットしてあり、稽古の厳しさだけがしっかり印象
>>続きを読む

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

デートの帰り道不意に知らない男に撃たれてパートナー(サム)が死んで、女性(モリー)が残されてしまうが、サムはゴーストとなった姿でモリーを守ろうとする。霊媒師オダメイの協力を得て、同僚カールとグルを復讐>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

3.6

博士が人間を作ったが、人のような手を装着させる前に亡くなってしまったため、両手がハサミの男の話。
最初に強く思ったのはあの世界は割と性善説で、住人が誰も手がハサミであることを気持ち悪がったり差別してい
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.4

ブラックジョークが結構あって教育的な内容過ぎず面白かった

42〜世界を変えた男〜(2013年製作の映画)

4.0

授業の一環で鑑賞。
黒人差別にジャックが耐えるシーンが凄い。何度も泣きそうになった。この作品もまた観たいし、このような他の作品も観てみたい

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

2.6

確かにパリの描写はとても綺麗で住みたくなる気持ちも分かると、共感できるが本編はあまり最後まで興味を持てなかった。
というのも主人公があまりにも1920年代のパリに憧れを抱きすぎて、ついていけなかった。
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.4

視聴率をとる、視聴者を震撼させるためならメディア操作も厭わないフリーのカメラマン(とニュース番組)の話。
犯罪発生場所、被害者・加害者の人種や階級によって報道するしないがあったり、事件が深刻化するまで
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.6

DJ志望の一匹狼的な女の子が衰退しているアカペラサークル(クラブ?)に入って、自分自身とサークルが成長する話。自立していてかっこいい

あとブリタニー・スノウがめっちゃかわいい!キャスト同士もめっちゃ
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

最後のどんでん返しが凄いと謳われていたので、期待値が上がりすぎてちょっと物足りなかった。途中で2人が七つの大罪を完成させるのかと思ったのでまあまあ当たってた。ブラピにあまり感情移入出来なかったから、そ>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

2回目。映画館で観たかったなとずっと思っていたので午前十時の映画祭でやって嬉しかった。

ジャックとローズの関係は、顔だけじゃなくて本当に素敵すぎる。そりゃ惹かれるわ。やっぱり氷山にぶつかった後が本当
>>続きを読む

怪盗グルーの月泥棒 3D(2010年製作の映画)

3.3

初のミニオンシリーズ。これは他の人みたいにミニオンにはまる予感。

なんだかんだ怪盗グルーが良い人でほっこりする

アダムス・ファミリー2(1993年製作の映画)

3.8

あー面白い、本当に好きなやつだった
一家は皆不気味なものとかタブーなもの好きでやばいけど、それでも家族愛があるし、勧善懲悪(?)ストーリーだし、登場人物が決して嫌な奴ではなくて感情移入出来るから良い
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

第二次世界大戦下のイギリスを舞台にした、スパイの夫婦のサスペンスドラマ。
思っていたほど(予告から予想されるほど)、非情な話ではなかった。救いが無いわけじゃない。
2人が本当に愛していたことが分かって
>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

簡単に言えば、犯罪加害者の母が、息子が生まれてから事件を起こすまでの日々(前兆)と、事件当日の回想を混ぜこみながら、現在も苦しむ様子を描いたもの。
母親がただただ憐れ。父親があんなに息子を庇うのもちょ
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ようやく観れた
どんな結末になるのかと思いきや...「死亡」スタンプが押されているのは結構衝撃だった。イニスがいたたまれないのと同時に、ジャックは色々未練を残して死んだんだなと思うと切なかった

高評
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.5

面白い!!
エルみたいな彼女が欲しい笑
エルはカーストトップだし可愛いし、金持ちだけどツンとした嫌なタイプでは全くなくて、誰とでも仲良くなれるし真っ直ぐで素直だし情に厚いしマジで良いキャラだった
スカ
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.5

ありきたりな恋愛映画かと思っていたけど、深くて考えさせられた。
介護される側から描くのではなく介護する側の視線で話が進んでいくのも少し斬新な感じ。どちらにも感情移入する。
パトリックの嫉妬が笑える
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.5

愛すべきおじいちゃん達!!
女の子の察しが凄い
お金を得たい動機も納得いくから応援してしまう。しかも皆強盗するといってもお年寄りだからシュールだし、かわいい。良かった

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

とても胸にガツンと来た。細かい話は割と省かれているので、肝心な歌唱シーンなど本当の見せ場が効果的にインパクトを与えていると思う。どの曲もただ派手にキメてるんじゃなくて、全身全霊で歌っていてとっても気持>>続きを読む

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

3.5

結末、どっちに転がるんだろうと思いきや...ちょっと強引な気もしなくもないけど仕方ないか。大好きなアンソニーホプキンスとブラピ!最初のブラピの好青年感が良い。
ただなんで3時間もあるのか謎
最後の男3
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

4.0

まず設定が好き。正反対のところに住む2人が家を交換して生活するっていうのが斬新。登場人物が老若男女問わず皆魅力的。どこかコメディ要素があるのか、悪い出来事も深刻に落ち込んだりズドーンとした雰囲気になら>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

4.0

テンポがよく飽きずに楽しめた。パニック系かと思っていたがそうでもなかった。
弟の彼女がカッコよすぎる。本当に「結婚しろ」笑。

テッド(2012年製作の映画)

3.0

すごく下品な話かと思っていたから、ちゃんと共感できる友情とか、ジョンのロリーに対する優しさとかがきちんと描かれていて良い意味で裏切られた
やば笑、みたいな笑いが多かった。父息子が強烈

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

結末は知っていたけど十分楽しめた。ポアロのダンディーさが素敵

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

4.0

自分だけ歳を取らないっていうのは、誰かを好きになるのも怖くなるし、定住も出来ないし、好奇の目に晒されないように嘘を重ねないといけないし、何より孤独で辛いんだろうなと思った。アデライン自身がその辛さと向>>続きを読む

American Teen/アメリカン・ティーン(2008年製作の映画)

4.0

ドキュメンタリーとは知らなかったけど、本当にリアルなアメリカの高校生活が描かれていて、生々しくて良かった!

大学進学やバスケの試合のシーンで、思わず泣いてしまった
実在の人物の話っていうのがやっぱり
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

4.0

ずっと観よう観ようと思ってて観ていなかったシリーズの第1作。

ディズニーでカリブの海賊に乗ってる時のシーンがあって、ああこのシーンを再現してるのねって納得したり。
勝手に暗そうなイメージ持っていたけ
>>続きを読む

シカゴ(2002年製作の映画)

2.5

有名なミュージカル映画だから観てみたけど、自分には少し大人めな内容だなと思った。演出の仕方とかストリー展開とか。
メイン3人の、自分が目立つなら何でもいいっていう意志が強すぎて笑える

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.0

登場人物の大半が狂気に満ちている笑
精神的に疲れた時に見たら吹っ切れそう
ほかの映画ではあまり味わえない後味だった

耳をすませば(1995年製作の映画)

3.5

ジブリの中では結構好きだった。
これが自分が生まれる前の映画なんて不思議

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

あんなに騒がれていたけど初鑑賞。
思ってたより単純な話じゃなくて、現代風で面白かったけど、自分の理解力の乏しさのせいで少し「?」な部分もあった

SING/シング(2016年製作の映画)

3.5

2018年、新年一作目らしく明るいものを。屋外コンサートが印象的。あとゴリラの親子

>|