756beeさんの映画レビュー・感想・評価

756bee

756bee

転んでも起きない。

映画のウンチクは語れません。
「面白かった」「面白くなかった」
しか言えません。
観てもすぐ忘れてしまいます。

  • List view
  • Grid view

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

乗客全員、濃ゆい!
あのマスクはどこで買えるんや⁈
汽車が大自然の中を走る
CGが美しい!
デイジーさん、
フォース使わんかった!

シリーズ化するの⁈

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

2.0

なんじゃこりゃ!
劇場で観なくてよかった。
途中までは面白かったのにな。
ウソでもいいからもう少し
納得させてほしい。

火花(2017年製作の映画)

2.3

原作を読んだとき、なぜ徳永が
ここまで神谷に心酔してるのか
分からなかったけど、
それだけスゴイ天才肌なのだろう、
そういう設定なのだろうと、
ムリヤリ納得していた。
でも桐谷健太さんが演じる神谷は
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

天才子役現る。
マッケンナ・グレイスさん自身が
ギフテッドですやん。

数式の細工に気づかなかった
あの人は凡人、授けられなかった人。
その夢を娘や孫に託す気持ちも
分かるけど、
行きすぎるとただのエ
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

ほぼ全キャラがつり目の
ストップモーションアニメ。
とにかくスゲー良かった!
見た目はアジア人っぽいけど
表情やジェスチャーは
完全にアメリカンなこととか、
久保?とかは気にせず
みんな観るべき。
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

なんかテンポ悪いなぁ
と思いながら観ていたが、
そのまま終わるはずもなく、
おい、おい、おい、という
面白い展開に。
もう1回巻き戻して観たい。

ダニエル・クレイグさん、
こっちのほうが地に近そう。
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.7

クレイアニメーションの油画版。
気が遠くなるような人月が
かかってる。
ゴッホフィルタをかけました的な
CGではない、手づくり感や温かみを
感じるのはそのせいなんだろう。
ただし出来上がったものは
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.4

S・キングを読みまくってた頃が懐かしい。

こっちにはピエロ=恐怖という
刷り込みがほぼ無いし、
ホラー映画としては欧米人ほど
楽しめてないかも知れないけど、
スタンバイミーな部分は
とても面白かった
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.9

緩急なしの猛スピードで走る
ジェットコースターに
乗り続けたような疲労と脱力感。
ジェシカ・チャスティンさんの掌の上で、
いいように転がされてもーた。
最後までダレずに緊張しまくり。
こんなひと敵に回
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.7

とにかくロクでもないヤツ
ばかり出てくる。
不快で下品で汚くて最低。
なのに目が離せない。
結末はドラマチックだけど
何も解決してないやんて思う。
これが無償の愛というやつなのか。
相当歪んでるけど。
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

予備知識なしで鑑賞。
違和感がじわじわと膨らんで
やがてとんでもない展開に…。
山奥の村カルト的な怖さ。
そんな話あるかーい!
っていうトンデモ設定も含めて
面白がることができる。
ただ、根底に流れる
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.2

[3D字幕版をIMAXで鑑賞]

あえて復習せず
思い出補正MAXのまま観たけど、
ハードルの遥か上を飛び越えて
魂をがっつり鷲掴みされた。
描かれた世界もストーリーも完璧!
サイコー!

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.0

戦わないどころか走りもしない
トム・クルーズさんの映画。

ホントに実話なのかと
思うくらいハチャメチャな話。

あんないい加減なことが
まかり通っていたのか。
もしかして今もか…。
アメリカって国は
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.0

サイコー!
なんやあの長回しは。
すごいアクション。

シャーリーズ姐さん、
凄腕ではあるけど
いうても生身の人間、
ボロ雑巾みたいになっていく。
でも強く美しい。

マカヴォイさんも、
クセがすごい
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.5

大泉洋、意外とぴったりやった。
弾、どんだけ持ってるねん!
思たけど。

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

3.6

ちょ~オモシロい!!
もっとデカイ劇場でやればいいのに。
大物女優さん、
歳とったけどGJでした!

