大福さんの映画レビュー・感想・評価

大福

大福

わかりやすいのが好き
2014/04/01〜

映画(242)
ドラマ(0)

宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド(2018年製作の映画)

4.0

すごい。かっこいい。
むちゃくちゃかっこいい。
キュウレンジャーの仲間割れ(つらい。戦う組み合わせもつらい。)素面アクション(かっこいい。素面で必殺技しちゃう。無敵。)メレ〜〜〜〜!!!理央様〜〜〜〜
>>続きを読む

鉄ワン・アンダードッグ(2007年製作の映画)

2.0

ビーグル犬(かわいい)が超パワーを手に入れて スーパードッグになる話。
単調で少し物足りなかったかな……もっと友情とかそのへんが見たかったなあ。ビーグル犬はかわいい。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.5

フロプシー、モプシー、カトンテール、そしてピーター。マクレガーさんのお庭には行っちゃダメよ、お父さんみたいにパイにされてしまいますからね。

小さい頃に何回も読んだピーターラビットのおはなしが実写化。
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

おじさんの作った「ぼくのかんがえた さいきょうのせかい」

夢が詰まっていて、なおさら現実世界では生きれません。
週5で夢見て、現実は週2くらいがちょうどいいよね。現実も悪くはないし。っていうのがスピ
>>続きを読む

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

2.0

柴崎コウが群を抜いて美しい。浮世離れしている。
そしてこの時から既に藤原竜也は藤原竜也だった。。
な゛ん゛て゛た゛よ゛お゛お゛お゛お゛!!!!!

わいわい友だちと飲みながら観たら盛り上がったよ。

愛の渦(2013年製作の映画)

3.0

可愛い麦ちゃんが見たかった。
それだけの理由で見た。

男性より女性のほうが二面性を認めきれないところある。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.0

アトラクション。
画面がぐねぐねする。

彼もソーみたいな、トニーみたいな、男だね。自己中からのヒーロー。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.8

さて…何から書けばいいのか。
時間軸はソー:ラグナロクの直後から。
開始10分からクライマックスで、嗚咽が止まらなかった。
ストーリー展開は怒涛。150分があっという間。
ただ、この映画はストーリーよ
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

4.5

「正義」の話。
面白かった…興奮さめやらぬ…
イケメンが過ぎる。飽和してる。
安室さんのトリプルフェイスがとても良かった。
映画で先にネタバレしていく風潮いいよ…。劇場でみんながハッとなる空気楽しい。
>>続きを読む

想影(2016年製作の映画)

3.0

好きな人の苗字と 自分の名前を組み合わせてニヤニヤするの やりますよね。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.0

アクションのないスパイ映画。
主人公の行動、真意が読めず 理解できない時間が長く続くけれど 最後にようやく なるほどなあとなる。
けれどスッキリするわけではなかった…

四月は君の嘘(2016年製作の映画)

1.5

全体的に物足りない。
ただ母校が舞台だったので それだけで最後まで見続けた。

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.5

乾くるみの作品は1つのトンデモトリックから展開されることが多い。
トリックが発覚までは 至って普通の、なんてことない 可愛い前田敦子の恋愛ドラマ。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

ようやく見れた!
今年度のオスカー最有力候補(わたし調べ)

ストーリーはわかりやすい、勧善懲悪なおとぎ話かもしれない。
それでもこの映画が評価されるのは ありふれていない 少し不気味な邪道な王子様だ
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.0

理屈っぽくてナルシストで偏屈なマジシャンのコリン・ファースとキュートで可憐で胡散臭い霊能者エマ・ストーンの恋物語。

1920年代のファッションと音楽がクラシカルで良き。

見終わった後に あっウディ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

I am brave, I am bruised, I am who I'm meant to be
This is me.

