るるこふさんの映画レビュー・感想・評価

るるこふ

るるこふ

映画(775)
ドラマ(0)

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.8

アンソニーホプキンスに引き込まれた!

有名なのでもっとグロくてヤバい感じかと思ってたけど、そうでもなかった

イマジネーションゲーム(2018年製作の映画)

2.9

なんていうか、痛すぎてこわい

や、こんなことしたら人生終わらん?

これに出てくるどの女にもなりたくないな…

バットマン(1989年製作の映画)

3.5

すごく味がある感じ

ゴッサムシティがティムバートンっぽい
今はCGでめちゃくちゃカッコいい映像が多いから、逆にこういうのも悪くない

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

4.2

正直舐めてた
思ってたより良くてめっちゃ感動した

すごいなぁ、こんな青春送れるって

世界一を目指すって並々ならぬことだもんなぁ

自分も頑張らなきゃなぁと思わされました

セブン(1995年製作の映画)

4.0

なかなかいい感じに最悪な映画だった!

最後に残った罪を考えると、なるほど考えたな犯人、という気持ちになる

ロマンシング・ストーン/秘宝の谷(1984年製作の映画)

3.0

内容はそこまでだけど、なんか笑えて飽きない
頭空っぽにしてみれる感じ
ちょっと冒険したい気分の時にちょうどいい

チェーン・リアクション(1996年製作の映画)

3.0

話自体は、罪を着せられて逃げるというありがちな感じ

研究にまつわる利権やら予算やらに関して描かれているところは、実際にも多かれ少なかれこういう問題あるんだろうなぁと思った

ダニー・ザ・ドッグ(2005年製作の映画)

3.5

主人公がだんだんと人間らしさを得ていくのは温かい気持ちになった

星の王子ニューヨークへ行く(1988年製作の映画)

3.5

なんか変な人ばっか出てくるし大丈夫かなと思ったけど、だんだん面白くなってきたし、ロマンスの方もいい感じだった

サバイバー(2015年製作の映画)

3.0

よくありそうな感じのアクション映画

主人公、優秀にしても上手く行きすぎな感じもするし、クライマックスがあんまり盛り上がらなかった

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.7

予想と違う結末だった!
こういう終わり方も素敵

昔のファッションが可愛いし、風景も綺麗でよかった

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

5.0

未来を切り拓こうとする
蛇道でなかなかこんな行動に移すのは難しいけど、だからこそこういう話は感動するし勇気を貰えるし清々しい

複雑な現実の問題とこの思いを、曲作りとバンドを通して昇華させ成長していく
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

4.0

最近はAIで犯罪予知とかあるけど、犯罪予知って分野はどんな方法にしろ怖いね

もちろん犯罪が起こる前に食い止めるのは大事だけど、かといって犯罪を犯す前の人間を逮捕するのも考えものだし

ギフト(2000年製作の映画)

3.0

ホラー苦手なので、サスペンス強めのこれぐらいがちょうどいい怖さ

バンク・ジョブ(2008年製作の映画)

3.5

どんどん色んな人たちとヤバい事実が絡み合っていって見入った

これが本当にあった話を元にしてるんだから凄い

アナコンダ(1997年製作の映画)

3.0

この手の映画から学べること

野生動物こわい
人間もこわい
そもそも危ないとこには行くな

私は絶対ジャングルとか行きたくない

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.0

こういう話で泣ける人間になりたかった

多分、感動する人いっぱいいると思う

いじめというほどのものではないけど、人間関係に悩んだ時に、私の母は私が学校をサボることを容認してくれてた
自分の場合はそう
>>続きを読む

トランスポーター(2002年製作の映画)

3.2

見よう見ようと思っててなかなか見る機会がなかったけど、ついに見たぞ!

なかなか好みの感じのカーチェイスだった!
身一つのアクションもかっこいいんだけどね、やっぱり運び屋ならもっとカーチェイス見たかっ
>>続きを読む

アサシン(1993年製作の映画)

3.0

ニキータのリメイク
アクションがやっぱりハリウッドだなという感じで面白かった
憂いな感じはやっぱりニキータのほうがいいな

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

4.0

泣いた

実写の方を視聴済みだったんだけど、アニメ世代なのでアニメーションの方がより感情移入できた

ところで、学校の図書館キレイすぎて羨ましい

グラディエーター(2000年製作の映画)

3.3

闘いの迫力は凄かった
痛そうでちょっと怖い

悪役が良かった

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

ゲームっぽさが上手く出てて面白かった

軽い気持ちでみれる作品だった

ドクター・ドリトル2(2001年製作の映画)

3.2

前作より動物たちがちょっと賢くなったというか、だいふ動物メインの話になって面白かった

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.0

ずっとシリアスで、台詞がよく分からなくて、うーん…

そんなに歴史詳しくない人間からすると、取っ付きにくい映画だなという印象

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

4.0

リーマンショックのカラクリの話

金融の専門知識モリモリで難しいけど、それでもだいぶわかりやすく解説してくれてるなという印象

ドクター・ドリトル(1998年製作の映画)

3.5

笑った

もし本当に動物の声まで聞こえるようになったらうるさくてたまらなそう

リベンジ・リスト(2016年製作の映画)

3.5

復讐もの

気持ちいいほどサクサク殺してく
復讐ものにしては、スカッとしたい時にほどよく軽い気持ちで見れる感じ

それにしてもジョントラボルタがおじいちゃん役とは…

真珠の耳飾りの少女(2003年製作の映画)

3.3

すごくドキドキした

なんだろう、色気というか、独特な世界観というか、逆にエロい

暗殺教室 卒業編(2016年製作の映画)

3.0

原作未読、前作だいぶ前に見ました

殺せんせーの過去話が中心だったので、なるほどこうして殺せんせーが産まれたのねということはよくわかった

マイマイ新子と千年の魔法(2009年製作の映画)

3.5

新子ときい子が1000年前を想像して遊ぶところは、どこか赤毛のアンっぽさを感じた

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

4.0

めっちゃ笑った

だけど嘘がつけないって厳しいなぁ
とてもじゃないけど1日もたない気がする

しょうがないよね、世の中嘘だらけだ

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.3

カーアクションのシーン、派手さと面白さのバランスが良くて好き

テッド 2(2015年製作の映画)

4.0

オープニングだけでめちゃくちや楽しい気持ちになった

意外にも、人間とは何かという壮大なテーマで地味に感動した

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

よくあるハラハラもの

けっこう状況がわかりやすくて楽しめた

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

4.3

長かったけど、こりゃ面白い

原作は未読だけど有名な話なので、どんな話か知れて良かった

名作って撮られた時代が古くても気にならないもんだなぁと改めて思った

>|