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(2011年製作の映画)

3.2

冷やかし半分で観た
1作目の「貴一RAILWAYS」も
意外と良かったが、
今回の「友和RAILWAYS」も
グッときた。
大好物の余貴美子さんは
地味にガンバッてたし、
前作で息子に先に出演
されて
>>続きを読む

ウィンターズ・ボーン(2010年製作の映画)

3.4

なんちゅう過酷な人生を
背負った17歳や。
ずっしり重く息苦しい100分間、
逞しく美しい少女は
輝き続けとりました。

恋の罪(2011年製作の映画)

2.4

長すぎてケツが痛い。

園監督は巨乳でエロイ女優を
嫁さんにしたなぁ、
以上の感想はなし。

次回作に期待。

マネーボール(2011年製作の映画)

3.5

じんわりオモシロかった。

ブラッド・ピットさんて
オレより1つ下か。
50歳で俳優やめるとか言わんと、
ジジイになっても
カッコ良くジャンクフード
食べるとこ見せて欲しい。

ところでマネーボール理
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.0

ちょっとだけオモシローやった。
デマもホンマもネットで
ぶわ~って拡がっていくのは、
今も体験してるだけにリアル。
なんにも活躍せぇへん太っちょの
マット・デイモンさんも
たまにはエエね。

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

3.4

声出してワロタ。大爆笑。
西田敏行さんは
勝手にやるとして、
あれだけ贅沢な役者さんたちに
オモロイことさせるのは
楽しいやろな。
一部、サラリーマンNEOやったけど。

それにしても山本耕史さんは
>>続きを読む

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

3.6

タイムトラベルするワケじゃ
ないんだけど、
テロリストが列車に仕掛けた
爆破物で死んだ人の
意識の中に潜入して、
死ぬ直前8分間を
リピートしながら犯人を
突き止めるという
ミッションを科せられた男の
>>続きを読む

ゴーストライター(2010年製作の映画)

3.5

なかなかオモシロかった。
ユアン・マクレガーさんも、
ピアース・ブロスナンさんも、
ええ仕事してはります。

いちいち気の利いたふうなコトを
言わんと気が済まへんのは、
米国人じゃなくて
英国人のほう
>>続きを読む

サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-(2010年製作の映画)

3.0

オモシロいのに何回も寝てもうて、
どんな話かぜんぜん分からんように
なってもーた。

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011年製作の映画)

3.5

オモシロー。猿、ようできてるわ。
禿げ上がりに歯止めが利かない
『ハリーポッター』のマルフォイこと
トム・フェルトンさんも、
嬉々として汚れ役を演じているご様子。

おさるのシーザーはもうちょっと
>>続きを読む

エンディングノート(2011年製作の映画)

3.9

毎年検査してるのに、
ガンが見つかったらいきなりすでに
ステージ4て怖すぎる。
自分にはこんなふうに段取りつけて
死を迎える準備をすることなんて、
とてもできない。どないしょー。
どうしたらエエんや。
>>続きを読む

人生、ここにあり!(2008年製作の映画)

3.9

精神病院の元患者たちが
労働者として自立していくさまを
コミカルに描いたイタリア映画。

笑いあり涙ありのエエ話やった。
役者ひとりひとりの演技が光ってたわ。

スリーデイズ(2010年製作の映画)

3.0

無実の殺人罪で投獄された妻を
脱獄させて逃げるという無茶苦茶な話。

ラッセル・クロウさん、
諸々のクロウをものともせず頑張ってました。
終盤の逃走劇はドキドキした。

でも、奥さん役が
エリザベス・
>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

3.8

久しぶりに血が沸いた。
メッチャおもしろーい!

ウォンビンさん、すげー!
片目が隠れる髪型がウザイけど、
ウォンビンさん、ちょーカッコいい!
強い、強すぎるで!
鍛え上げられた細マッチョを
これ見よ
>>続きを読む

ラビット・ホラー3D(2011年製作の映画)

2.0

満島ひかりさん、香川照之さん、
大森南朋さん。この3人なら
なんとかなるんじゃないかと思ったが
実にツマラン映画で残念だった。
いま時そんな使い方
するヤツおらんやろ!
っていう飛び出す3Dがあって、
>>続きを読む

世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011年製作の映画)

3.1

想像してたよりずっと面白かった。
アーロン・エッカートさん、
ちょーカッコいい。
流行りのエイリアン侵略ものだけど、
巨大な未知の化け物じゃなくて
二足歩行のプレデターみたいな
歩兵との白兵戦がメイン
>>続きを読む

未来を生きる君たちへ(2010年製作の映画)

3.6

復讐の連鎖みたいな話かと思ってたら
少し違ってたけど、いい映画やった。

それにしてもこの映画の予告編は
ネタバレしすぎやろ!

ハンナ(2011年製作の映画)

2.8

おおむね面白かった。
ケイト・ブランシェットさんは
冷徹な女性がハマりますね。

アレとアレがリンクするところで
ニヤリ(ゾクリ)とした。

遺伝子操作とか荒唐無稽なこと言わんでも
成立できたんちゃう
>>続きを読む

あぜ道のダンディ(2010年製作の映画)

3.2

もうちょっとマシかと思ってたけど、
しゃーないか。
息子じゃないけど、
親も子も自分と同じくらいの年齢設定なので
思うところもイロイロあり、
クスッとさせてもらえたし、ヨシとしよう。

2Dでも3Dで
>>続きを読む

>|