datemasamuneさんの映画レビュー・感想・評価

datemasamune

datemasamune

映画(996)
ドラマ(9)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

GOAL! ゴール!(2005年製作の映画)

3.6

チャンスのたびに上手くいかず、とても歯がゆかった。それでもまたチャンスが巡ってくるのは出来過ぎだね。ベッカム、ジダン、ジェラードなど、懐かしい選手が出てびっくり!

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

3.5

男の子の話は定番だけど、だからこそ沢山泣いたよ。
少佐、ヴァイオレットを泣かすなよ

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

3.0

最初は意味不明だったし、時代も色々で、最後にやっとわかったよ。厚木にあるレストラン栗の里が出てびっくり

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.0

最後はまさかの展開で、争いも終わらすとは。人種差別、アメリカの治安の悪さが印象的

ファイナル・プラン(2020年製作の映画)

3.7

リーアム・ニーソンはやっぱり強くていい味出してるね。こんなFBI は嫌だー

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

想像以上に良かった。実話だとしたら、このおじいちゃん、家族の絆を理解するのが遅すぎ!娘の結婚式行かないのは駄目でしょ。孫が何故懐いたかが不思議なくらいだよ

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.5

相変わらず強いトム。本当に有りそうな武器とか軍隊のコンサルの汚職。色んな陰謀に巻き込まれて、娘かもしれない少女を助けながら絆を築く映画

あなたの番です 劇場版(2021年製作の映画)

3.0

ドラマを観てないからか、映画だけでは話がよくわからなすぎ。何故竹中直人はころされた?
田中圭が一生懸命で叫んでるけど、この人に叫びシーンはシリアスな時は合わないかな。声が高いからね。
あと原田知世と田
>>続きを読む

スパルタ教育 くたばれ親父(1970年製作の映画)

3.0

スパルタって程でもないかな。なんか審判をディスっている気がして、審判の方は観てて大丈夫って感じがした。昔の日本を知れる映画かな

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

4.3

最初は設定が良くわからず、過去や未来が入り混じっていて、中々理解できなかったが、やっと分かったときには感動だったな。石原さとみはめちゃくちゃな母親だったが、しっかり義理の娘を育てようとするところに理由>>続きを読む

東京流れ者(1966年製作の映画)

3.0

昔なら面白かったのかもしれないが、現代の人が見たら良くわからない部分が多すぎて、渡哲也の格好良さをアピールしている映画という印象以外はイマイチ。CG なしでの舞台は迫力あり。一度崩したら撮り直しできな>>続きを読む

デイ・アフター・トゥモロー2021(2020年製作の映画)

2.5

このシリーズは恐らく最初以外大してインパクトもなく、何故続くのかな。不思議だな。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.5

映像が凄いし、発想が凄いね。ジオストームっていうのがいつか起こるのかなと考えさせられたよ。

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.5

酷い母親が気になるが、犬の健気な演技などにとても感動!

完全なる報復(2009年製作の映画)

4.0

法律の矛盾に報復するために完璧に計算されて犯罪を犯す犯人との戦い。とてもハラハラで面白いが、トンネルは気付かないと駄目でしょー

ウルフ(1994年製作の映画)

3.1

ミッシェルがこんなおじさん好きになるのがあり得ない。とても綺麗な人でした。

戦国自衛隊(1979年製作の映画)

2.8

話がぶっ飛んでいて、今の時代で観るとイマイチ。
本当にタイムスリップしたら自衛隊の意識をなくして、ただの殺戮者になってもおかしくないね。

パッション(2012年製作の映画)

3.3

こんな怖くてレズな上司は嫌だ!でも殺すのはアホらしいので、それなら辞めよう!

キリングゲーム(2013年製作の映画)

3.0

報復のためにアメリカに来て、かつての恨みを果たす話。中々壮絶な戦いだったな。

サイダーのように言葉が湧き上がる(2020年製作の映画)

3.5

思い出のレコードを背景で内気で人前で喋れない男の子や出っ歯を気にしてマスクをして隠している女の子が殻を破って行く話。凄いポップな色使いだな。スプレー落書きは真似する人が出たら心配だなとは思ったけど、楽>>続きを読む

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない(2019年製作の映画)

3.0

元々の話を知らないため、最初から良くわからなかったが、普通に楽しめるかな。個人的に絵のタッチが少女少女してるのであまり好きではないけどね。

ゴーストバスターズ2(1989年製作の映画)

3.6

今度は自由の女神?スライムべっとりなど、観ていて大変だなー。

ノートルダムの鐘(1996年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

脇役とヒロインがハッピーエンドになり、主役がヒロインとくっつかない映画は初めてかも。

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.0

耳の聞こえない家族の中で唯一不自由なく喋れる女の子が声楽学科を受ける話。手話と歌が織りなす感動的な話だね。少し下ネタ含むけど

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.2

普通に面白かった。テレビの吹き替え版だったので、堺雅人の声だったが、ユアン・マクレガーに余り合わない気がする。堺雅人は声優ではなく、俳優だな。

星屑の町(2020年製作の映画)

3.0

最後がよくわからない終わり方でモヤモヤだったけど、曲は結構好きだな

ポテチ(2012年製作の映画)

3.3

不思議な映画だな。ポテチのタイトルは何故これになった?
色々絡み合って最後の演出という所は良かった!

フェイク(1997年製作の映画)

3.0

潜入捜査も長くいると相手に情が移るよね。最後の結末が良くわからなかったなー。あと家族が不憫だったや。
普通マフィアに潜入中は家族に危害が及ぶかもしれないから合わないんじゃないかな。

キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争(2010年製作の映画)

3.0

犬と猫が可愛かったし、良く演技を出来てたね。一部は本当の演技だと信じたい。

グリンチ(2018年製作の映画)

3.3

グリンチが何をしたい映画なのか最初はよくわからなかった。でも最後は感動的な内容で楽しめた

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.6

裏切り者を制裁する映画。CIAに対してもめちゃくちゃ強いよね。

マディのおしごと 恋の手ほどき始めます(2023年製作の映画)

3.5

子供の前では過激なワードもあり観れないけど、思ったより良い映画。
こんな発想の親は理解できないが、過保護の象徴なのかな?

怪物(2023年製作の映画)

3.8

いろんな立場から同じシーンを振り返るバンテージポイントのような映画。二人の友情とクラスでのイジメに対する接し方など、日本人なら凄く共感できる映画。でも瑛太のあの保護者面談の時の態度は理解できなかったな>>続きを読む

>|