この歌詞が 映画のすべて。


予想通り素晴らしくて、予想の域を越えない
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

2.0

鴨川のほとりはアベックしか座られへんねんで…

デイブレイカー(2009年製作の映画)

4.0

設定が面白いB級映画。

ヴァンパイアが増えすぎて人間が絶滅寸前の世界。人血不足のヴァンパイアは代用血液を研究中。その研究者で、人間的良心を持った主人公。
エドワードという名前とヴァンパイアルックスな
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.0

ルイとお母様が美しくて 他すべてどうでもいい。
ジャンルはなんだろう。ダークサスペンス家族愛?

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.5

待ちに待ちに待ちに待ってたキングスマン続編!
『秒でアガる』というクソダサいフレーズの通り、冒頭から飛ばしてるカーアクション。Let's go crazy!(音楽も良かった)
感想は書ききれないけども
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.0

画面から溢れる多幸感。
熊さんみたいなおじさんがおしゃれ料理を作ってる時点でもうだめだった。サンドイッチ食べたい。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

ルークが帰ってくる。

正直、旧三部作は完成された伝説だから、今更それを壊すような復活はいらないなって思ってた。

でも 映画秘宝のインタビューでマーク・ハミルが「正直、すごく怖かった。プレッシャーに
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.0

コンビニのおにぎり、編み物、お弁当、ブラジャー。。。台詞は少ないけれど 小物と演技が映える映画だった。

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー(2017年製作の映画)

4.5

レジェンドがきちんとリスペクトされているレジェンド!!!
やっぱライダーは助け合いでしょ!
無理やりにかき集めたのではなく、ちゃんと筋の通ったストーリーだった。
永夢と万丈、戦兎とパラド、「戦う理由」
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

3.0

たおちゃんが一気に好きになった
こんな演技もできるんだね。コメディとスポコン!

圭先輩は罪深い。。

逆光の頃(2017年製作の映画)

3.5

京都の街並みと高杉真宙が浮世離れしている。だからアニメーションも馴染んでいた。

「淡々と」「繊細な」そんな演技ができる役者なんです高杉真宙は!みなさまよろしくお願いします!

でも京都に住んでる今な
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.0

未知の生物が大陸を襲う。
特撮ヒーローものにはよくある展開。
でも現実にヒーローはいない、対応するのは軍隊。指示を出すのは政府。
新しい目線、観点の映画だなと思った。
ストーリー展開よりも 役者陣の演
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.0

大好きなミュージカル。
曲ぜんぶが素晴らしい…。
こんなに多くの曲が知られているミュージカルって他にない気がする。。
爆音で大きなスクリーンで鑑賞できた、良かった!
それ以上に言う事なし!

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.5

ムニョムニョが壊された!
でも数々の戦いを経て成長したソーさんはハンマーなくても戦えるぜ!
ってお話。

前2作と違う監督なせいか、まったく違う映画な印象。今回はキャラクター重視で、コメディ多め。ちょ
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.5

シャーリーズ・セロンねえさんの魅力大爆発な作品。
素晴らしい背筋と傷だらけの身体をアイスバスに沈めるオープニングからかっこよすぎ。

MI6の上司に呼び出されたロレーン。
「一体ベルリンで何があった?
>>続きを読む

宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー(2017年製作の映画)

4.0

舞台挨拶付き試写会にて。

本編でみんなが竜宮城へ行っている間の スティンガーとチャンプのお話。
あんっなに仲悪かったのに。。だんだんと仲良く?、認め合っていく姿が良い。
そして本編のチャンプ大破へと
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

陸海空 時間軸も視点も違う彼らが同じ目的を目指して戦う話。
敗戦でやむなく撤退をするのに 悲愴ではなかった。戦争映画ってだけで敬遠してる人がいたらそこは大丈夫。暗い話ではないよ!

パンフ読み込んでか
>>続きを読む

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

2.0

余命〜系のお話だけど 悲愴ではなかったことが唯一の救い。
あとは特になし。

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.0

何かが怖い、何かがおかしい
恐怖がじわじわと染み出てくる映画だった。

後ろを通る通行人たちが本当に怖い。。何もしないんだけど。。

>|